ピーターパン

 
仕事を終えて、ちょっとした用事の為に、いつもと違う道で帰宅。
途中で、ずいぶん賑わっているパン屋を発見した。
職場の人達がよく話している「ピーターパン」というお店のようだ。駐車場前で渋滞ができている。
ものは試しと、寄ってみることにした。


明るく広い店内。お客さんもパンもたくさん。焼きたてのものもどんどん並ぶ。
それほど高いお店ではない。パン・オ・ルヴァンとかバゲットのような品は無く、コロッケパンや甘いおやつパンが主力。
どれもとても美味しそうで、つい沢山選んでしまう。
ついでに「カボチャドリンク」という、不思議なジュースも購入した。




晩御飯の前に、いくつか食べる。
紅茶のフレンチトーストは、中に卵液が全く染みていないタイプ。こういうフレンチトーストは初めて食べる。
なんとなく、ただ表面が甘いだけの分厚い食パンを齧っている気がするが、不味いという訳でもない。見た目は最高に美味しそうだった。



リンゴとクリームチーズのパンは、デニッシュ生地。これはとても気に入った。
もう一つ食べた、中にクリームチーズが詰まったペストリーも美味しい。



パンの後に晩御飯なので、かなりお腹がいっぱいになった。ご飯は一口だけ。
変な形のアンパンが残っている。これは明日の楽しみにする。




最近は、歯ごたえがあって粉の味がぎゅっと感じられる(そしてたいていは高価な)手作りパンばかり食べていた。
こういうお店も、なかなか楽しい。次はカツサンドを買いたい。