BANANACHIPS

今日は午前も午後も、ぼんやりと眠気と闘いながら過ごした。
仕事の合間にカフェイン錠(100mg)を飲む。
僕はこういう、薬やサプリメントで物事を解決することに、あまり抵抗が無い。というか好きなほうだ。
でもカフェインを100mg摂っても、せいぜいコーヒー1杯分程度。そしてコーヒーを飲んで眠気が覚めた事もないから、ほとんど気休め程度。
もちろん錠剤よりもコーヒーのほうが好き。あの味と香りに覚醒作用がある気もしている。
しかし仕事中は飲食禁止で、自販機の缶コーヒーは美味しくないし、錠剤は安上がり。というわけで、節度を持って使っていきたいと思う。
それにしても全然効かない。眠気がすっきり消える事は無く、そして眠いのを我慢して仕事をしていると、変にクリアな感覚が訪れる。「眠気の彼岸を超えた」と個人的に命名している状態になる。



さきほど、この前の休日に買ったバナナチップスを開封した。食後のおやつ。
どっさり入っていて、しばらくは楽しめる。
バナナチップスならばいくらでも食べられそうだが、熱量は多そうなので心配。元になったバナナのサイズを想像し、原材料のココナツオイルと砂糖の事を考える。
でも食べる。さくさくして美味しい。
今回は迷わず、開封してすぐにシナモンパウダーを振り入れた(そして口を閉じてしばらく振盪する)。
バナナチップスには、シナモンの香りがよく合う。今日はチャイを淹れた。