シナモンシュガー・オールドファッション・ドーナッツ

 

http://instagram.com/p/kjOay_GMWe/

 

帰宅前の買い物の際に、フードコートにあるミスタードーナツの横を通った。今はイチゴ系のドーナツがたくさん並んでいる。イチゴのチョコレートも昔に比べてずいぶん美味しくなったと思うけれど、イチゴとドーナツの組み合わせには心惹かれない。
「イチゴのチョコレートでコーティングされていても嬉しくないよね」と思いながら(さりげなく横目で見つつ)歩いていたら、「シナモンファッション」という表示が目に留まった。いつのまにかシナモン味のオールドファッションが発売されていた。

というわけで買ってみた。
シナモンシュガーがまぶされたオールドファッション。素晴らしい。ドーナツにおける、ある種の到達点だといえよう。願わくば定番商品となって、末永くシナモンドーナツの供給源(田舎町では、シナモンドーナツを売る店が少ない)となってほしい。濃い目のコーヒーが引き立つ。

できる事ならば、旧タイプのオールドファッションで食べたかった。あのもそもそとした固い生地のほうが、少なくともシナモンシュガーには合うのではないか。しかしこれは単なる郷愁かもしれない。

もう1つ、「パンプキンチョコ・ドーナツ」も買った。カボチャ風味のオレンジ色のチョコレートがかけられた、チョコドーナツ。不味くはないけれど、なんとなくハロウィンの在庫処分をしている気分になる。といっても、こういうところで転用するのは地球環境の為には大切な事で、残り物の使い途としては悪くないと考える。ハロウィン云々を抜きにして味わえば、カボチャ風味とココア生地は、なかなか面白い組み合わせだと思う。

それにしても「シナモンファッション」という商品名は、どうなのだろう。僕の乏しい英語力では、そこで略して大丈夫なのかと心配になってしまう。
そしてなんとなく、謎の英語が描かれたプリントTシャツ(CINNAMON★FASHION Since1988)を想像する。

とはいえ、ミスタードーナツにおけるオールドファッション系列のバリエーションは、「〇〇ファッション」が基本だから、わかりやすいとは思うが。

 

そんな訳で、今日は「シナモンファッション」と出会えた事だけが、輝かしいトピックとして印象に残っている。他のことは記憶に無い。

ほんとうにおいしい生地でつくるドーナツレシピ77 (朝日オリジナル)