読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銃剣道と小松未歩と。

お昼休みに、年若き同僚が「銃剣道が復活するとしても、イケメンに限るよね」と言い出した。いや、若いといってもイケメンなんて言葉をさらっと使うあたり、ひと昔前の若者っぽさが溢れる人なのだが、本人が若者だと信じているのだから若者なのだろう。 ちな…

知ったかぶりの人

職場でたまに話す女性社員さんが、とにかく「知らない」とは言えない質で、それに気付いてからはなんだか彼女の“嘘”ばかり記憶に残ってしまって、雑談の内容がうっすらとしか覚えられない。 例えば今日は「ラプサンスーチョン」というお茶について話した。僕…

とんかつとまんが、フランス郷土菓子と女装男子。

職場の人と昼休みにトンカツの話になって、なんだか無性に食べたいね、という事で仕事帰りにトンカツを食べてきた。ごく普通の、国道沿いのチェーン店で、メニューだっていちばん最初に載っているロースカツやヒレカツといったベーシックなものを注文したの…

ガソリンに火をつけろ

暗くなってから帰宅。小雨のなか、消防車が「火災予防運動」のためにゆっくり巡回していた。「乾燥しているので云々」とスピーカーから聞こえる。 なんだか勿体ないな、と思ってしまう。無駄が多い。 わざわざ消防車なんて燃費の悪い乗り物で街を走らなくて…

♪Fly me to the moon.

たまに設備を借りにやってくる別の部署のおじさん、伝え聞くに実はとても凄い研究者とのことだが、気さくでお洒落で、いかにも自分の研究が大好きでたまらない、という雰囲気が素敵だ。実験の話になると止まらないけれど、その時間で給料が貰えるのだから、…

給油停止に遭遇

車の給油ランプが点灯して3日目。そろそろガス欠が怖い頃合いとなったため、ガソリンスタンドに立ち寄る。今回はセルフ式のスタンド。 セルフ式は、この季節は寒い。でもまあ、自宅の近くで入りやすい場所というと、どうしても同じ店になってしまう。価格は…

エンストとインフル

職場の、やや偉い人と雑談をする機会があった。この人は「もうすぐ定年、そして妻子もいるのに、一人旅が趣味」という事を自らの(愛すべき)キャラクターとして話したがる。むしろ、自分のそういう部分を伝えるために、旅について話すきらいがある。旅の話…

魚の目、鶏の足

昼休みに「どうしても食べられないものと、想像力」についての話題となった。簡単に書くと、いつも一緒に社員食堂で集まるメンバーの1人が、こういう事を言い出したのだ。 自分は鶏肉が食べられない。なぜならば、鶏の足や皮を連想するので。 自分は尾頭付き…

矜持と病気とピーマンと。

同じ職場の人が、急に辞めることになった。体調を崩してしばらく休んでいて、今週も本調子ではない。さらに、何か思うところがあるのだろう、来週までで辞めさせてくださいと上司に伝え、昨日から公になった。有休消化などの都合で、実質的には今日が最後の…

デパ地下が台無しだぜ!

仕事の合間に雑談。 バレンタインデー近くになるとデパートの食品売り場などに、普段は見かけない、高価でお洒落なチョコレートが並ぶよね、ああいうの買いに行く?みたいな事を聞かれた。 僕の場合、通りがかりに気になるものがあれば買ってしまうことはあ…

猫を喰らう #冬の味覚 #アメリカンショートヘア

先日、Tumblrに少し書いたのだけれど、我が家に変な来訪者があった。知らないおばあさんが「猫を貰ってくれないか」と声をかけてきたのだ。我が家というか、自宅のある私道は他の家 の玄関も面していて、ちびっ子の遊び場でもあって、休日はそれなりに人の姿…

何も言わないのと同じこと

もはや仕事納め気分の木曜日。僕の仕事に関しては、大がかりな設備は数日間かけて停止させて年越しをするため、来週は細々した仕事ばかり。そして、年末に大掃除をする職場でもあるので、今日から既にお片付けモードだった。 そんな朝に、同じ敷地の別の建物…

箇条書きの月曜日

スーパーマーケットにて「豆乳で作りました」と書かれた豆腐を発見。合成でない本物の豆腐だ! 家族が留守の間に、近所の人と親類から野菜が届く。大根、蕪、さつまいもがベランダに積まれていて、「笠地蔵」めいた風景。 スーパーマーケットで衝動買いした…

言えないことを言ってくれる人

昨日からアメリカ大統領選挙の話題でTVもSNSも大騒ぎ。例のトランプ氏の当選の話。 TVニュースで、トランプ氏に投票した人が喋っていた。「俺達が言えないことを言ってくれる人だ。だから選んだ」。なるほど、言いたくても言えない事が多いのだろう。気持ちは…

していただきたく

今の勤め先でよく見かける言い回し。メールなどの文章に登場する。皆に「こうして欲しいと思っています」という意味で使う。「事前打ち合わせをしていただきたく。」自分は使わない。たぶん「…していただきたく存じます」とか、そんな風に書くのが正しいのだと思う…

タテマエは形を変えた本音なんだよ

とりあえず言ってみたら、なんとなく含蓄があるような言葉。それが「タテマエは形を変えた本音なんだよ」。今日、即興で考え、使用した。 職場の若い人(といっても30代)が、何であれ「本音と建前があったら本音が善」という評価をするので、ついこんな言葉を発…

そこかしこに黒やグレーの染みがある企業

昨今、ニュースに取り上げられるような長時間残業やサービス残業はもちろん酷いことだけれど、ごく短時間の無賃金労働だって、減らせるものなら減らすべきだと思う。そういう発言を(具体例を挙げて)上司に提案したところ、まるで通じなくて困った。 例えば…

金木犀のジャムとその他の雑感。

午前中は休暇。庭の金木犀を少し摘み、ジャムを作って食べる。参考にしたのはこのサイト。 www.02320.net あ、ジャムじゃなくてシロップか。ホットケーキにかけてみた。貧相な(というのは、ホットケーキミックスが無くて、小麦粉や玉子を混ぜて作ったので。…

すごく簡単な作業なんだけど

夕方、同僚から連絡があった。「すごく簡単な作業なんだけど、やってくれるかな」みたいなメッセージがLINEで届く。経験上、こういう書き方で始まり、まともな終末に至った例が無いのだが、でも話は当然、聞いてみる。 要は「パソコンを使うと簡単だが、手作…

買えるけど買わない

仕事帰りに立ち寄った農産物直売所で、松茸が売られていた。別に買おうとも思わなかったし、今のところ売り場の景気付けなのだとろう、買っている人もいなかったようだ。 子供の頃に松茸を食べた記憶が無い。貧しい家ではなかったと思う。両親は共働きで、2…

あたりまえの言霊

近所の床屋さんでは、「軟水」をシャンプーのすすぎに使っている、とのこと。そういうポスターが貼ってあった。 この前行ったラーメン屋では、「旨いかどうかはあなたが決める!」と書いてあった。 先ほど開封したビタミン剤は、防腐剤不使用を謳っている。 特に…

疲れた疲れたもう寝よう

寝れば回復するほど単純ではないけれど、でもとにかく寝ます。 今日は仕事が忙しくて、先ほどまで働いていた。お風呂には入った。髪が乾くまでのあいだ、雑感を以下に記す。 帰宅時にコンビニエンスストアに寄った。店に入るなり、レジ係に「なんでもいい、す…

損得と善悪

同僚じゃないけれどよく話す間柄の知人が、パワハラやセクハラめいたことを受けて困っている。僕の意見としては、何らかのアクションを起こすべき局面。でなければ早晩、心身を病むだろう。 が、もどかしいことに、この知人は「自分が我慢する」と言ってきかな…

メダルの数と速報は

まぜそば、という麺料理(?)を食べる。味は良いが店の演出・接客が酷い、という困った状況。でも残さず食べた。満腹。 #まぜそば ここ数日、テレビに速報のテロップが流れることが増えた。あのチャイム音とともに。もちろん事件や災害ではなく、オリンピッ…

空耳に答えると

なんとなく不思議な趣きがある、でも単なる偶然、という状況に遭遇した。 ひとりで仕事をしていて、さてお手洗いに行こうか、と立ち上がった時に、空耳が聞こえた。わりと近くで、子供のような声で、「違うよ」だったか「そうじゃないよ」だったか、気安くて否定…

ウナギが絶滅しても、コンビニは無くならないじゃん

表題の言葉は、今日、お昼休みに聞いた。 ウナギに関しては、県内に産地を抱えていることもあり、まるで無関心という人のほうが珍しい。僕のようにWebや書籍で状況を知っている人や、新聞を読んでいる人の多くは、「むやみに食べるのは止めておこう」というの…

選挙の効能

昼休みに「昨日の選挙」について話していたら、「あ、自分は行っていない」と話を遮られてしまった。いつも意識の高い言説が好みで、自宅の靴箱の上には自己啓発本やスヌーピーの言葉の本を飾っている、ついでに言うとディズニーランドによって世界平和が完成す…

甘さ控えめで思考停止

「甘さ控えめで美味しい」という言い回しがある。それ自体は悪くないが、あまり連発されると、なんとなく引っかかる物言いではある。甘さが控えめである=美味しい、を自明の事、常識として疑わない人間の言葉なのだと思っている。 同様の、もっと“引っかかる”…

手は止めずに、口は噤み、耳は最高感度で。

仕事中に、隣の机で上司と同僚が話を始めた。「来月で、仕事辞めます」「また急だな。理由は?」「役割期待に見合った給料ではないからです。結婚する予定ですが、これでは生活できません」「役割って、この前、『やりがいのある仕事』って言っていたじゃないか」「や…

頼まれて作る時に。

パソコンで印刷物の類、例えばフライヤーやショップカードを作ることがある。元々、それが趣味であり、プロには及ばないものの、自分なりに「できること・できないこと」の区別がつく位の経験はある。 だから友人知人に、そういったものの制作を頼まれる機会が…

ノーメディアデーとは、USBとは。

隣町に「ノーメディアデー」の幟が立ち並び始めた。「毎月8日はノーメディアデーで明るい家庭を実現!」とのこと。なんとなく不穏な旗である。いよいよ田舎が自閉モードに切り替えたのか、と戦慄した(衰退がトレンドの町なのだ)。が、調べてみたら何のことはな…

いつまで経っても慣れないこと

いくら年齢を重ねても、上手く納得できない事がある。歳をとって気むずかしくなったとか、それなりに知識がついてきて受け入れられないというよりは、昔から折り合いをつけようとしても着地点が見つからないことが、いくつか存在する。 例えば、トイレや公共…

クレソン蕎麦・考えてものを言うこと・パスタ入りグラノーラ

夕食に「クレソン蕎麦」を作った。ちょっと目新しいことをやっている蕎麦屋さんで見かけるメニューの真似。乾蕎麦と濃縮めんつゆで作るくらいが、クレソンには合っていると思う。あまり上品に、本格的に作るものでもない。そういうものが食べたくなったら、お…

センスは無いのか違うのか?

日本語は片言、英語の読解は達者だが会話は苦手、という海外からの研究員さんから声をかけられた。「あの子が、センスが無い、って言ってたんだ。酷いね」と。 ずいぶん傷ついて、というか動揺している様子。センスが無い、と発したのは、彼にサポート役とし…

伯母の通夜式

伯母の通夜に参列してきた。 余命1年と宣告されてから2年以上も頑張って、先日ついに亡くなった。末期ガンは本当に辛いと聞いていたが、僕が半年前に挨拶(最後の挨拶に…と言われていたのだ)した時は、ぼんやりしていたが穏やかな表情だった。今日は、死化…

ラジオ体操とふるさと納税

他人の話を聞かない人にも色々ある。今の勤め先では、隣の席の青年が、「考えが浅い」タイプの、他人の話を聞かない人だ。 職場に隣接する小さな工場では、朝に全員が整列して、ラジオ体操をしている。忙しい時間に、大変そうだ。で、「あれは“職場のとりくみ”…

自転車の整備と旅の支度と

普通に帰宅。のはずが、うっかり買い物などをしていたらすっかり夜に。その後、荷物をまとめたり、細々とした捜し物をしていたら、こんな時刻になってしまった。具体的には、自転車の後部ライトの電池ケースのフタが行方不明。ただ、その詳細を書くと睡眠時…

ポケットにフォーク

同僚が「パジャマの胸ポケットにフォークを入れたまま寝たところ、胸に傷を負ってしまった。つきましては、半日の休暇をとりたい」と、連絡してきた。それが本当かどうかはわからない。なんとなく、パジャマの胸ポケットにフォークを入れたまま寝てしまいそう…

不幸を糧にする不幸

奴隷は不幸を代償に糧を得る、職工は責任を果たし賃金を得る、と何かの本に書いてあった。いや、正確には忘れたけれど、そういう意味の言葉だった。 今日はしっかりと残業をした。いわゆるQC活動的なものに関わっていて、まあ例によって「活動のための活動」な…

丸源ラーメンに!

夕食は「丸源ラーメン」という店で済ませた。 しっかり残業して、しかも帰宅しても誰もいない、という状況。何かを作る元気が無い。ちょっと身体に悪そうなものを食べてみたい気分だった。 国道沿いのチェーン店のラーメン屋には縁が無くて、特にこの「丸源」は…

久しぶりにクスリでふらつく理由は。

昨晩、どうしても寝つけなかった。これ以上睡眠時間を減らすと翌日の仕事に差し支える、という状況。ちょっともやもや考えてしまう事があって、なんというか、ストレスによる不眠っぽさがある。だから、余計に神経質になってしまう。 ちなみにその「もやもや」…

平均の覚えかた

先輩社員に、Excelの関数、平均値を返す「=AVERAGE」を教える機会があった。直接入力で関数を使うことが無かった人なので、このAVERAGEという文字列も馴染みが無いとのこと。そこでこう、彼女がぼそっと言ったのだ。「…あぶらあげ。」 いや、全然アブラアゲじゃ…

第六十四凶

先日の法多山詣で購入したお神籤。いや、神籤は購入とは言わないのか。 ともあれ僕は信心が無いので、一緒に行った人達と楽しんだだけで、だからどうこうする、というものではない。 本来は「厄除け」の寺なので、こうして酷いお神籤を引いてから(だから凶が…

率の話、猫の話。

仕事中に、「○○率の求め方」について聞かれた。例えばある材質の伸縮率とか、変化の度合いを%で表すための計算式。「すっごく基本的なこと」と恐縮していたが、確かに上司には聞けないかもしれない。僕は今の職場で、その種の疑問にカジュアルに回答する立ち位…

3つの出来事

職場の若手、といっても30代なのだけれど、とにかくいちばん若い人が、いくぶん常識に欠けていて面白い。今日は、「頸椎とは、病巣や異常部の名称ではなく、健康な人にも存在する部位である」と説明する機会があった。いたく感心したようで、「そういう事は、ど…

女子会に招かれて理系っぽい話をする夜

仕事中の休憩時間に、数年前の化粧品による健康被害の話題が出た。話をふんふんと聞きながら、その時は黙っていたけれど、でも考えていたことがある。要は「廃油から作られる化粧品がある」という話。 この「廃油エピソード」は、今後数十年は、”固定”されちゃっ…

現実はいつも想像を超えて

揶揄よりも実物のほうが凄い、という事態にしばしば出くわす。 いつも通勤時間に、高校生達が「朝練」をしている。十中八九、野球部だろう。彼らのお揃いのジャンパーというかコートというか、防風性と防寒性に優れた外套の背中に「仲間だけが正義!!!!」と、筆っ…

ブラウニーは大丈夫だから

職場の先輩が、ブラウニー(僕が持ってきた)を美味しそうに食べていた。「あっチョコですよ」と声をかけたが、「大丈夫だよ」と気にしない。この人、アトピーやアレルギーが酷くて、医者にチョコレートやサラダオイルを止められていると言っていたのに。 チョコ…

難しいアートと、とにかく大きな声で挨拶をする人。

同僚というか、同じ実験室を共有している青年が、なんだかいつも妙なのだ。以前、仕事を教える時に、「とりあえず見ていて」とまず僕が手を動かして、その後に「じゃあやってみようか」と機器を渡したら「いや、見ていただけで、覚えていません」って言われてしま…

モチベーション原理主義

職場で知り合った人から相談を受け、食事を兼ねて話を聞いてきた。実は昨日も、別の人からの相談があって、そちらはSNS経由での対応をした。そういう相談役になることが多いほうだとは思う。世間一般の水準は知らないが、少なくはないはずだ。では得意か、好…