さようなら白黒画面のiPod(iPod touchを車載する)

 
 
スマートフォンに買い替えて、iPod touchの出番が無くなった。
車に乗せっぱなしで最近ちょっと調子が悪い、古いiPod(白黒液晶)を引退させ、代わりにiPod touchをカーオーディオに使う事にした。
iPod touchは、記憶容量は64GBと十分にある。使わないアプリやデータを削除して、音楽再生専門にする。






今までは、iPodとカーナビの外部入力端子を繋いでいた。
Dockコネクタ接続のシガーチャージャー(音声出力端子付き)と、カーナビのコネクタに繋げる変換ケーブル(TOYOTA車用)を使っていた。
これはなかなか便利だったのだけれど、iPod touchを繋いでみたら「このアクセサリは使えません」と表示される。多分、電圧が足りないとか、そういう仕様の違いだろう。
というわけで、いくつか代替品を買った。
今回のテーマは、できるだけお金をかけない。そして簡単に済ませる。




まず電源の確保。
2口のシガライター型充電器。2口にしたのは、遠出する際などに、スマートフォンを充電する為。
このUSBと下述のケーブルを繋ぐ。
 

Dockコネクタから電源(USB)と音声出力を分岐させるケーブル。
これは地元では売っていない。というわけでAmazonで購入。



その他に、ミニプラグの延長ケーブル(2m)なども買う。100円ショップで入手した。
iPod touchを固定するホルダーはパソコン用品店で。できるだけ控えめな形のものを選んだ。



音声信号は、

[カーナビの外部入力]-[変換ケーブル]-[ミニプラグへの変換などいろいろ]-[延長ケーブル]-[Dock分岐ケーブル]-[iPod touch

という繋ぎ方。


電源は、

シガーソケット]-[2口充電器]-[Dock分岐ケーブル]-[iPod touch

となる。


これで問題なく、充電しながら音楽が聞ける。
Dockコネクタ接続のシガーチャージャー(音声出力端子付き)という便利な品もあるが(というかiPodの時はそれを使っていた)、5000円くらいする。しかも近所では売っていない。
今回は手元にある品を駆使して、1500円くらいで済んだ。
でも面倒なら、5000円位の出費は安いと思う。なにしろ手軽だ。
もっと簡単なFMトランスミッターもあるけれど、僕はなんとなくトランスミッターは避けてしまう。有線接続が好きなのだ。



音楽は聞けるけれど、車から出る時は自分で一時停止させないといけない。
それに機械的なボタンが無いから、手探りで操作は出来ない。
さらに、たぶん車のノイズを拾っているのだろう、何やらザーザーと小さな音が聞こえる。アイドリングストップ中に、ちょっと気になる。既知の問題らしい。
このノイズについては、近いうちにフェライトコアでも付けて様子を見てみたい。





さて、退役したiPod(かわいそうに白黒液晶が変色している)は、とりあえず文鎮として机の近くに置いた。
大きさ、形、重さそして質感はなかなか良い。ずいぶん長く使って、愛着がある。良い機械だと思う。
そういえば、学生の頃に作った音楽テープ(My best Collectionのラベルが貼られている)を見ると恥ずかしくて隠れたくなるけれど、数年したらiPodでも同じようになるだろうか。
iPodの場合、機種を更新してもデータは引き継いでいくから、テープとは違うかもしれない。どうなのだろう。




本当はこれが欲しい。160GB あれば、一生持つかもしれない。