人生初の寝正月

あけましておめでとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

 

 

今日は元旦。たぶん人生初の寝正月となった。
家からは100mも離れていない。ほぼ室内で過ごしている。

例年通りならば、元旦から開けている友人の店に行き、あるいは誰かと会ってと、それなりに正月らしい事をするし、今日もそのつもりだった。

つもり、だったのだが、ちょっと体調が悪いというか、なんだか疲れていて、昨日から寝てばかりいる。肩と目が異様に疲労し、集中力が続かず、そしてほんの少しだけ風邪っぽい。

 

だから今日は、可能な限り、大人しくしていた。
積んである小説を読破し(天冥の標、面白かった!)、睡眠をとり、年賀状を書いた。

http://instagram.com/p/xTlAGbGMdr/

今年の年賀状は(ここ数年では最も)手が込んでいる。
パソコンで描いて印刷するだけなのに、手描き並みの手間と時間をかけるのは毎年の事。でも今年はちょっとやり過ぎた。本来ならば、12月の初旬から中盤に試みるべき作業だろう。ここまで手をかけたのに、出来上がりからはその試行錯誤がほとんど伝わらないところは、喜劇的ですらある。

 

制作物といえば、2014年から2015年に切り替わる頃に、ふと思い立ってカレンダーを自作した。
部屋に吊り下げるカレンダーは、ずっと「ku:nel」の付録を使ってきた。
控えめで、必要最低限で、小さくて、お気に入りだった。今はku:nelを買っていないから、代替を探さねばならない。
書店や文具店でも色々と見たのだけれど、思った通りの品が全然無かった。無印良品にすら、ぴったりのものは無い。

  • 月曜日始まり
  • 六曜無し
  • 祝日は日本語
  • 土曜日は青、日曜休日は赤
  • 先月と来月のミニカレンダー
  • シンプルなデザイン
  • 写真やイラストは不要
  • A5〜ハガキサイズ

まあいいや、作ってしまおう、とは考えつつ、結局ずっと放置していた。
そして昨日の夜、寝る前にえいっとIllustratorを起動し、ちゃちゃっと10分で制作した。
もちろんAdobe Illustratorには「カレンダー制作アシスタント」みたいな機能は無いから、日付データだけを親切なサイトから貰ってきて(条件を入れるとpdf等でカレンダーを出力してくれるサイトがあった)、自分はフォントとレイアウトと色合いを調整したのみ。
さすがに手作りなだけあって、自分の求める条件は全て整っている。朝になって見直してみても、特に気になるところは無い。気に入らなければ作りなおせばいい、という気楽さもある。
やってみてわかったのだが、除夜の鐘を聞きながらカレンダーを作るのは、楽しいとはいえないけれど不思議な趣がある。プリンターから排出された紙を束ねて、ピンで壁に留めるだけで、1つの達成感と、年が変わった実感があった。
父が働いていた時は、よく年末に手帳の書き写しをしていたが、あれも年中行事で、区切りと更新のための儀式だったのかもしれない。

来年から、カレンダー作りも年末の個人的恒例行事になりそう。

 

さて、今日はもう寝る。
明日こそは、賑わう街を歩きたい。そのために、今日は早めに寝て、英気を養う。
明日は小学校の同窓会。何を着ていくか、何時に何処に行けばいいか、そういう色々は、明日の朝に考える。そういえば同窓生の名前が全く思い出せない。それもまた、明日になんとかする(予習として卒業アルバムは見ておくべきだろうか)。