転居

スペシャルうどん

今日はお弁当を作らなかった。三重県で独り暮らしをしていた時と同じく、お弁当の準備はすなわち時間管理上のバッファとなっている。つまり、お弁当を作らない選択が、朝の時間的余裕をもたらすのだ。これはなかなか無視できない“資産”であり、かつては同僚…

山盛りのラーメンと、ヒヤシンスのセットアップ。

帰宅時に、仕事で知り合った人達に遭遇した。一緒に簡単なご飯を食べよう、という話になって*1、近くのラーメン屋さんに行くことに。若い客が多い、量と脂が売りのお店。東京でいう「ラーメン二郎」をマイルドにした感じ。屋号は、忘れた。 野菜の量が選べる…

新屋島水族館と屋島

新屋島水族館について書く。昨日の午前中に行ってきた。 屋島には初めて行った。昔ながらの観光地、そしてそこにある水族館もまた古いこぢんまりとした観光客用水族館。なぜか山頂にあって、イルカのショーなどを見ることができる。 屋島自体は、とても風光…

丸亀と高松と。

昨日は丸亀市に行ってみた。たまたま見つけたイベントのフライヤーに惹かれての訪問。このイベント自体はそれほど楽しめなかった(いわゆるマルシェの類)のだけれど、自転車でのんびりと駅前からお城の周辺を散策した時間がとても良かった。今、思い返して…

段ボールとカレー

引っ越しの時に使った段ボール箱の大半は、引っ越し業者に引き取ってもらった。1回だけその引っ越しに関する廃梱包と段ボール箱を引き取るサービスがあったのだ。後日でいい、当日でなくてかまわない、というのは気が利いている。引っ越し業者が用意した箱以…

狭い部屋は明るく、広い部屋は暗く。

今日もほぼ1日、生活を整えていた。ようやく「他人を呼べる」レベルに達したが、知り合いが明日から勤める会社の社長しかいないので特に意味は無い。しかし部屋が整理されているというのは気分が良い。片付けというのは指数関数的に進むところがあって、終盤…

移住しました。

住民票を移し、社会的にはこれで引っ越し完了、のはず。昼前には職場に顔を出し挨拶と今後の相談を少しだけ行う。 勤め先は中心街にあって飲食店も多い。たぶん昼食は外食が多くなる。節約と食材消費のためにはお弁当を作りたいところだが、今までのような「…

さて、移住します。

いよいよ、というには往復が多かったけれど、今日から四国に住むことになる。さようなら静岡県。6時間と少し車で走れば帰省できるし、仕事でも行き来はそれなりにあるから疎遠という程ではないけれど、ともあれ生活の拠点を変えるというのは大きな出来事だ。…

ガトーバスクとタルトタタン

ほとんど家から出ずに引っ越し作業を行った。先月に引っ越し業者に依頼した時には趣味の品々(レザークラフトの工具や材料、書籍のほとんど、電動工具や旅行用品)は運ばなかった。そこまで梱包している時間が無かった。冬物の服も全部は運んでいない。 今回…

ガラパゴス諸島への旅、土産配りの旅。

ようやく旅の荷物が片付いてきた。何度も書いているように引っ越しと並行して準備から本番まで行っているので、スーツケースから出した品々を整理するのも一苦労なのだ。実家に残すものと、新居に持っていくものとを分類し、あるいは不要と判断したものは捨…

旅の支度:ガラパゴス諸島

明後日から、南米のガラパゴス諸島へ行ってくる。9日間の旅となる。 世界遺産 ガラパゴス諸島完全ガイド (Gem Stone) 作者: 地球の歩き方編集室編 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2011/03/04 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 1人 クリック…

ヒッチハイカーと神戸 #ヒッチハイク #神戸 #IKEA

一昨日の事を書こう。今思い返しても、希有な体験だった。 静岡県から四国に車で向かう際には、愛知県を通過することになる。最短経路は「伊勢湾岸自動車道」で、三重県に住んでいた頃から自分にとっては慣れた道だ。 ここに大きなサービスエリアがある。「…

暮らしはじめ

落ち着いて新しい土地で生活を始める、その第一日目。 ようやく引っ越し業者のダンボール箱から全ての荷を出すことができた。ただし収納までは至っておらず、床にずらりと並んだ様は「容疑者宅から発見された証拠の数々」といった趣がある。 生活を始めたと…

西へ!西へ!

今日から数日間、四国に一時滞在する。新居(といってもアパートですが)の環境整備、旅の道具の回収、次の勤め先との打ち合わせ等が目的となる。 困ったことにインターネット環境がまだ整っていない。外出先で電波を借りるか、あるいはスマートフォンのテザ…

重荷を置いた日 ──退職しました──

予定通り、仕事を辞めた。今日はパソコンなど仕事道具の初期化や再設定、そして発送といった仕事をして1日を過ごした。結局、最終日まで残業となった。引き継ぎ先の人達が「メールも他のツールも全部そのままで送ってくれ」と言ってはいたが、自分達としては…

まるで旅をしているような

たくさんの生活道具を四国のアパートに置いてきて、今は実家から職場に通っている。いつも出張に使っていたキャリーカートとカバンを中心に、がらんとした部屋で過ごす。部屋は広いが、どこか長期出張の趣きがある。 もちろん服だって趣味のものだって多くは…

お茶する暇もなく、でも笑ってお別れできました。

今日、仕事仲間の2人が退職した。そして自分は来週の前半に辞める。会社が空っぽになり、遠くの人達が仕事の一部を引き継いで継続する。 というわけで、今日は間借りしている会社の人達へ挨拶をして、それから荷造りや掃除をして過ごした。皆、とても温かく…

退職日が早まった件

四国での仕事は朝に片付け、ひたすら東へ走る。今週はまた静岡で働く。静岡の職場を空っぽにするのだ。 今回、行きも帰りも「もやもやっ」とする仕事上の問題を抱えて運転したので、6時間30分の走行時間がなかなかに辛かった。しかし新幹線で読書でもしてい…

引っ越しました

朝から夕方まで、通販で買った家電や家具が届くのを待ち、あるいは荷物を解き、なんとか「生活のかたち」を作りつつ、今に至る。 図面はあったが下見はしていない。だから台所周りといった、最も収納が必要な場所がほとんど手付かずのまま。まあ何とかなるで…

さぬきうどんと美味しいパン、サラダとナッツとカットフルーツ。

午前中は上司と簡単なお仕事。そして次の勤め先の打ち合わせにも同行する。これはまあ、横に座って話を聞いているだけだから、ほとんど”工場見学”みたいなものだ。こんな時間で給料が発生するのは申し訳ないくらい。 早めのお昼ご飯は、さぬきうどん。上司は…

大好きな場所ができました

出張かつ引っ越し準備、という変な四国滞在の2日目。もちろん仕事をしていたが、午後からは私用の時間も貰えたので、宿の近くにある「栗林公園」へ行ってみた。 以前、観光で訪れた時にも立ち寄った。ただし瀬戸内国際芸術祭が目的の旅だったから、それほど…

到着しました

移動に6時間と少し、でも途中で仕事の電話などをしていたので7時間以上は高速道路を走っていたのだろうか、ようやく四国の宿に到着した。 その仕事の電話でサービスエリアに何度も立ち寄ったが、初めての場所なのにまるで記憶に残っていない。トイレに寄って…

明日、出発。

引っ越しの最終荷造りを進めている。あとはパソコンを片付ければ大物は終わり。というわけで今こうして休憩がてら日記を書いている。 実に慌ただしいことに、午前中はかなりシリアスなTV会議をしてきた。なんというか、現時点で心身ともに疲労困憊なのだ。 …

GoogleにしようかAmazonにしようか スマートスピーカー・スマートモニター考

GRV2564 フレームなし 出版社/メーカー: GROOVISIONS メディア: この商品を含むブログを見る せっかく転居するのだから暮らしに新機軸を、と考えスマートスピーカーの導入を検討している。TVは買わない。でも、朝にニュースと天気くらいはチェックしたいし、…

まあなんとかなるでしょう

引っ越し準備、なんとかなるレベルにまで仕上がった。朝から昼前までは作業がまるで進まなかった。とにかく眠くて集中できなくて、ああこれはストレスによるものだなと思うのだが、わかったところでできる対応なんて何もないのだ。 仕方がないから気分転換に…

はかどらない日曜日

ああ、連休で良かった。 引っ越しの準備がまるで進まない。実家から出るのでこの機会にと整理整頓も兼ねて箱詰めをしているのだが、半日で3割程度の進捗となってしまった。明日はがんばる。明日はなんとかする。今日はもう寝る。 築地市場: 絵でみる魚市場の…

トラブルかもしれないから栗のサントノーレを食べたよ

朝いちばんに仕事用携帯電話に連絡が入った。普段は持ち帰らない電話に、見知らぬ番号が表示されている。その不吉な予感通り、今日は急遽、休日出勤することになった。 あれこれ忙しく、気がついたら午後の2時過ぎ。できることはやった。火曜日、平日までは…

ありがとう廻り

休暇を取って、引っ越しの準備を進める。といっても貴重な平日休み、箱詰め買い物は後回しにして、お店をやっている友人達に会ってきた。 厚切りベーコンとキノコのクリームスパゲティ。 安納芋のプリン。 飲食店を営んでいる友人知人と長話をする機会は少な…

土産配りと小さな飲み会

飲み会に参加して、帰宅が今。自分の送別会という名目だが、実体は前職で知り合った友人知人との近況報告会。いま、とても眠い。 狭くても、料理が楽しい台所のつくり方 作者: 後藤由紀子 出版社/メーカー: 日本文芸社 発売日: 2016/11/04 メディア: Kindle…

出張報告 その3

滞在先が1都市の国内出張にしては、5日間は中途半端に長い。 訪問先が同じ会社と人間だから、どうしても先方の都合で“空き時間”が生じる。 そういう時は、会議室の隅やカフェでパソコン仕事をしながら、職場へ相談や報告をする時間が多い。 ただし仕事場に…