湯の山温泉新緑祭・カモシカ温泉蚤の市

今日は三重県の湯の山温泉に行ってきた。
目的は温泉ではなくて、下記のイベント。


温泉街自体は昔に比べて寂れていて、子供の頃に泊まった宿も廃墟になっていて寂しいイメージの土地だったけれども、今日は大賑わいで楽しい雰囲気。

四日市時代からよく行っていたカフェや雑貨屋さんも出店していた。
雑貨屋Noviさんのブースで、姪(1歳)用の帽子を購入した。マトリョーシカも可愛いのがあったが、これ以上マトリョーシカを持っていても(現在2セット所有)場所をとるだけなので我慢した。
雑貨好きの乙女ならば大喜びしそうなブースが沢山あった。
「はんこごっこ」というブースで姪の名前入り消しゴムハンコを作ってもらった。かなり可愛くて自分用にも欲しくなったが自重した。

仲良しのカフェ「Snug」で昼食を調達。冷製パスタ(トマトと揚げ茄子)とベーグルを食べた。
野外イベントで冷製パスタというのは良いアイデアだと思う。火を使わないし、パスタは冷やしておけばシコシコしている。トマトソースとオリーブオイルがいい感じだった。

ラジカフェ」で鶏肉(?)を買い、つまみながら座っていたら、四日市時代の知り合いと沢山出会った。
皆、元気そう。お子さんが成長していたり、増えていたりして面白かった。

古い旅館(廃墟)や街角で若手芸術家がパフォーマンスをしていて、全部見て回ったら足が棒になってしまった。急坂が多い土地なので、眺めは良いが疲れる。
狭い道に車が溢れていて、ひやりとすることがあった。駐車場の案内と絶対数が少ないのは難点だと思った。

メインステージで「モノポリーズ」のライブを聞いて(生で聞くのは久しぶり、懐かしかった!)、ロープウェイの駅の売店で売っていた柔らかくて大きくて美味しいお煎餅(名前忘れた)を食べてから帰路についた。

たぶん来月にはまた三重県に遊びに行くと思う。
今度はもう少しのんびり楽しみたい。