ビオスでランチ

ビオスでランチ。ゴボウと豚肉のワイン煮。色々な大根のマリネ。人参サラダなど。 紫芋のチーズケーキ。
紺屋町の「ル・コントワール・ド・ビオス」で昼ごはんを食べた。
よく知らなかったけれど、野菜が有名なお店らしい。いつも賑わっているのは知っていた。
ワンプレートランチを注文。
最初にヒョウタンカボチャのポタージュが来た。なかなか美味しい。
メインのプレートは、野菜が鮮やか。盛り付けも綺麗。
大浦牛蒡と豚肉のワイン煮が主菜。大浦牛蒡は本で読んで知っていたが、はじめて食べる。豚肉のこってりした味によく合っていた。
他に、人参サラダ、5色くらいの変わった大根のマリネ、黄色いジャガイモなど。
人参サラダが特に良かった。胡桃と、何か香ばしいものの風味がした。自分で作る時の参考にしたい。
これにパンか五穀米が付く(パンにしてみた)。
かなりお腹いっぱいになる。夕方になっても空腹感が無い。9割は野菜だが、食べ応えがあった。
紫芋のチーズケーキをセットに付けてもらった。コーヒーは注文し忘れた。
なかなか気に入ったので、また行ってみたい。良いお店を知った。