「紀尾井」の味噌ラーメンと、さっぱりしたポップコーン

友人に誘われて、静岡市浅間通り商店街の近くにある「紀尾井」に、ラーメンを食べに行った。
「紀尾井」は不思議なお店。老夫婦だけでやっている、地味な店。障子は破れ、カウンターには私物が溢れ、座敷では猫が寝ている。基本的に居酒屋なので夜が営業時間だが、以前から昼時にカレーやラーメンを作るようになった。
こんな小汚い、ゲゲゲの鬼太郎(漫画)に出てくるような暗い店なのに、ずいぶん繁盛している。酒飲みの友人は「最高に旨い店。何を頼んでも間違いない」と言うし、県外からわざわざ来る人がいるとか、県庁の偉い人が接待に使うとか、伝説めいた話を聞いたこともある。

http://instagram.com/p/jdO7xUmMY9/

 

その「紀尾井」の、今日は味噌ラーメンを食べてみた。
僕は味噌ラーメンを好んで食べない。もう10年以上は食べていないと思う。今日はたまたま、同行者が塩ラーメンだったので(という理由は道理に合わないけれど)別のラーメン、メニューでいちばん高かった味噌ラーメンにしてみた。
ラーメンはとても美味しかった。少し甘めのスープが珍しいのかもしれないけれど、よくわからない。濃くてこってりしたラーメンが多い昨今では、逆に際立っている。次は(多くの人が注文していた)塩ラーメンを注文してみたい。

一般には、というのはインターネット上の情報によると、第一選択として塩ラーメン、食欲があるのならカレーのミニサイズを添える、らしい。僕は知らない店での最初の注文で、ちょっと“外す”ことが多い気がする。今日も食べながら「味噌ラーメンを食べている人間は僕だけじゃないか。何か間違えたのだろうか」とぐるぐる考えてしまった。でもまあ、美味しかったから問題無い。

 

先日、手土産にポップコーンを貰った。
それがなかなか美味しくて、自分でもスーパーマーケットなどで市販の品を買う機会が増えた。でも少し不満がある。油っぽいのだ。手が汚れるし、熱量は高いし、別にそれほどバター風味が好きなわけでもない。

というわけで、今日は「ポップコーンの粒(種?穀粒?まだ加熱していない乾燥したトウモロコシ)」を買ってきて、自分で作ってみた。油は無し、塩を少し。ジップロックコンテナーの大サイズに、重ならないように敷き詰めて、電子レンジで加熱するだけ。とても簡単。

この手作りポップコーンが素晴らしく美味しい。
もともと薄味のぱさぱさした食べ物(例:焼麩)が好きだからかもしれないけれど、この味も素っ気もない感じがとても良い。
ちょっと行儀は悪いが、手も汚れないからパソコン作業もできる。マグカップだって滑らない。

というわけで、今後はポップコーンは自作することに決めた。キャラメル味もチーズ味も美味しいが、それはそれとして日常用は塩のみで作る。カレー粉も良いかもしれない。なにより、まだ「ポップコーンの素」が9割以上残っているのだ。使い切るまでは、飽きるわけにはいかない。

 

クローバー ポップコーン原料豆業務用 1kg