映画『人間失格』を観た

午前中はジムで軽い運動。

来るべき工場勤めに向けてのリハビリ、の気分。
筋力が昔に比べて明らかに落ちている。ちょっと悲しい。



夕方、静岡の映画館で『人間失格』を観た。
原作本を読んだのは高校生か大学生の頃。
あまりにも自分とは違うような、でもどこか共通点のあるような主人公が印象に残っている。
ただ、なんとなく辛気臭いイメージがあって愛読書にはならなかった。
あらすじも忘れてしまっていた。

主人公は抜群に女性にモテるのだけれど、悲嘆の中で生きていく。見ていてかわいそうになってしまった。
そしてラストシーン。列車内のシュールな光景にびっくりした。

映画を観る前は、ポスターを見て「主人公が美青年過ぎてイメージと違うなあ」と思っていたけれど、最後まで引き込まれるように観ることができた。良い映画だと思う。




夕食はCapuでクスクスを食べた。静岡ではあまり食べたことのない料理。名前も面白いが、見た目もつぶつぶで楽しい。
デザートはココナツ風味のお汁粉。最近は甘いものを控えているので、たまに食べる甘味が嬉しい。



お腹いっぱいになったせいか、今はひどく眠い。
ちょっと早いが、もう寝ることにする。