スマートフォンと盗難自転車

 
携帯電話を替えたいなあ、と思っていたら、スピーカーから音る音が変になってしまった。高音が途切れる。
どうして機械は「そろそろ...」と考えはじめると壊れるのか。八百万の神と関係があるのか。
P705μという、今の目で見ても薄い機種。とても使いやすかった。
もう6年も使っている。あちこち傷だらけ。念の為にdocomoに相談してみたが、修理は簡単ではないと言う。
そこで思いきって、スマートフォンに機種変更した。


SONYのXperiaZという機種にした。色は黒。
すっきりした薄型のデザインが気に入った。機能にはそれほど興味が無い。たぶん十分な性能だろう。
SONYのフラッグシップモデルという事だった。そういえばカメラもSONYの(少し前の)フラッグシップモデル。
これは別にSONYの高級品にこだわっているつもりは無くて、ただ小さくてシンプルな形で性能がそこそこ良いものを選ぶと、SONYになる事が多いのだ。
パソコンがアップル製品だから、本当はiPhoneが良いのだけれど、docomoには無いから仕方がない。
何やらよくわからない仕組みで値引きがされ、実際に払う本体代金は4万円程度。
そして毎月の料金は5000円くらい。今までの電話料金が3100円くらいだったから、ちょっと負担は増えた。
しかしきっと活用するだろうから、これくらいの贅沢は許されるだろう。
よく「スマートフォン使ってそうなのに意外」と言われ続けてきたが、もうそんな事は言わせない。



スマートフォンの導入により、明日からは外出時の(心のなかで唱える)確認事項が、「財布・携帯・iPod」から「財布・携帯」になる。
荷物が1つ減るのは有難い。
余ったiPod touchは、車に繋いでオーディオプレーヤーとして使うつもり。
長年活躍してきた、白黒液晶のiPodは退役となる。








全然関係ないが、冬に盗まれた折り畳み自転車が発見された。というか、何処かに放置されていた様子。
今は放置自転車置き場にあると、市の交通政策課から手紙が来た。
盗難届を出しているから、放置自転車の撤去保管料(2000円)は免除されるようだ。
もう後継の自転車(同じSTRIDA)を買ってしまった。部品取りに使おうか、災害時の備えとして倉庫にしまっておこうか、活用方法を考えたい。





今日も本と漫画を買った。
それから、昨日の退社に伴う細々した荷物が、まだ整理されずに床に並べてある。
そして買ったばかりのスマートフォン。その他いろいろなものが、手付かずで部屋に置いてある。
ちょっと雑然としてきた。
でも今日はもうお風呂に入って寝る。明日、一気呵成に片付けようと思っている。