スキマ


年若き知人から「スキマスイッチめっちゃいい」と勧められたので、とりあえず借りて聞いてみた。だいたい雑食的に(古いのも新しいのも)日本のポップソングとロックを聞いているせいもあって、特に抵抗などは無くすんなり聞くことができた。素敵な人達だと思う。
知人には「めっちゃいいネ!」と返信しておいた。「いいね」を「いいネ」にしたのが昭和生まれならではの工夫である。母の知り合いが得意とするカタカナの使い方。
ちなみに「めっちゃ」は我が家においては「TVの影響で広まった、行儀の良くない若者言葉」だとされている。三重県在住時には老若男女がめっちゃめっちゃと言っていたけれど、個人的には少し使うことに抵抗がある。

こうして若者の音楽を定期的に取り入れていかないと、iPodのプレイリスト「再生回数Top50」が固定されてしまってつまらない。自動車運転中あるいはパソコン作業中のBGMだけが身近に接する音楽である僕の場合、映画のサウンドトラックばかり1ヶ月間延々と聞いてしまう時期もある。

昔はギターやベースにも触れていたのに、すっかり遠のいてしまった。年若き知人に次に会う際、いきなりスキマスイッチの「奏」をギターで弾いたら尊敬されるかもしれない。ふと思った。

奏 (かなで)

奏 (かなで)

 

 

若者といえば、最近よく「LINE」に誘われる。実に面倒なことである。
たぶん始めれば便利なのだが、今まで見知った限りではアプリのデザインや雰囲気が好みでは無いのだ。それにインターネットを介した社交の場は、mixiFacebookTumblr、それにInstagramで十分だと考えている。しかし断るにはそれなりの理由を挙げなければいけない点が難しい。

 

http://instagram.com/p/qLfg0YmMSe/

今日は少しだけ公園を散歩できた。
公園の主みたいな老人が「ほら、猫が安心して寝ている。だからしばらく雨はふらない」と言っていた。だから僕も安心して公園の池(わりと大きい)をぐるりと周ったのだが、駐車場からの最遠地点にてしっかり雨が降ってきてびしょ濡れになってしまった。

帰りにちらりと見たところ、猫は屋根の下に移動し、老人は傘を持っていた。

今は雷がすごい。雷鳴がうるさいくらい。停電が怖いので、しばらくパソコンの電源は切る。