台風にさぼてん

https://instagram.com/p/2a0VDomMX1/

台風のせいか、午後から強い雨が降っている。
少し残業して帰宅したところ、ベランダに小さなさぼてんの鉢が置かれていた。もちろんびしょ濡れだった。

Facebookのメッセージによると、それは近所に住む知人からのもの。
特に誕生日などではない。理由は以下の通り。

  1. アパートのベランダからすぐ近くに電線が通っている。
  2. 電磁波怖い。キーンと耳鳴りがするし、ご飯だって上手く炊けない。
  3. さぼてんが電磁波を吸収する、と美容院で聞いた。さっそく購入。
  4. (4ヶ月経過)
  5. 最近、さぼてんの色が変わってきた。これは「電磁波が溜まったから」だろう。
  6. いらない。
  7. katoさんにプレゼントしよう。
  8. 断捨離完了!

こういう理由の贈り物は、たぶん人生で最初だと思う。最後であって欲しい、とも思う。断捨離の終着点としての我が家。

「その電磁波の塊であるさぼてんを友人に贈ることに関してコメントしてください」と聞いてみたところ「だってkatoさんはそういうの信じてないじゃないですか」と返答があった。
よくわからないのだが、電磁波というのは(特にさぼてんが吸収・蓄積するタイプのそれは)信じる信じないで影響が違ってくるのだろうか。「人間原理」みたいなものか。

まあ、色が変わった、というのは暖かくなって本来の色合いになったように見えるし、確かに有害な電磁波(さぼてんが吸収・蓄積するタイプのもの)は信じていないし、部屋に手のかからない多肉植物が欲しかったから、これは有りがたくいただいておく。

 

この人、大抵の「健康ネタ」を信じてしまう。
デトックスからEMまで幅広く信じていて、なかなか忙しそう。
ガンダム宇宙世紀だってマーベル・コミック・ワールドだって、色々と統合しすぎた世界は大変な事になっているのに、この人の世界観では水素水と陰陽思想とクリスチャン・ラッセンが無理なく共存している(もちろん電磁波さぼてんも)。嫌味ではなくて、なかなか大したものだと思う。
アムウェイとか、その方面にはまらないのは、所得が少なく、そしてなにより「薄く広く健康になりたいから」とのこと。なんとなく「浅薄な美容・健康嗜好の若い女性を誇張して演じている」ようにも見えるが、でもそれも個々人の自由だろう。
まあ、頑張って欲しいと思っています。皮肉ではなく。

ところでこのさぼてん、鉢の砂利の上に、ペルーかヒマラヤかどこかの岩塩が添えてある。たまご型に削った薄ピンクの岩塩。たぶん電磁波に効くのだろう。
しかし今日の雨で、この岩塩もしっかり溶けたはずだ。さぼてんにとっては害は無いのだろうか。
心配になったので、今は洗面所で、水をじゃばじゃばとかけている。土に染み込んだ塩分を洗い流すつもり。これが(さぼてん的に)吉と出るか凶と出るかは、わからない。

 

 

約束された場所で―underground 2 (文春文庫)

約束された場所で―underground 2 (文春文庫)