胡瓜・木耳・刀削麺

通院その他の雑事を済ませて、昼食は刀削麺の「添香居」に。
今日は「胡瓜とキクラゲ刀削麺」を食べてみた。

 

https://instagram.com/p/0MasskGMYi/

薄切りの豚肉と、たくさんのキクラゲ、キュウリ、そして溶き卵。それらが白いスープ(白湯)に麺とともに入っている。やわらかな食感の刀削麺ということもあって、全体的に優しい味わい。

火を通したキュウリが苦手、あるいは濃くて脂っぽくて塩辛いラーメンを求めている人を除けば、万人向けの美味しさだと思う。僕は気に入った。

 

午後は少し体調を崩した。
微熱(37.3℃)があり、肩こりが酷い。ほんのりと頭痛もする。
朝、友人の家に届け物をした際に、その家の家族全員が「胃腸風邪」だった。
僕は幸い、胃腸は悪くなさそう(そもそも風邪で胃腸を悪くした経験が無いから、よくわからない)。伝染ったわけではないと思う。
おそらくは、ただの疲労。昨日は夜更かしをしたし、今週はずっと忙しかった。身体的にも、精神的にもばたばたした一週間だったのだ。

でも一応、大事をとって家でおとなしくして過ごした。
部屋に篭って、溜まった本を読み、冬物の服を片付け、月末の旅行の準備をする。やることはいっぱいある。

天冥の標 2 救世群 (ハヤカワ文庫JA)

それに行きつけの店に行くことで、万が一の感染拡大となったら困る。今、「天冥の標」を読み返しているところで、感染症の拡大には敏感になっている。そういえば「天冥の標」の作中では、まさに昨日か一昨日から「冥王班」が広まるのだった。

 

だから今日は、行くべき店や会いたかった人達には、会えずじまい。ホワイトデーということで、一種の不義理をしてしまった。しかもホワイトデー用に購入した焼き菓子を食べるという、あらゆる方面から見て褒められたことではない行為に及んでしまったことには、今は後悔しかない。でも美味しいジャムサンドクッキーだった。
クッキーは買い直せばいいし、バレンタインデーのお返しが遅れたからといって怒る友人知人もいない(たぶんいない)。だからまあ、これくらいは許されるだろう。
なにしろ微熱があるのだから仕方がない。

それにしても眠い。
毎日飲んでいる肩こりの薬、特に効いた感じはしないのだけれど、休日に飲むと、ものすごく眠くなってしまう。部屋にいる時は、タイマーをセットして、30分くらい寝てしまう。
仕事のある日には、そういう眠気は無い。もしかしたら、知らぬ間にパフォーマンスが低下している可能性があるけれど、でも乗り物の運転や機械の操作に(自覚的な)悪影響は無いと思う。
しかし怖いことは確かだから、次の診察の時には、薬を変えてもらう。怖さもそうだが、飲み続けて効かないのは困っている。

そんな土曜日。
今だって眠い。だから寝る。
寝ながら読む本はこれ。 

べにや長谷川商店の豆図鑑

 

なんだってこんな本を買ったのだろう、と我ながら不思議に思うが(疲労困憊の帰宅時に書店によると、稀に“理由のわからない買い物”をするのだ)、でも良い本だった。
コンパクトで、文章と簡単なレシピが載っていて、どのページからでも楽しめる。
僕はこういう、フルカラーの小さな図鑑的な本が大好きなのだ。では明日から手芒豆や琉球大角豆を取り寄せて豆料理を愉しむかというと、そういうわけではない。ただ読むだけ。

べにや長谷川商店の豆図鑑

べにや長谷川商店の豆図鑑

 

 では寝る。体温は平熱となった。明日はがんばる。