空白の1日に油を仕込む

今日も平和だった。日記に書くような事件は無かった。
天気は晴れ、気温は15℃を超えた。昼休みに少し散歩をして、ネコを眺めた。帰宅前に書店に寄った。
今日も講習を受けているから、学んだことは幾つかあった筈だが、まるで印象に残っていない。良くも悪くも、平穏な日といえよう。

そういう日常に変化をつける意図もあって、インターネットで知った「花椒油」を作ってみた。作ってみたというか、単に材料を混ぜて熱しただけ。今日はゴマ油(白絞)と花椒を炒めて、仕上げに普通のゴマ油を加えた。
生のニンジンに使ってみた。いつものように細く切ったニンジンに少し垂らして和え、ついでにゴマも摺って混ぜる。そして塩で調味して食べる。ナムルとはちょっと違う、なかなか食べ応えがある品になった。
少しの花椒で、ニンジンサラダにして10回分は油が作れた。たぶんキャベツにも合うのではないか。あるいは挽き肉と炒めても使えそう。

花椒油の成功に気を良くして、胡椒でも同様に油を作った。こちらはサラダオイルを使用。ベトナム旅行で買い込んだ、そして持て余していた粒胡椒(グリーン)を使い、加熱は最小限に留める。
ずいぶん辛いものができてしまった。僕は好きだけれど、両親は嫌がるかもしれない。

朝食だけ、米飯の代わりに、せんキャベツを食べている。少しずつ体重が落ちてきた。はじめは手作りのノンオイル・玉ねぎドレッシングを使っていた。今は飽きて、塩とゴマ油か、ウスターソースで味付けをしている。レモン汁だけ、という日も多い。
花椒油にしろ胡椒油にしろ、この毎日のせんキャベツに使ってしまおうと考えている。

辛い油を2種類作ったからといって、日常がカラフルになるわけではないけれど、とにかくこうして日々の合間に日持ちする品を作っておくと、それだけで少しだけ食卓が豊かになる。
そして全然関係ないけれど、今から大根切り干しを煮る。これは明日のお弁当に使う。

 

わたしの保存食 四季のジャムと甘煮―コンポート・ペースト・果実酒など