想像と違う塩やきそば

 


エスニック風塩やきそば。あんまりおいしくなかった。何かを忘れた味。あるいは一人暮らしのありあわせ料理の味。

今日も自転車に乗って静岡の街をぐるぐると周遊した。
雨上がりで、とても涼しい。色々なイベントをやっていて、街はにぎやか。





Instagramのファンの人達による写真展が、街外れのカフェで開催されている。お気に入りのお店。
お昼ごはんも食べたかったから、行ってみた。
正直なところ、作品はそれほど面白いとは思えなかった。展示方法も、見やすいとはいえない。
いつもiPod touchで見ている、知り合いや知らないフォロワーの写真は楽しみにしている。
しかし全くの他人の作品が大量に並んでいても「まあ、Instagramっぽい写真ですね」としか思えないのだ。なかなか得難い経験をした。



得難いといえば、このカフェのランチメニュー「エスニック風塩やきそば」も、今日は特別に変だった。
エスニック風の味付けは得意なお店なのに、この塩やきそばは全然エスニック的ではなかった。スパイス、調味料、その他の何かが(あるいは全てが)忘れられたような感じ。
何かに似ていると考えながら食べた。そう、一人暮らしの時に、ありあわせの材料で作った食事に近い。
だいたい、外食の時は何だって美味しいと思うのだが、今日は例外だった。これならば、浅間通り商店街の「日本・タイ友好長政祭り」でタイの屋台ごはんを食べたほうが良かった。






少し前から探していた品をお店で見つけて、でもレジに行く前に「これは要らないものではないか」と、結局買うのをやめた。
今までの(ささいな)労力とアイデアを考えると惜しい気がするけれど、自分の"ものを買う”努力を評価して買い物をしてもろくなことにならない。
「せっかくだから」と考え始めると、どんどん物が増えていくのだ。
というわけで、代替手段を探すことになった。これはこれで面倒くさい。







今日を振り返ると、午前中が特に良くなかった。
ベッドに寝転がり読書をしながら、「やり始めないと、やる気はでない」という事に気付いた。詭弁のような気もするが、思いついた時は素晴らしい発見だと思った。思っただけで何もしなかったけれども。
明日はきちんとしよう。
先ほど、酸っぱいリンゴをたくさん貰ったから、今から煮る。シナモンを買ってこないと。