蒸した豆

https://instagram.com/p/2a0VDomMX1/

夕食を食べそこねた。仕事が忙しくて、そのまま夜になってしまったのだ。最近は、20時を過ぎたら夕食はとらないことにしている。

野菜ジュースと牛乳とビタミン剤で誤魔化したが(流動食!)今になって空腹感がやってきた。そして今日は、ちょっとだけ夜更かしをする。

そうだあれを食べよう、と冷蔵庫から「蒸し豆」を取り出した。
スーパーマーケットで購入した、大豆とえんどう豆とひよこ豆と赤インゲンと黒大豆を蒸して真空パックしたもの。本来はサラダ等に使う。最近は種類も増えてきた。

これがなかなか美味しい。薄味といえばその通り、しかしこの淡い味が良い。
油も香辛料も使っていないからか、例えばお菓子を食べた時のような“口に残る感じ”が全くない。このさっぱりした滋味が夜向きだと思っている。
そのまま皿に出して、箸でつまみながらもぐもぐと食べている。読書中は無理だが、パソコン操作の合間にも楽しめる。ただし行儀は悪い。手で摘んでもかまわない、と思う(箸を出したから使っているだけ)。

わりと日持ちするし、安い。個人的には、ただ小豆を蒸しただけのものがお気に入り。
自分用には無味で全然かまわない。なにしろ空腹を紛らわすのが主目的だから、味は二の次。
友人知人へ作る際には、ごま油と塩と、ごく少量の一味唐辛子で和える。こうなるとサラダを作るのと手間はそれほど変わらない。塩とピーナツ油と花椒も美味しかった。ただの“乾き物”よりは気が効いている気がするし、たくさん食べたくない時こそ、小さな粒が有効なのだ。

この蒸し豆は、キャンプの際にもよく使う。使いきりサイズで適度に柔らかく、どこでも調達でき、副菜にもなるしスープ等に加えてもいい。もちろん今回のように、そのまま食べることもできる。ゴミが出るのが難だが、僕は登山にも持っていく。

今回の「蒸しサラダ豆」は、1袋で130kcal。スナックとしては低いが、夜中に摂取するにはちょっと考えてしまう。だから半分だけ食べる。「全てが身体に備蓄されても40g程度!」と考えると、夜のおやつも少しだけ心理的負担が軽くなる。
それを言うと、チョコレートなんて1欠片が数グラム、生クリームなんて水分と空気ばかりの物体なので、つまり蓄積というのはとても怖いのだけれど、夜は怖いことを考えないほうがいいと保育園で習ったから、そういう理屈は考えない。

 

マルサン ふっくら蒸しサラダ大豆 80g×10個

マルサン ふっくら蒸しサラダ大豆 80g×10個