かき揚げと讃岐うどん ─ もり家本店 ─

高松市は海に面した北部が平坦で、ところどころにオニギリ型の山があるだけ。南部はいきなり山がちになる。今日はその山側*1を車で探検してみた。空港へは何度も行っているけれど、山のほうは未だに土地勘が無い。ちょっと奥へ行くだけで、びっくりするくら…

地球照とカレーうどん

遅めに起床、朝食は食べなかった。 お昼ごはんは外で済ませた。カレーうどん専門店っぽい看板の、でも実際は普通の讃岐うどん店。といってもメニューの中心にはカレーうどんが据えられている。なので僕もカレーうどんを注文した。 カレーたまご肉うどん 天ぷ…

小豆は煮るし、お米は炊くし。

今日のお弁当はこんな感じ。 小豆の炊き込みご飯 鶏唐揚げ 小松菜のおひたし(唐揚げの下) さつまいものレモン煮 ラディッシュと金時人参のマリネ 小豆は別に煮ておいたもの。地元のスーパーマーケットでお正月用に売られている古豆は少し高くて、イオンの…

朝はうどんで夜はパン

ふと思い立って、以前勧められた「がもううどん」に行く。到着は11時頃。かなり遅めの朝食となる。 行列ができる店と聞いていたが、5分と待たずに入ることができた。店内は狭く、座りきれない人達は外のベンチで食べる。 うどんは「小・大・特大」の3サイズ…

鳥バター丼とつけ麺。ルーベラの開放とは。

家事と読書で午前中を過ごす。 午後はスーパーマーケットとディスカウントストアで食料品などを買い込み、家で少しだけ調理。リンゴとレーズンでジャムを作った。なかなか上手くできたと思う。 [まとめ買い] ストライクフォール 作者: 長谷敏司 メディア: Ki…

「たいやきうどん」の日

今日はテストの日。たぶん合格。自分にお疲れ様、ということで前から気になっていたお店に行ってみた。 前から、というのはちょうど一年前の今頃、この地に住み始めた時から、いやもっと前の、出張で何度も香川県を訪れていた頃から、なんとなく気になるお店…

美味しい讃岐うどん店のリスト

先日の瀬戸内国際芸術祭で訪れた小豆島、フェリー乗り場で出会った老夫婦に高松市内で再開した。僕は自転車を停めて交差点にいて、彼らは道を歩いていた。お遍路の寺をいくつかと、四国の温泉、そして瀬戸芸も巡っているとのこと。「このあたりで美味しいう…

風邪の兆候、カレーうどん。

喉の奥に風邪の兆候がある。寝込む程ではない。しかし雑に暮らしていたら、平日に困ったことになるかもしれない。休日に遊ぶこともできなくなる。 というわけでお昼ごはんは、セルフ式さぬきうどんのお店でカレーうどんを食べた。 わざわざ車に乗って「カレ…

Tシャツ返し

一昨日の金比羅山で変な疲れ方をして、今日もほんのりと足が重い。日常の動作には不具合は無いのだが、座っていると「まだ疲れていて、いま回復している」のがわかる。 幸いなことに一日中座っていたので、今は元気。自転車が心配だったがそちらは全く平気。…

須崎食料品店の讃岐うどん

一般的な日本人にとって、食事の根幹を成すのは米である。炊いた白米を「ご飯」と呼ぶ。同様に、食事そのものもまた「ご飯」である。 そして一般的とはいえないが一応は香川県民も日本人である。かの地では「うどん」が主食とされている。なので必然的に「食…

サンドイッチとチキンラーメン

お昼のお弁当はサンドイッチにしてみた。 厚焼き玉子 レタスと薄切りのスダチとハム 人参と新生姜,鶏ささみハム の3種類。これ以外にトマトとズッキーニのサラダも用意した。 レタスとスダチは合う。苦味も含め美味しい組み合わせ。卵は焼く前にうっかり砂糖…

お素麺入りの味噌汁と、Macの環境設定

明後日から旅行で家を空ける。ということで少しずつだが生鮮食料品を減らしている。多くのものは刻んで冷凍すれば良いのだけれど、もちろんそうでないものもある。旅の出発日には朝食をとってから家を出る予定で、そうなると多少の食材は残しておきたい。な…

素麺とキュウリ

この夏は素麺ばかり食べている気がする。独り暮らしなんて学生時代から何度もしているが、ここまで麺類に頼った食生活は初めてかもしれない。それは炊飯器を持っていないこと、それから麺類が安い土地であること、保存が効き使途の多い常備菜を作っているこ…

肉味噌と女疑惑

昨日買っておいた鶏挽肉で肉味噌を作った。夏場は麺の登場が増えるので肉味噌があれば安心感が倍増する。讃岐の地はうどんが安い。実は素麺だって安い*1。 肉味噌は夏野菜に合わせて味噌を強めにした。麦味噌で甘くして赤味噌で味を強くする。 8割ほどは保存…

帰省します

今から実家に帰省します。今回はどれくらい滞在するか決めていない。まあ、実家だから大丈夫だろう。たぶん来週の中頃には四国に戻る。 いつものことながら、何かを忘れているような気もするし、何も準備なんていらない気もしている。 途中で元気があったら…

アルバム、自転車、小さな祭り

知人に頼まれてアルバム(フォトブック)の注文作業を行った。写真の選定や順番付けはしてあるけれど、必ずしも1ページに画像1枚の配置ではないから、レイアウトに迷う。知人が家族や親戚と行った旅行のアルバムで、当然ながら僕は参加していない。なのでど…

上等なうどん、鶏天とチク天。

Macにインストールしている天気予報アプリはレスポンスが良すぎる。ちょっと予報に変化があると、すぐに通知をしてくる。 それだけなら煩いだけだ。でも、ずっと晴だった予報を、ぽつりと雨が降り始めた瞬間に書き換えるのはどういうわけか。それは現状を伝…

ちょう美味しい讃岐うどんと、家で食べた普通の讃岐うどん

買い物に行ったついでに、有名な讃岐うどん店*1「」へ行ってきた。 いわゆる讃岐うどんブームの頃に「土間みたいなところで、老夫婦が切り盛りしていて、薬味まで客が用意する、ディープなお店」としてこういう店が取り上げられていた。 さぬきうどん全店制覇攻…

讃岐うどんを食べ、自転車装備の換装をして、コーヒーにきな粉を入れたよ。

太いうどん 仕事を辞めると決めた時に、たくさんの人(讃岐人)から実に多くの「おすすめのうどん店」を教えていただいた。讃岐うどんの店、平日の朝から昼過ぎまでしか営業しないところも多い。転職活動中に行くべきである、ということだろう。 今日はその…

映画「海獣の子供」と、餅入りうどん

実は五十嵐大介氏の漫画は苦手だ。好きな作品はあるし*1、新作が出たら読む。でも、あの「ナチュラル&スピリチュアルSF」な雰囲気にはどうにも馴染めない。科学と自然回帰を上手い具合に超常現象と混ぜてはいるものの、どうにも「南の島でヒッピーっぽい生…

かなり純粋な自転車散歩

僕は趣味っぽい自転車を持っているけれど、純粋な「サイクリング」をする習慣は無い。たまに驚かれることもあるけれど、基本的にはインドア趣味の人間なのである。 でも今日は、本当に目的も無く、ただ遠くに行くために自転車を走らせてみた。まず海へ、それ…

自転車でどこまでも

昨日観た映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」についての感想、想いについてはこのブログでほぼ完璧に書かれていた。もうこの記事で十分、自分のメモ書きは削除したいくらいだ。 barzam154.hatenablog.com そうなのです、芹沢博士だけが「ごじら」と発…

行列のできる讃岐うどん店「はりや」

仕事先で勧められた「行っておいて損は無い讃岐うどん店」*1である、「はりや」に行ってきた。 ここは行列が当たり前のお店。平日の11時開店の時点で、もう並んでいた。カウンターだけの店で、店内に入る限りは席の後ろに人が並んでいく。回転は速いが(なに…

行列のさぬきうどん

久しぶりに、行列のできる讃岐うどんのお店に行った。 讃岐うどんの土地に住んで気づいたこと。うどんは、基本的に美味しい。他の安い麺類のお店、例えばラーメン屋に比べて当たり外れが少ないと思う。「脂が多くて気持ち悪くなった」とか「にんにくがきつく…

ありがとうさようならの区切りに

静岡育ちとしては4月末日といえば「ヴァルプルギスの夜」なのだが、四国は魔女よりも弘法大師の土地なので、静かなものである。 それよりも今日は平成最後の日。実のところ天皇制については無批判に万歳をする信条も心情も持ち合わせていないのだけれど、で…

上咽頭炎と、うどんと体重と。

熱がようやく下がった。咳はまだまだ続く。今回は内科で処方されたのは概ねスタンダードな風邪薬だったが、「もしかしたら上咽頭炎かもしれないね」ということだった。だから咳が続くのも仕方がないし、しばらくは微熱もあるし、頭痛だってそう簡単には止ま…

ビンゴォおじさん

ちょっと珍しい自転車に乗っているので、知らない人に声をかけられることもある。大抵は善良な自転車愛好者*1なのだけれど、なにしろ赤の他人に声をかける位だから、いわゆるマニアな人も多い。もっと言うと、かなり困った感じの人間もいる。さらに言うと、…

昼も夜も重い麺

ああ、お腹が苦しい。 思えばお昼ごはんから食べ過ぎだった。仕事の関係で遅めの食事。商店街を移動中に立ち寄った讃岐うどんの名店「綿谷」で「スペシャルぶっかけ」を食べた。 この店は小サイズでも十分に大きい。食べた時刻が遅かったせいで、18時過ぎて…

外で働いて、抹茶を飲んで、夜桜を観た。

仕事関係のイベントで、丸1日外にいた。展示会のようなもので、延々と立ち仕事。慣れないセールストーク(っぽいもの)とパンフレット渡しで、だいたい1ヶ月分の「社交力」を使い切ってしまった。明日もがんばります。 そもそも自分は営業の仕事に適性が無い…

昨日は犬島に行ってきました 瀬戸内国際芸術祭2019前哨戦

というわけで昨日の続き。岡山県の犬島に行ってきた話。 朝はごはんも食べずに家を出る。高松の街は、1日停めておける定額制のコインパーキングがあちこちにある。公共施設が散在しているせいか、高いところから数ブロック歩いていきなり半額近くになること…