週末ではない月末に

 
ウォルマートに行ったら西友と同じ品揃え、という夢を見た。
妙にリアルなところがある夢。目覚めた直後は、現実を把握するのに苦労したほど。西友が非常につまらないところに見えた。




仕事を始めるまでずっと、今日が週末、金曜日の気分でいた。
同じ気分の人は周りにも結構いて、皆でがっかりした。
なかには金曜日のラストスパートという気持ちの人もいて、すっかりやる気を無くしていた。
しかし月末はいつもと違う作業が多いが、仕事量的には楽なほう。なんとか持ち直しつつ、定時まで働いた。



仕事中に、「ブルボンのお茶菓子、細長くてぱりぱりしてるの、名前を忘れた」「ルーベラです」とか、「ケーキの飾り、銀色の粒。何だっけ?」「アラザン」という風に、つい質問に答えてしまう。
だんだん、甘党である事が隠せなくなってきた。
でも今のところ、「少し博識な、ケーキを食べる独身男性」程度の認識をされていると思う。
注意深く、変人扱いされないように、毎日を過ごしている。