違う人達

 
 
最近は、だいたい同じ職場で働いている。メンバーの顔も覚えた。
ほとんどが20代前半の、若い女性。何人か、年配の女性もいる。男性は数人だけ。
この女性たちが、なかなか興味深い。
色々なところが、自分の知っている女友達と違う。かつて親しくした人達とも、全然違う。
もちろん、僕とも違う。



仕事中に雑談ができるので、色々な話を聞く。
彼女達は、概ね、デパートのバーゲンで服を買い、たまにブランド品の服飾雑貨やアクセサリーを買ったり、彼氏に買ってもらう。
本は読まない。かつてはケータイ小説を読んだが、今は読まないという。
寒流ドラマにはまり、でも韓国と中国は「おかしい危険な国」とみなしている。
TVは好き。ドラマを録画して見る。タレントの名前をたくさん覚えている。
血液型占いや、スピリチュアルな物事に詳しい。「身体に良い食べ物」と「買ってはいけない品」も。
どちらかといえば、たくさん食べたい派。
特にスイーツは、驚くほどたくさん食べている(うらやましい)。安いところを沢山知っている(勉強になる)。
結婚式の余興や二次会、それに合コンとカラオケが好き。
他にもあるけれど、覚えられない。元気な人達。



とにかくみんな、似たような感じに見える。これは老化現象だろうか。
多様性よりも、共通点ばかり気がつく。おっさんばかりの職場や、老若男女が働いていた職場では、こういう事はなかった。


彼女らは、たまに意見の相違があっても、雑談の中では全然気にしていないみたいだ。お互いに、わりと勝手なことを喋っている時が多い。
それで会話が続くのが、なかなかすごいと僕には思える。



そして僕は、徹底的に聞き役に回る。
聞かれた事にだけ答える。「彼氏や男友達と全然違う」と驚かれる。珍獣扱いされている気がする。
話がややこしくなるから、甘いものが好きな事、ブログを書いている事、そういう幾つかの物事は言っていない。
まあ、退屈はしない。混乱はする。
自分とは「真逆」だなあ、としみじみ思う。異文化交流体験と言っても過言ではない。