受け皿の不足について

友人から貰った多肉植物を、鉢植えに仕立てた。増えすぎたものを貰ってきて、半月ほど濡らしたティッシュの上に放置してあったもの。それでもなんとか育ってしまうのだから素晴らしい。
庭には、たくさんの鉢が転がっている。父や母が買ってきたものもあるし、花屋の知り合いが贈ってくれた寄せ植えに使われていたものもある。その中から、適当に選んで使う。
しかし何故か、いつも受け皿が見つからない。あってもサイズが合わなかったり、プラスチック製の場合は劣化している。というわけで、鉢のほうも使えるものが限定されてくる。

しかもデザインが重厚というか民芸風というか、あまり部屋には置きたくない鉢がほとんど。といっても、暖かくて日当たりが良い場所は限られるから、冬場は自室に置くしか無いのだが。シンプル-ナチュラル系のものは、我が家には無いようだ。

 

http://instagram.com/p/kQ6BXkmMf_/


本が溜まってきた。イラストの下書きも済ませてしまいたい。だから久しぶりにファミリーレストランに行って、コーヒーをがぶがぶ飲みながら用事を片付けていった。
おやつは「イチゴのパリ・ブレスト」という品。
パリ・ブレストってこんな感じだったかなあ、と思いながら(デザートはアレンジしなければならない、というルールがファミリーレストランには有るのだろうか)しかし美味しく食べた。
作業は予定の半分ほどで、混雑と集中力切れの為に終了した。

それなりに充実した休日だった、のかもしれない。とりあえず、睡眠だけは十分にした。今も眠り過ぎで、変な頭痛がしている。

 

もしかしたら有るかもしれない、と検索してみたところ「『家守綺譚』と『冬虫夏草』に出てくる地名」をGoogle Mapsにまとめているサイトを見つけた。なんとなく通ったことのある地名が出てきたから、こういう情報は嬉しい。しかし無粋かもしれない、とも思う。本に地図がついてきたら素敵だと思う。小説の最初か最後についてくる地図はたいてい好きだ。

冬虫夏草