読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルキストに会える場所

今日は数年に一度の、TVニュースで「ハルキスト」が観測できる日。つまり村上春樹氏の長編小説の発売日。 といっても、僕はこのハルキストという存在に遭遇したことがない。どこか揶揄を含んだ言い方なのだとはわかる。どのような揶揄なのかも想像できる。で…

♪Fly me to the moon.

たまに設備を借りにやってくる別の部署のおじさん、伝え聞くに実はとても凄い研究者とのことだが、気さくでお洒落で、いかにも自分の研究が大好きでたまらない、という雰囲気が素敵だ。実験の話になると止まらないけれど、その時間で給料が貰えるのだから、…

給油停止に遭遇

車の給油ランプが点灯して3日目。そろそろガス欠が怖い頃合いとなったため、ガソリンスタンドに立ち寄る。今回はセルフ式のスタンド。 セルフ式は、この季節は寒い。でもまあ、自宅の近くで入りやすい場所というと、どうしても同じ店になってしまう。価格は…

本を売ってケーキを食べる。

いわゆる「家のことをやる」日曜日を過ごした。本をまとめて処分する。シリーズで買い続けていた漫画も、1年読み返していないものは売ってしまう。1年前の今頃に、本棚や引き出しの撮影をしていたので、それと現状を比べる。ただ頭の中で選別するよりも、画…

魚の目、鶏の足

昼休みに「どうしても食べられないものと、想像力」についての話題となった。簡単に書くと、いつも一緒に社員食堂で集まるメンバーの1人が、こういう事を言い出したのだ。 自分は鶏肉が食べられない。なぜならば、鶏の足や皮を連想するので。 自分は尾頭付き…

金曜日に絵本のことを

平和な1日だった。しいて言えば、小雨が降って寒かった。仕事は忙しかった。そして、今は眠い。 ふと思ったことを書き留めて、今日の日記としたい。 キングコング某(にしのあきひろ)という芸人さんが企画制作した絵本がWeb上で無料公開されるという。これ…

りんごタルトで始まる元旦

ここ数年、元旦は帰省した友人と会うことがほとんど恒例となっている。あるいは知人夫婦に招かれて会食。それが今年は、都合によりぽっかりと暇な時間ができた。いや、元旦に暇なのは当然であって、家で心静かに過ごす休日が1年に一回くらいは必要だと思う。…

映画とか自転車とか南極建築とか。

風は強く、しかし暖かく晴れた祝日。 自転車に乗って、静岡市南部から市街地まで散策する。 映画館で「ローグ・ワン/スターウォーズストーリー」を鑑賞。良い作品だった。スピンオフとはこうでなくては。 感想は後日書く、と思う。 アート・オブ・ローグ・ワ…

三重県⇔静岡県 415km 22.9km/L

昨日書いたように、三重県の北勢地方へ遊びに行ってきた。かつて住んでいた土地。今も友人知人、お気に入りのお店がたくさんある。特に主な目的地である菰野町は、温泉や別荘地があって、県営の公園などもあるために、ほんのすこし観光地っぽい風景も楽しめ…

とてもとても眠い

土曜日。寒いが過ごしやすい晴れた1日だった。 通院の後に静岡の街まで行って、いくつか年末年始の品を買い揃える。自転車に乗る前後に、ようやくグリスアップと拭き掃除を完了できた。 昼食はSUBWAY。なにやら限定の「肉尽くしサンドイッチ」を薦められたの…

富士山がぱきっと綺麗だった金曜日と、パソコンの基本操作と、写メという言い方について。

寒くなって、いかにも冬が到来した感じがする。ちょっと前まで、雨が降れば気温も湿度も高かった。ここ数日、雨でも室内は乾いた感じで、晴れても寒い。県外では雪がふったと聞く。静岡県中部の平野部は滅多に雪なんて降らないが、遠くの山々の雪化粧で季節…

熱は下がった

昨日から引き続き、風邪。結局、今日も仕事は休んでしまった。 おとなしく寝ているのにも飽きたので、例えばAmazon Primeなどで映画でも観れば少しは有意義な休暇となりそうなものだが、頭があまり働かないし、気分としてもどんなジャンルの作品を観たいのか…

島田市の美味しいインド料理店「デリー」

雨上がり、昼前には道が乾いた。島田市の駅前に車を停めて、自転車でしばし散策。美味しいと評判のインド料理店に行ってみた。 駅からは少し離れている。僕は島田市の土地勘が皆無、だからGoogleMapに頼った。繁華でもないが閑静でもない、上手く説明できな…

東から西へのんびりと

久しぶりに、ひとつも予定が無い休日となった。いや、実際は静岡市美術館で開催されるという「スタジオジブリ・レイアウト展」へ行く予定があったのだが、ちょうど1ヶ月、日付を間違えていたのだ。たぶんカレンダー・アプリへの登録でミスをしていたのだろう…

映画『リトル・ボーイ』

先週の旅について思い出しながら、それを書く時間が無い。いま、寝る前の時間に「先週の今頃は…」と思い出している。不思議なことなどひとつもないのに不思議な感じがする。不思議だ。 さて今日は、街に出かけて遊んできた。いわゆる「静岡の街」と呼ばれる…

10月9日(日)女木島 男木島(前編) #瀬戸内国際芸術祭 そしてノーベル文学賞

今年のノーベル文学賞はボブ・ディラン氏。なんとなく「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」を思い出す。自分の中で古びない作品のひとつ。 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 上巻 (新潮文庫 む 5-4) 作者: 村上春樹 出版社/メーカー: …

旅の支度と、うどんの情報と。

今週末の旅行で丸亀市に泊まるので、夕食は「丸亀製麺」という讃岐うどんのチェーン店に行ってみた。製麺所を名乗るだけあって、入り口に小麦粉の袋が積んであって、その横に製麺の機械や道具があったりと(ちょうど洗浄作業中だった)、わざとらしさ溢れる雰…

サンマの塩焼き御膳など、4つの出来事。

今日は箇条書き。理由は特に無い。しいて言えば、書くべきことが思いつかないから。 「サンマの塩焼き御膳」と書かれた幟を見かけた。高級でも庶民的でもない、チェーン店らしいが支店を見たことがない、そんな中途半端な和食処で売り出し中の秋メニュー。目黒…

映画料金を無料にする方法

仕事の後に買物へ。ついでに映画でも観るかとシネコンに寄る。結局、時間の関係で映画は諦めて帰宅することにしたのだが、その際に妙な家族連れを見かけた。 シネコンのあの、チケットを持っている人だけが入れるエリア(名前は何というのだろう)のところに…

瀬戸内の宿

ようやく、秋の瀬戸内国際芸術祭に向けての準備が進み始めた。やはり、宿をとると、それを“起点”にプランが固まっていく。今回は島へは泊まらない。どこも宿が空いていなかった。まあ、最初の週かつ連休だから、仕方がないのかもしれない。 そして、生まれて…

宇宙の日

月曜日なのにこんなに疲れて大丈夫か、という疲労。だから、残業もそこそこに帰宅した。 家には饂飩があった。これは父が打ったもの。1人分、茹でて食べる。讃岐うどん風の薄い色の冷たい汁に、レモンの輪切りを浮かべる。具は鶏ささみ肉を茹でたものと、細…

彗星のかけら3つ -映画「君の名は」感想-

休日としては、まあ満足できる過ごし方だったと思う。でも今、淹れ立てのアイスコーヒーを300mLほど、床にこぼしてしまったので、日記を書く気力が失せている。 だから、先日観た、「君の名は」の感想を、他サイト(Filmarks)からコピー・アンド・ペーストす…

kindleのカバーを自作してみた

先月、新しいKindleを買った。電子書籍の端末として、想像以上の活躍をしている。なにしろ軽いから、どこに行くにも鞄に放り込める。読めれば良し、読めなくても邪魔にならない。スマートフォンを眺め続けるのもなんだかなあ、という場所や状況でも読書なら…

国道沿いの怠惰な大型書店

帰宅する前に、書店に寄った。自宅からは最も便利な位置にある、いわゆる「国道沿いの大型店舗」。品揃えは、雑誌は充実、漫画は雑、文庫本はひととおり(古いものは皆無)、ノンフィクションは意外と多く、小説は流行のものと新刊が中心。発売日に行っても小…

映画『裸足の季節』と、お土産配り。

映画を観てきた。感想は以下の通り。小さな映画館で、じっくり集中して観ることができたことに感謝したい。たまたま帰省中の友人達との映画鑑賞で、感想戦(?)も楽しい。が、映画は笑って楽しめるような作品ではなかった。とびきり美しいことは確かなのだ…

kindleが来た!

新しいKindleが届いていた。発売日に届けてくれたのに、僕は残業。まあそれでも、難しい初期設定が皆無な機械だから、夕食のあとにぱぱっと開封して、もう使えている。 サイズはこれくらい。文庫よりは大きく、新書より少し縦が短い。画面のサイズからすると…

本は買おう、できるだけ。

こうしてブログも書いているし、いろんなイベントの手伝いもしているから、職場では「インターネット・サービスに詳しい人」と見做されている。ブログの事は秘密で、特に具体的に(職場や定時後に)活躍している訳ではないにせよ、そういう噂は広まるものだ。 …

保存食の安い本

びっくりするくらいに仕事が忙しく、しかも残業した。たった1時間程度だが、疲労の具合は普段の残業の比ではない。疲弊、という言葉がぴったりの重労働だった。 そんなわけで、予定していた美容院は断念。そろそろ前髪を整えたいのに、という状況は大変に煩…

初コデイン

夜に咳が出る。昼間は飲み薬で4時間ほどは凌げる。風邪ではなくて、単に喉や鼻粘膜が荒れている状態とのことで、対症療法の薬で回復を待つ状態。 咳はともかく、なんだか疲れやすい数日間を過ごした。暑さだけではない、気がする。とりあえずもう一度、病院…

手は止めずに、口は噤み、耳は最高感度で。

仕事中に、隣の机で上司と同僚が話を始めた。「来月で、仕事辞めます」「また急だな。理由は?」「役割期待に見合った給料ではないからです。結婚する予定ですが、これでは生活できません」「役割って、この前、『やりがいのある仕事』って言っていたじゃないか」「や…

新しいKindleを買うにあたって少しばたばたしたこと、そしてスイートチリソースの活用。

昨晩、「新しいKindleを注文した」と、この日記に書いた。実は手続きを完了させる直前で日記は書き上げ(といっても7分程度で書いて、推敲はしていない)、その後に落ち着いてAmazonのサイトでクリックや入力をしたのだが、その際に大きな勘違いに気付いた。 A…

新しいKindle

先月の中頃からか、そろそろ電子書籍リーダーなるものを手にしても良いのではないか、と思うようになった。スマートフォンやタブレットでの読書にも慣れ、またライブラリーも揃い始めて、電子書籍への本格移行を考え始めたのだ。その時に問題となるのが、寝…

軽めの胃潰瘍と、水素水で茹でる蕎麦と。

理由はわからないが、胃潰瘍になった。医者が言うには「そういうことは良くあるので、あまり気にしないように」とのこと。なので気にしない。薬をどっさり貰ってしまった。それを飲んでいる間はとても調子が良い。昔、ストレスで胃が痛くなった時は、こうはい…

ノーメディアデーとは、USBとは。

隣町に「ノーメディアデー」の幟が立ち並び始めた。「毎月8日はノーメディアデーで明るい家庭を実現!」とのこと。なんとなく不穏な旗である。いよいよ田舎が自閉モードに切り替えたのか、と戦慄した(衰退がトレンドの町なのだ)。が、調べてみたら何のことはな…

久しぶりにCDを購入 -ハンバートハンバート 『FOLK』-

最近めっきり音楽CD、いわゆるコンパクトディスクのアルバムを買わなくなった。どうせiPodに入れて、車で聞くか、あるいはパソコンで再生するだけなのだ。物理的なディスクよりも、ダウンロード販売のほうが便利。 が、たまには例外もある。「ハンバートハン…

パリブレスト再び

今日は午後2時の時点で、決めていた。「仕事が終わったら、『パリブレスト』だ」と。 それくらいに頑張って働いた。単純な仕事量で比較するなら、ここ最近では飛び抜けて身体も頭も駆使した。詳細は略すが、要はとても疲れた。いわゆる「今日は発泡酒ではなく…

『mirumirubar』と図書館とコーヒーと。

最近は、休日はできるだけ映画を観ることにしていた。特にこの連休は、旅行以外は映画館、という感じの過ごし方。どの作品も素晴らしかったし、時間の使い方としては申し分ないとは思うが、なにしろ時間がかかる。映画自体はまだしも、映画館のある街までの…

映画『Mr.ホームズ』と、美味しいもの色々。

映画『Mr.ホームズ』を映画館で鑑賞。とても素敵な作品だった。 老いた名探偵、あのシャーロック・ホームズ氏の晩年、人生最後であろう「事件」を描いたお話。本作のホームズ氏は90代。仲間も家族も世を去り、田舎で養蜂をして過ごしている。すっかり老けて…

葱坊主の天ぷら

子供の頃から当たり前だが、いざ周囲に確認すると少数派、という習慣がある。特に食生活のそれは、本当に家により様々だ。 先日から、インターネットのあちこちで、「実は、葱坊主は食べることができるんです」という情報を見かける。これ、我が家では(おそら…

瀬戸内国際芸術祭2016春 旅の道具について

風景や見たものは写真やチケットの半券で思い出せる。今日は反省もかねて、道具について書き記しておく。モノの使い勝手は忘れやすいし、記録としては有用な気もするので。 まずは自転車。 おなじみの三角折りたたみ自転車である「STRIDA」。僕のモデルは変速…

「焼きレモン・タルト」と、映画『スティーブ・ジョブズ』。

静岡市は街をあげての「静岡まつり」で賑やかだった。でも僕は、このお祭りがあまり好きではない。大名仮装行列は良いが、いわゆる「YOSAKOI」じみた群舞が年々増えているのだ。地元にちなんだ創作ポップチューン・盆踊りみたいなものも、格好悪いし、うるさい。…

ハーゲンダッツのラムレーズン

今日も日記は短め。なぜならば、早く寝たいので。 今週は本当に滅茶苦茶だった。いや、日常業務は比較的穏やかだったのだが、それ以外の仕事で夜遅くまで残業したせいで、私生活が乱れてしまった。特にここ3日ほどは、洗濯物を畳む暇も無い状態。 ともあれそ…

ゼリーのイエの厳しさ

ふとした気まぐれで、「ゼリーのイエ」のゼリーを注文してみた。 噂には聞いていたが、確かにこれは厳しい通信販売だ。金曜日の21:00に受付開始。その後の数分間が勝負となる。 最初に選んだ、いちばん安く、届け日も近いものは、手続きをしている間に売り切れ…

日蝕の雨

楽しみにしていたわけではないが、仕事中に見られるのならばぜひ見ておきたかった自然現象、皆既日食。残念ながら雨のために、全く観測できなかった。 この日蝕、不思議なことに、今でも神秘的な効果を期待している人がいるみたいだ。そしてその根拠が「古代…

映画『完全なるチェックメイト』

昼から静岡のミニシアターで、『完全なるチェックメイト』を鑑賞。 チェスを扱った作品は、小説でもノンフィクションでも大好き。特に昨年読んだ『盤上の夜』は、読んでいて世界の色が変わったような不思議な体験だった。もちろん小川洋子の『猫を抱いて象と…

楽しい休日へ向けて

昨日から熱があった。なので臨時の、突発の、有給休暇。仕事のほうは、先延ばしが可能なものばかり、かつ他のスタッフも病気やその他の事情で休んでいる人が多く、この数日間は「がつがつ働かず、それぞれ調整期間に充てよう」という雰囲気だった。実際に僕に…

MARIATHANKのフランス的なみかんのムース

雨の静岡市中心街は、いささか散策しづらい。特に少し街外れに車を停め、そこから折りたたみ自転車での移動を主にする身としては、いきなり行動が制限されてしまう。完全に徒歩だと駐車場がどこも混雑しているし、わざわざ電車で行くのも不便だ。映画館、特…

昨日の出来事(6Stumps 三重県北勢地域6店舗合同スタンプラリー)

では昨日の日帰り旅行について書く。 毎年恒例の、しかし毎年少しずつ開催タイミングが異なるスタンプラリーが主目的。6つの個性的なお店を巡るイベントで、僕は第1回から参加している。実はイベントそのものに関わっていた時期もあった。 資本も経営も異な…

宿を予約し、その後に計画。そして羊羹と漫画。

春に予定している「瀬戸内国際芸術祭」への旅。なかなか準備が進まないので、といっても一人旅だから悪いのは全て僕なのだが、とにかくその停滞した状況を打破するために、えいっと宿だけ予約した。 直島と小豆島。どちらも港の近く。どちらも、とびきり安い。…

映画『オデッセイ』または「火星の人」あるいは「The Martian」。

映画『オデッセイ』を観た。原作小説は、昨年の個人的No.1(翻訳部門)。繰り返し読んで、公開日を待ち望んでいた。 ここまで好きだと、映像化された時の落差が怖い。でも、もちろん観た。 結果から書くと、とてもとても素晴らしかった。今のところ、ほとん…