年賀切手とモンブランタルト

たぶん疲れが残っているからだろう、怠惰なのに気ばかり焦って、どうにも効率が悪い休日の2日目。
確かに疲れている。土曜日は身体を使っていないが、日曜日になっても肩がこっているし、足もだるい。そういう状態で、「休日に片付けておきたいリスト」をこなしていくと、無駄な行動ばかり増える。
まず、朝は起床が遅い。それだけで自由な時間が減る。そのうえで、あれもこれもと手をつけていくので、だんだん混乱してくる。何しろ休日だから、やるべき事といっても辛くて難しい事では無いのだけれど、それが書店での新刊探しであっても、妙に時間がかかるし、集中できない。楽しくない、という訳では全くないのだが、でも“有意義”とは程遠く感じてしまう。
いくつかの店で、必要な買い物もした。これもまた、時間がかかった。おまけにレジでは小銭を落とした。帰宅して買い物袋の中身を並べていると、そもそも本当に必要な買い物だったのか、疑わしくなってくる。
たぶん、天気が悪いのも良くないのだろう。気温は低いし、雨は降っている。外出を諦めるほどの大雨ではなく、短時間ならば傘も要らないくらいの雨。いつものように自転車に乗れない事も、もちろん面白くない。

そんな感じで、今もちょっと神経質になっている。部屋だって、少し散らかっている。
しかしたぶん、この混沌は、今がピークなのだとは思う。あと少し頑張れば、様々な散らかったものが片付き、ToDoリストにはチェックが入り、「やるべき事は(ほぼ)済ませた。今日は早く寝よう!」という気分になるだろう。それくらいの見通しは、冷静に考えればできる。でもやはり、焦るものは焦るのだ。なにしろ日曜日の夕方なのだから、仕方が無いのかもしれないけれど。要は、焦ってブログを書いている暇があるのなら、年末調整の用紙を片付けるべきなのだ。

 

http://instagram.com/p/vKuAVpmMUa/

そんな陰鬱な休日だったが、おやつに食べたタルトは美味しかった。

今日は、マリアサンクにて「栗のモンブランタルト」を食べた。この店のタルトは、たとえ色合いが地味なものであっても、味はなんというか、リッチな感じがする。紅茶とともに楽しむと、実際以上に贅沢な体験ができる。ケーキというものは、この“贅沢感”が大切だと思う。特に、自分へのご褒美を必要としている際には、大切な要素だ。

 

ところで先ほど、郵便局で「年賀切手」を買ってきた。
個人的には、年賀はがきよりも年賀切手のほうがおすすめできる。かさばらないし、宛名面のデザインに自由度が増す。はがき用紙だって、好きなものを選べる。手作りの年賀状(といっても、絵柄はパソコンで描くのだが)を作るのならば、だんぜん年賀切手が便利だと思う。