膝が痛い

 仕事は暇だった。新しい職場に配属されてから、こんなに余裕ができたのは初めて。一日ずっと、何らかの仕事(ほぼデスクワークと会議)はしていたけれど、急いでやる作業も、長い間立ち続ける肉体労働も無かった。そして定時で帰ることができた。

 それはそうとして、実は最近、膝が痛い。
 1週間働いて、土日に身体を休ませても、足の疲れは完全にとれない。それは昨月から変わらないし、でも少しずつ体力もついてきているように感じる。先週のように、もうめちゃくちゃに働いた時は別として、「いずれ身体も慣れるかな」と、わりと楽観視している。
 でも膝は、だんだん痛むようになった。今日などは、足に負担のかかる仕事は少なかったのに、今もまだ、じんわりと嫌な感じがする。もしかすると、人生初の「膝を痛めた」という状態かもしれない。
 自転車には乗れる。歩くと痛い。座っていても、なんとなく痛い。

 とりあえず今日は長めにお風呂に入る。薬箱に入っていた湿布薬も使ってみるつもり。
 膝の故障は長期化すると聞いたことがあるから、今ちょっと臆している。心理的な負担を減らすために、少しだけチョコレートを食べようと思う。ダークチョコレートとドライフルーツ(クランベリーとブラックカラント)の組み合わせ。
 きっと膝にも良いだろう。膝は2つあるから、2かけら食べる。脳のためにも、1かけら。残念ながら、それで食べきってしまう。
 おやつ備蓄箱には他の菓子もあるが、なにしろ週の最初から全て食べる訳にはいかない。人によりけりだが、僕は基本的に、平日の仕事帰りには(できるだけ)甘いものを買わない。それを許してしまうと際限がなくなりそうだし、何より“不摂生の極み”という感じがするのだ。
特に、疲労困憊した帰り道にコンビニに癒やしを求めたりはしたくない。それは甘党美学に反する。全く個人的なこだわりだが、今のところ踏みとどまれている。

 

 

知ろうとすること。 (新潮文庫)

知ろうとすること。 (新潮文庫)