生活

梅と菜の花と羽虫そしてExcel

曇り空、なんとなく薄暗く、気温も低い。とはいえ半月前の寒さに比べたらまるで暖かい。短時間ならばコートも要らない。梅も菜の花もオオイヌノフグリも咲いていて、車を走らせていると小さな羽虫がフロントガラスに当たる。なるほど春だ。 しかし僕は、少な…

雨水に初売り

今日は雨水。手元のカレンダーでは「Yushui」と書かれている。調べてみたら中国語だった。自分は今まで「うすい」と読んでいた。実は勘違いだったら、と考えたら変な汗が出てくる。幸いなことに「うすい」が正しくて今回は事なきを得たが、こういう読み間違…

金メダルと担々つけ麺

ようやく外を出歩ける程度の体調になった。まだ体育は見学(比喩)だが油断は禁物、という程度。 友人夫婦の家に届け物をしたついでにお茶をいただく。奥様(とても聡明な女性)が今日は何やらおかしい。目がきらきらとして、何かを話したがっている。 とい…

ショコラテリーヌの後に豆のカレーを。

無限大、という概念は凄い。無限大を2つ持ってきて混ぜても無限大、100くらい抜いても無限大。それだけでなく、半分に割っても無限大は無限大のままなのだ。そう本に書いてあった。 ところで、子供の可能性は無限大だという。僕はもう完全なおっさんで、だか…

豆を漬けて、豆を焼いて。

きちんと起きて家事をして、工作も少し進めたところで眠くなって、11時から13時30分という妙な時間に昼寝をしてしまった。見たかった映画も、行きたかった美術展もパス。まあ、これは来週も再来週もチャンスがあるから良いものの、全体的に低調な、後で振り…

九州旅行3日目 福岡

先ほど帰宅した。帰路は順調。朝からの雨も、福岡空港に着いた頃には止んで、飛び立つ頃には快晴だった。着陸の時は少し揺れたのだが、雲の上では快適そのもの。九州や四国の山々に雪が積もっているのが見えた。 飛行機が揺れるのは嫌なものだ。でも、僕は動…

芋切り干しスープとバター餅

昼食 昼休みに自宅に戻り、昼食を作った。出社した時に申し込めばお弁当が届くのだが、ここ数日の当番(申し込み用紙をチェックし、給食業者さんに連絡する)がうっかりしていて、少なく注文していたのだ。 帰宅しても誰もいない。使って良い食材とそうでな…

今日の、北街道の、美味しかったものたち

つきさむ 1月のごはん ごはん 味噌汁 春巻き ほうれん草のナムル 厚揚げのみぞれ煮 大根なます 豆乳ゼリー コーヒー 春巻きの中身は野菜と春雨。でもいわゆる中華風のとろみのあるものではない。ほうれん草のナムル、胡麻油をしっかり利かせて、海苔をたくさ…

散歩ができない寒さと、あべこべの町と、ジャガイモとサツマイモの料理。

寒くて、恒例の散歩ができない。いつも昼休みには、食後に散歩をする。職場から出て20分ほど、ただ歩く。公園や神社もあるが、ただ畑や田んぼの間を歩くことも多い。中途半端な宅地や中小の工場、それから川縁の道。歩く場所には事欠かない田舎なのだ。 通勤…

冬休みの終わりと成人式

明日は1月最初の出勤日。12月末に様々な懸案を放置していた気がするが、すっかり忘れてしまった。まあ、職場に行けば思い出すだろう。 今日はひたすらに家事をしていた。ようやく模様替えが完了。といっても、棚をひとつ片付けて、新しい棚に物を移しただけ…

帰ってきました(静岡へ)

無事帰宅。 昨晩は友人宅へ泊まらせてもらった。恒例の三重県への旅はリゾート旅行みたいなもので、往復の運転時間はそこそこあるものの、心身ともに負担がまるでない。 友人達は歓迎してくれるし、観光のために迷うこともないし(なにしろ昔住んだ土地だ)…

タルトタタンと大晦日

今年は色々なことがあった。なにしろ転職をしてしまった。いずれ辞める仕事だとは思っていたが、まさかあのタイミングで、と今になって少し怖くなる。感情的に、衝動的に辞表を出したわけではないにしろ、思い切った決断だった。幸いなことに新しい仕事も目…

筋子をチン!

ものすごく久しぶりに、コンビニエンスストアのおにぎりを食べた。昼休みに外出して、届け物その他の諸々をしていたら、ごはんを食べる時間が無くなってしまったのだ。だからコンビニで買って、誰もいない部屋でこそこそと遅めの昼食を済ませたのだった。は…

ひとりぶんの軽微なご馳走:クリスマスバターチキン簡易版

無印良品のTwitterで知った「カレー味のローストチキン」を参考に、その手間を1/10程度にした鶏肉料理を作り、夕食とした。本家本元のレシピでは、無印のレトルトカレーの定番である「バターチキン」を生の鶏肉に塗り下味として、その後はオーブンで野菜とと…

ほんのりと風邪気味

用事を済ませて帰宅して、なんだか頭が重い感じがして、これは寝不足ではないかと1時間だけ寝たところ、どうやら風邪っぽいことが判明した。 咳もくしゃみも無く、体温が少し高くてぼうっとする程度だから、きちんと対応すれば何とかなるだろう。 全然関係無…

12月のごはんと、フランクフルタークランツと。

午前中はきちんと働き、午後は買い出しをして、その後は直帰、というやや不思議な勤務形態の日。これは「社外のパソコンから社内ネットワークとサーバーに接続する」環境を僕が構築していて、そのテストをするにあたり僕とその自宅が最適とされたから。家に…

Atelier Petit*Calinのケーキと、読書「先生とそのお布団」と、穏やかな日曜日。

休日。映画を見損ねた。それでも静岡の街には用事があって出かけた。自転車だと少し寒い。とはいえ、今のところ真冬のコートは着ていない。軽いものを重ね着してなんとか過ごせているのだから、静岡はやはり温暖である。 午前中のおやつに「Atelier Petit*Ca…

ダウンベストがお気に入り

スーツを着て出張に行くようになってから、ダウンベストが大活躍している。 インナー用の薄手のもの。無印良品で購入した。似たようなものはユニクロなどにもある。ファストファッション店の定番なのだと思う。襟が無いVネックみたいな感じで、それだけでは…

ブラジルごはんの日

用事で焼津市の海のほうに行ってきた。さてお昼はどうしよう、と考え車を走らせているうちに、旧大井川町の辺りまで来てしまった。ここまで来たのだから、と「ブラジルフレッシュ」を目指す。 「ブラジルフレッシュ」は、いわゆる“ブラジルショップ・南米食…

逆さ富士と雑貨と美味しいもの

ふと思いついて富士市にまで行ってきた。目的地は「富士中央公園」、今日は「ふじのくにアートクラフトフェア」を開催中。富士市は遠いが、行って良かったイベントだった。 天気は快晴。富士山がくっきりと見える。この中央公園では池に逆さ富士ができていた…

苦手な買い物と、リンゴのクランブルタルト。

新しい仕事に就いて2週目の来週、遠方への出張が予定されている。本社というのか出資元というのか、まあそこの偉い人と会ってくるだけなのだが、とにかく冬用のスーツを買う必要が生じている。 手持ちのスーツ(背広)は、ちょっと型が古いものと、いかにも…

無印良品のバターバウムと、いーふーふの日。

「バウムクーヘン」を「バウム」と略すとドイツ人にとっては何が何だかわからない、と聞いたことがある。ならば「バターバウム」は英独混ざった無茶苦茶な名前なのだろう。 その無印良品のバターバウムを先日買ったのだった。例のスティック型に切り出されて…

パテとハムのバインミー、旅の疲労と移動距離。そして Amazon Fire HD 10 への Google Playインストール手順(とトラブル対応) 。

パテとハムのバインミー 焼津市のベトナム料理店「ヴィナカフェ」にてお昼ごはんを食べてきた。来週から新しい仕事が始まるから、平日に遊ぶのは今のうちだけ。まあ、贅沢な話ではある。 バインミーのランチには生春巻や揚げ春巻、それにスープも付いてくる…

明日は大阪、明後日は京都

予定通り、明日から近畿へ旅をする。筋肉痛ではないが、少しだけ疲れが残っている。 太陽と乙女 作者: 森見登美彦 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2017/11/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 今回、新幹線の指定席と宿のセット(JRツアーズ…

占いはフィクションかノンフィクションか?

「大道芸ワールドカップin静岡」は、今日は行かなかった。 知らないうちに知人が亡くなっていて、その葬式というかお別れ会に行ってきた。 それほど親しい間柄ではない。成人してから疎遠になった親戚よりは近況を知っている程度の付き合いか。最後に会った…

小さな芸術祭と高波オイスター

めぐるりアート静岡 静岡市の5箇所で開催中の芸術イベント『めぐるりアート静岡』のうち、東静岡駅のすぐ隣にある「アート&スポーツ広場」の展示を見てきた。 ここは大昔、1/1ガンダムの立像があった場所。いつになったら“有効活用”されるのだろう。今はだ…

メディウムとレザーフィックス

寝坊と二度寝をしたら、ほとんど何もできないまま昼間が過ぎ去っていった。では夕刻から何かのスイッチが入っててきぱきと懸案を片付けていけたのか、というとこれがまるで駄目。日記には書きづらいタイプの土曜日だったといえる。 先ほどからぽちぽちとレザ…

はじめてのメルカリ

フリマサイトの「メルカリ」を初めて利用した。ふとした思いつきで、Fjallraven社のデイパック「Kanken」をひとつ買って、ちょっとした工作のベースにしようと考えたのだ。 インターネットは怖い。夜中に思いついて、メルカリのアカウントを取得して、お手軽な価…

絵本、かぼちゃタルト、選挙。

絵本を貰った 友達の手伝いをしたらお礼に絵本を貰った。こういうの好きでしょう、となんだか自信満々な友人。でも確かに好きなタイプの本だったからかなわない。 かなり大きなサイズで、作者は外国人で、大人も子供も楽しめる、そういう種類の絵本。 こうい…

ノズルとパウンドケーキ

消防署に行ってきた 雨の中、銀行と書店と雑貨屋に行く。電話がかかってきて車を停めた路肩、浅い溝にアルミと真鍮の筒が落ちていた。どこかで見た感じの質感とかたち。捨ててあるのなら欲しい、磨いて飾りたくなる雰囲気。 ああそうだ、と思い出す。これは…