タブの御片付け

たぶん悪癖に類するものだと思うが、僕はブラウザのタブを大量に開き、放置し過ぎる。
Google Chromeは軽快なWebブラウザで、パソコンの性能も昔よりは良くなっている。それにしても20〜60もタブを並べていると、何かしら不具合が発生する。この21世紀に、「アプリケーションの動作が重い」なんて経験を、Webブラウザで体験できるなんて思いもしなかった。
どういうわけか、僕のChrome(for OSX)は、再起動するたびにいくつかのタブを忘れてしまう。閉じてほしくない「固定したタブ」から率先して消してしまうあたり、なかなか性格が悪いと思う。

仕事のある日の夜には、気になるサイトを開くだけ。RSSリーダーやニュースサイトやTwitterなどで知ったWebサイトと記事を「新しいタブで開く」をクリックして並べていく。読む時間は無い。
これも悪い癖なのだが、Wikipediaなどの百科事典的なサイトもよく開いて、そのまま放置する。

暇な日には順次目を通すけれど、もちろん全部は読める訳はなく、ブラウザの上部にはタブがずらりと並んでしまう。休日に数時間かけて、このタブをひたすら減らしていく。

 

先日より「One Tab」という拡張機能を使い始めた。
これはなかなか便利な機能で、クリックするだけでタブをひとつにまとめてくれる。まとまった「One Tab」のタブには、ずらりとリンクが並ぶ。Chrome的にはタブの数が減るので、動作は軽くなる。トラブルも減るし、見た目もすっきりする。

それで週末に、このリストから改めて読みたい記事や気になるサイトをチェックすることになる。なにしろ数日の間が開いているので、興味が薄れているものが大半である。
サイトを開けば、きっと何かしらの意味ある情報が得られるのであろうが、でもまあそんな時間は無いわけで、こうして人力によるキュレーション作業の負荷が軽減できただけでも、「One Tab」は有り難い。他にもタブを管理するソフトや拡張機能は多々あるが、今のところこれがいちばん。

それにしても、これは消耗戦というか、大いなる無駄な気がしてならない。
とりあえず「気になる情報は全て目を通したい」という欲求を抑えなければ、読めないストレスで疲れてしまいそうだ。それでなくても、紙の本や新聞に向き合う時間が足りないのだ。

 

今日のおやつは、cafe Bikiniの「ショコラテリーヌ」。
写真は撮っていない。最後の1個を、幸運にも購入できた。
ねっとりとしたチョコレートとワインのスイーツ。どうやって作るのかはわからない。
見た目はチョコレート色の滑らかな塊。贅沢感という尺度でいえば、例えばキルフェボンのタルトよりも断然、Bikiniの「ショコラテリーヌ」だと思う。

 

http://instagram.com/p/yQ4gQEmMTZ/

それとは全く関係なく、昼過ぎに「つきさむ」にて、コーヒーを飲んだ。

最近は忙しいのか、開店から14時まではランチと飲み物だけ、それ以降はケーキや軽食を扱うスタイルになっている。僕は「早めのおやつ」が好きなので、14時直前に到着して、コーヒーだけではちょっと寂しい。
それでも丁寧に淹れられたコーヒーは美味しいし、この店の雰囲気は好きだ。今後は時計をきちんと見てから店を訪れようと思う。

 

 

 

 この「ポケットに静岡百景」って何だろう。
「静岡百景」は素敵な本だった。文庫版、ということだろうか。

ポケットに静岡百景

ポケットに静岡百景

 
静岡百景

静岡百景