靴下の寿命

 

ここ数日で、いくつかの靴下が綻びはじめた。
ずいぶん昔にまとめ買いしたもの。それらが全て同じタイミングで駄目になるというのは、それだけ均等に履いていたのだろう。
特に最近は、朝が慌ただしいせいもあって、靴下用の引き出しのいちばん上にあるものを手にとっている。
柄とか色はほとんど同じ(グレー系の細いボーダー柄)なうえに、仕事で見栄えを要求されない(仕事中は制服で隠れる)から、全く意識せずに履いていた。



というわけで、仕事が終わった後に、まとめ買いをした。
いつも同じ、無印良品の直角靴下。またしても灰色っぽい、あるいは茶色系のボーダーばかり。3足で980円の廉価版。
世の中には様々な靴下が売られているが、とりあえず日常使いの品に関しては、僕はもう悩まない。
悩まないのは素敵な事のようにも思えるし、世界を狭めているようにも感じる。
でも少なくとも、僕はパンツと靴下に関しては、あれこれ選ぶ事を放棄し、数シーズン毎に決められた品(といってもマイナーチェンジはあるが)を更新する事で対応することに決めている。
限られた靴下の元で暮らす生活。




日常用の靴下はこれで良いが、他にやっぱり良いものも欲しい。
たまに買うのが、登山用品店で売られているウールの靴下。本格的な登山用は厚すぎるから、いちばん薄手のハイキング用を買う。
薄いといっても、街歩き用としては十分なふかふか具合。洗濯しても縮まないし、通気性と保温性が高い。風合いも良い。
とても良い靴下だが、ものすごく長持ちする為に、そう頻繁に買うものでもない。
デザインが機能一辺倒なものが多いから、見た目が気に入ったものがあった時にだけ買うようにしている。




全然関係ないが、家族と暮らすようになってから、僕のグレー系単色で厚手の靴下たちが、どんどん無くなっていって、今は手元に1足も無い。
おそらく、洗濯物を畳んでいる両親のうちどちらか(あるいは両方)が、単色の男性用靴下を全て父のものと判断しているのだと思う。だから新品がすぐに消えていく。
いつか取り返したいが、父が履いているのなら、もういらない気もする。