ラミー

 
 
ロッテの「ラミー」という板チョコが美味しい。冬季限定。
ラムレーズン入りの、わりと甘めのチョコレート。
最近、何度か続けて購入している。
きちんとラムが使われているらしく、アルコールが3.7%も含まれている。
といっても大量に食べるものではないから、酔うほどではない。一応、車の運転は避けるように注意書きがある。
しかしこのラミー、そして洋酒が多く含まれる菓子は、酒税法上はどうなるのだろう。量が極めて少ないから酒のカテゴリには入らないのだと思うけれど、よくわからない。
こうして、調べればすぐにわかることを放置し、そして忘れてしまう。
そしてラミーを再び食べる時、また思い出す。
スマートフォンがあったら、調べるだろうか。今だって調べていないから、たぶん何もしない気がする。
洋酒入りのチョコレートとしては、「バッカス」もよく売られている。しかしバッカスはあまり好みではない。
ラミーは、どこでも手に入る安価なチョコレートのなかでは、いちばん「ラムレーズン感」が強いのが気に入っている。
本当はラムレーズンを手作りすれば食べ放題なのだけれども、実家暮らしだとなかなかそういう事はできない。両親が心配する。
一人暮らしの時は、ラム酒とレーズン(ノンオイルレーズンが楽)で大量に作っていた。そのために、ラム酒を買っていた。