逆さ富士と雑貨と美味しいもの

ふと思いついて富士市にまで行ってきた。目的地は「富士中央公園」、今日は「ふじのくにアートクラフトフェア」を開催中。富士市は遠いが、行って良かったイベントだった。 天気は快晴。富士山がくっきりと見える。この中央公園では池に逆さ富士ができていた…

京都から帰ってきました。とりあえず伏見稲荷について。

大阪・京都の旅は無事に終わることができた。昨日は雨だが、今日は快晴と少しの曇り空。旅にとっては最高の天気だった。 京都散策 ひたすら歩いた。というか、京都盆地の東側ばかり行き来していたので、どうしても坂が多くなってしまう。まさか太秦映画村に…

大道芸ワールドカップin静岡 2017 最終日

大道芸ワールドカップ 大道芸ワールドカップin静岡も今日が最終日。今年はガイドブックを家に忘れてきて、それでもなんとかなるかと頑張ってみたのだが(いつもは何とかなっている)、ぱっと見て好きそうなアーティストになかなか巡り会えなくて、つまりはな…

大道芸ワールドカップin静岡2017(2日目)及びスマホ売却など

大道芸ワールドカップin静岡 今日が2日目。僕にとっては、今日が今年最初の大道芸ワールドカップ。とはいえ、予定が立て込んでいて、それほど沢山は見物できなかった。 www.daidogei.com 買い物の合間に、主に駿府城周辺の会場で観覧した。個人的に好きなの…

東海大学海洋学部の文化祭「海洋祭」、そしてPappusの「キウィフルーツのショートケーキ」。

海洋祭 静岡市清水区、三保半島の先端近くにある東海大学にて文化祭が開催中と聞き、見物してきた。学生数のわりにキャンパスは広いと思う。松林のなかに4階建てくらいの校舎が点在する、なかなか珍しい風景が楽しめる。時折、古い機器(おそらくは海の研究…

小さな芸術祭と高波オイスター

めぐるりアート静岡 静岡市の5箇所で開催中の芸術イベント『めぐるりアート静岡』のうち、東静岡駅のすぐ隣にある「アート&スポーツ広場」の展示を見てきた。 ここは大昔、1/1ガンダムの立像があった場所。いつになったら“有効活用”されるのだろう。今はだ…

旅の思い出を少し

旅行の後に「やっぱり自宅がいちばん」としみじみ思う、なんて事が僕はまるでなくて、もちろん「地元がいちばん」とも考えずに、その土地に住みたくなっているし、もっと言うとすぐに次の旅に出たい気分がしばらく続く。先日までの2泊3日、広島県への旅もそ…

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

なんとなく制限していた映画鑑賞を再開。映画は気軽な娯楽で趣味だが、街に出て映画館に入り…と家を出てから帰宅するまで、案外時間がかかってしまう。田舎暮らしの辛いところで、駐車場の心配も要るし、往復の時間だってかかる。どうしても観たい作品は万難…

花火の音と、残りもの。

車で帰宅途中、遠くから花火の音が聞こえた。なるほどお盆の花火大会か、と周囲を見回すが、花火そのものは見えない。 市街地に入ると、浴衣の人達がぞろぞろ歩いていた。もう花火自体は終わっていて、これから帰宅という時間帯。そういえば友達に誘われてい…

アイスハーブティーと夏祭り

自分のことは後回し、友人知人から頼まれていたあれこれを済ませていく、そんな金曜日。 友人のお店でパソコンとインターネットのアドバイスをしたり、知人宅で家電をセッティングしたり。みんな喜ぶし、人によっては恐縮するけれど、僕としてはとても楽しい…

あとしまつには麦のトレー、そして至近距離の打ち上げ花火。

昨日の退職で持ち帰った私物を片付けていただけで半日が終わってしまった。なにしろ明日も明後日も休日だから(正確には勤め先の夏休み、だから僕はまだ在籍している)急ぐこともない。なんとなく休養を優先する気分でもあるし、ただでさえ面倒な文具やファ…

台湾フェア:Atelier petit* calin

静岡市のケーキとカフェのお店、「Atelier Petit* Calin」で台湾フェアなるイベントが開催されている、というので行ってきた。 店主さんが台湾旅行を楽しみ、その思い出と経験と、それから買ってきた雑貨や食器類を活用し、台湾の甘いものを売る、という催し…

ぜんぶ観た!帰ってきた!楽しかった!:北アルプス国際芸術祭2017

旅が終わって、その日に行った場所のことを思い出すと、不思議な気持ちになる。「今日の午前中はあんなところを歩いていたのに、今はもう家で、いつもの風景」という感慨のようなもの。旅で知り合った人とも、もう完全に他人。今はFacebookやInstagramでのフ…

そして旅の前の日

明日は朝早くに出発し、長野県を目指す。 以前から書いていた「北アルプス国際芸術祭2017」に行く。どうやら晴れそうだ。距離感は、頻繁に行く三重県北部とそれほど変わらない。つまり、長距離運転の時間は、三時間以上、四時間未満といったところか。上手く…

7月7日、曇りのち晴れ

七夕である。日付としては7月7日だが、神事(祭事?)そのものは「6日の日付が変わった頃から明け方まで」の夜間こそ本番というか、本来の七夕である、と本で読んだことがある。クリスマスイブが実は「クリスマスの前の日」ではない、みたいなものか。こうい…

函南熱海三島そして沼津

日帰りで静岡県東部を探索してきた。いくつかの目的地を決めた以外は、かなりいいかげん。食べて買って、自転車に乗って、とまあいつも通りの遠出。どういうわけか出費が多かったけれど、それ以外は問題無し。 まずは、ずっと前から行きたかったアンティーク…

仕事帰りに映画を観てラーメンを食べる

自分としては本当に久しぶりの行動パターン、仕事帰りに街に行き、映画を観て、帰りにラーメンを食べる、という行為を楽しんできた。 映画は「夜は短し歩けよ乙女」を観た。本当に素敵な作品で、今も思い出してはふわっとした気持ちになっている。原作小説を…

明日は祝日!

今日から休暇を取っている人が多いのか、通勤の渋滞具合は控えめ、それから職場の駐車場も少しだけ空いていた。僕はカレンダー通りの休暇となる。泊まりがけの旅はしないから、これで十分。 とりあえず明日の祝日を祝おうと思う。休日だからめでたいのでは無…

ベーコンと豆

昨月だったか、ベーコンを加熱せずに食べる、という話を聞いた。僕の生活圏では、遭遇したことがない。少なくとも自分は、ベーコンは加熱して食べる。 たぶんそのままでも食べられるのだとは思う。同じ豚肉の塩蔵品であるハムとは、使う部位が違う程度だろう…

ガレット・デ・ロワに繋がる1月2日

僕の住む土地は、どちらかといえば東西の移動が容易で、南北は面倒。大きな国道やバイパス、鉄道が東西に走り、南は海、北は山。でも、正月休みには、その東西の交通が不便になる。何処に行っても、小規模ながら渋滞に遭遇する。用事があれば我慢できるが、…

ビスケットキングの復活

再び出会う日が来るとは思わなかった。いま静かに、その喜びを噛みしめている。それにしても美味しいアップルパイだ。 そう、あの(個人的)名店、静岡の「ビスケットキング」が、藤枝市に復活していたのだ。 自分のブログを検索してみる。2011年の秋に閉店…

静岡大道芸ワールドカップ2016と、「つきさむ」のおやつ

今日は良いことが2つあった。 まず、先日から楽しんでいる大道芸ワールドカップ、これを満喫できた。昨日までは諸事情あって、楽しいのだが反省、あるいは楽しめるほど観覧できない状況。が、今日はきちんと街のお祭り騒ぎを楽しめたし、「やっぱりいいなあ」…

サンドイッチとケーキと大道芸

文化果てる地、という意味の古ゲール語が転訛して「静岡」となったと聞く。21世紀になった今でも、文化的なものに乏しい土地柄は変わっていない。新幹線だって大半は通過していく。そんな静岡県の県庁所在地における数少ない文化的なイベント、「大道芸ワールド…

10月8日(土)観音寺、本島、丸亀 #瀬戸内国際芸術祭(後編)

実はもう記憶があやふやなところがある今回の旅。印象がぼやけている訳ではなく、色々と渾然一体で時系列や土地との繋がりがわからない感じ。写真を眺めるとしっかり思い出す。 本島での展示では、特に「産屋から、殯屋から」が気になった。現代アートで穴蔵…

祭り疲れ

仕事のあとに、職場の人達とお祭りに行った。週末の夜に同僚と、ということはまず無いのだが、今日は退職する人がいるという事もあって、仲の良い数人で遊ぶことに。僕としては、送別会という名の飲み会よりも好きな時間の使い方だ。にこにこ笑って、楽しく…

第六十四凶

先日の法多山詣で購入したお神籤。いや、神籤は購入とは言わないのか。 ともあれ僕は信心が無いので、一緒に行った人達と楽しんだだけで、だからどうこうする、というものではない。 本来は「厄除け」の寺なので、こうして酷いお神籤を引いてから(だから凶が…

元旦・快晴・栗のタルト

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 さて、最近は、といっても1年に1度だから実際のところはわからないが、とにかく最近は「あけおめことよろ」という言い回しは廃れてしまったようだ。少なくとも、メールでその種のやりとりは、…

大道芸ワールドカップ静岡

実は一昨日もその前日も行っていたのだが、今日もまた『大道芸ワールドカップ』に行ってきた。静岡の街で開催されるイベントのなかでは、いちばん好き。クオリティとして、あるいは賑わいとしても、飛び抜けた存在だと思う。 今日は初めての友人達を案内。ず…

自堕落日曜日

昨日はずいぶんのんびりした。だから今日こそ、しゃきっと有能に家事雑事を片付け、この夏休みを存分に愉しむ「下地」を作るつもりでいた。 だが、寝坊した。もうすぐ昼、という時刻に、「どうしてこんなに寝起きっぽいのだろう」と考えていた。どうしても何…