紙の3倍

【Amazon.co.jp限定】 Transcend USBメモリ 32GB USB 3.0 キャップ式 ブラック (無期限保証) TS32GJF700E (FFP)


A3サイズの印刷物をスキャンする必要があり、しばし考えたのちにコンビニのコピー機を頼ることにした。
もう10年以上使っていないが、確か最近のコピー機にはUSBフラッシュメモリを接続できるはず。例えばフラッシュメモリやSDカードに入っている画像を印刷できると、雑誌か何かで見た覚えがある。
A3のスキャンもできる(これは昔から変わらない)。
だから上手くいけば、A3サイズの印刷物をスキャナーで読み取り、USBフラッシュメモリに保存できるだろう。そう考えたのだ。

 

結果から書くと、この目論見は上手くいった。
タッチパネルに「USBストレージへ保存する」というメニューが存在していた。それほどメジャーな、あるいは強くアピールしたい機能では無いらしく、ごく控えめに、そのボタンは配されていた。
連続スキャンには対応していないものの、読み取りは早く、ずいぶん簡単にデジタルデータを得ることができた。

というわけで、家のプリンタについているスキャナで分割して読み取って結合するか、デジタルカメラスマートフォンに頼るか、とにかく面倒な手間をかける必要が無くなったから、これはまさしくコンビニエンスなサービスだと思う。

ただし価格には納得できない。
どうして紙に印刷すると10円なのに、USBフラッシュメモリに保存する場合は30円なのだろう。電力以外の何かを消耗するのだろうか。
なんとなく「ではスキャンのついでに素敵なスイーツでも買おうか」という気分がしぼんでしまった。無難な買い物(野菜ジュース,SOYJOY,桜餅(道明寺タイプ),ボールペン)だけを購入し、店を後にする。

今思うと、コピー機の分は合計で200円も差が無いのだから、コンビニ・スイーツを買わない理由にはならない。コンビニエンスストア自体、それほど利用しないのだから、こういう機会にこそ世界を広げなければ、世間が狭くなってしまう。

というわけで、今はちょっと反省している。目新しいスイーツを買って後悔することになっても(過去、8割くらいは後悔していると思う)それはそれでかまわない。たかがコピー機の使用料金程度で買い物が無難になるのは、あまりにもつまらない。つまらない大人になってずいぶん経つが、今日の自分は、人生で最もつまらない大人の最前線に立っていたと思う。

 

 

 個人的には、SOYJOYは「サンザシ」味が美味しいと思う。時点は「プルーン Fe+」、「レーズンアーモンド」や「オレンジ 葉酸+」も悪くない。もう少し個性的な味があってもいいんじゃないか、と思っていたところ、知り合いから「フルーティートマト味にグレープシードオイルを垂らすと美味である」との情報が。そこまでする人は珍しいのではないだろうか。「カカオオレンジ」にクローブを振りかけると美味しい予感がするから、それは今後の課題としたい。