外から見た日本のかたちと、親切を強要する僕達と、玄米茶のルリジューズと。

職場に来ている外国の人達と雑談をする機会があった。日本に長く滞在していても未だに慣れないこと、が主な話題。というか僕が質問した。 皆が、口を揃えて2つの“慣れないこと”を語ってくれた。 まず一つ目は、「気配り、マナーをルールとして定めようとす…

三重から戻ってお昼寝の日曜日

三重県から戻ってきた。今回は移動距離や訪問箇所はそれほどでもない。でも、友人宅に泊まった場合によくある状況で、やや寝不足気味だった。 かなり珍しいことだが、帰りの高速道路ではエナジードリンクを飲んでみた。エナジーといいつつゼロキロカロリー飲…

片岡温泉アクアイグニス

日帰り予定の三重県訪問、なんとなく友人宅に泊まることに。菰野町で夜を過ごしている。 こういう時は、お風呂を「片岡温泉アクアイグニス」で済ませることが多い。正直なところ共同浴場は苦手(眼鏡が無いとぼんやりとしか周囲が見えないし、そもそも赤の他…

熱海で買った「猫の舌」

熱海で買ってきた「猫の舌」が美味しい。老舗洋菓子屋である「三木製菓」の定番。レトロかわいい包装は、雑貨カフェ徒歩旅乙女系雑誌によく掲載されている。その名前の通りラングドシャであり(langue de chat:猫の舌)、実にスタンダードな、でも上質な、…

函南熱海三島そして沼津

日帰りで静岡県東部を探索してきた。いくつかの目的地を決めた以外は、かなりいいかげん。食べて買って、自転車に乗って、とまあいつも通りの遠出。どういうわけか出費が多かったけれど、それ以外は問題無し。 まずは、ずっと前から行きたかったアンティーク…

あめせんべい

先ほどから、飴せんべい、というお菓子を食べている。先日の松本散策の折に出会ったお菓子。老舗の専門店、なのだと思うが、そのせんべい状の飴だけを売っているお店があって、なんとなく気に入って、何箱か買ってしまった。 …箱に、創業寛政八年、と書いて…

映画とケーキとサンドイッチ

映画を観に静岡の街へ。今日は「皆はこう呼んだ 鋼鉄ジーグ」を鑑賞。僕はそれなりに楽しんだが、これ、面白い映画なのだろうか。全世界的に受ける、というよりもある土地(この場合はイタリア)の人達と、それから違和感・異文化があるだけでもう十分に楽し…

松本日帰りバス旅行(クラフトフェア)

帰宅した。とても楽な旅だった。こんなに何もしないお出かけも珍しい。朝は早かったが、朝ごはんは届けてくれるし(静岡市のカフェ、マーニーズの美味しいサンドイッチとコーヒー)、後は適当に寝ているだけで松本市に連れて行ってくれる。 松本市では、まず…

じゅんびばんたん

もう後は寝るばかり。明日の松本旅行、準備は完了している。やや急ぎすぎたが、明日の旅は本当に朝が早いから、これで良いのだ。後は髪が乾けば、寝ることができる。 とはいえさすがに日帰り旅行に対して全力で準備・対応するのも馬鹿らしい。こうして暇にな…

今日の日は箇条書き

いくつかの出来事を書く。理由は特に無いが、箇条書きで。しいて言えば、ちょう眠い。 夢で31アイスクリーム(静岡県では“ばすきん”と呼ぶ人も多い)に行った。「ラタトゥイユ フォー ユー」というシーズン限定品と、チョコミントの組み合わせ。かなりラタト…

松本支度

前にも少し書いていたと思うが、今週末に長野県松本市へ日帰り旅行を敢行する。といっても、ものすごくお手軽なバス旅行。静岡市の瓶詰めと焼き菓子の素敵なお店、「Chipakoya」さんが企画する、松本のクラフトフェアへの旅。用意されているのは、行き帰りの…

サナカンと宇治金時

映画「Blame!」を鑑賞。なるほどポリゴンピクチュアズと弐瓶勉原作だねー、という安心の品質。圧倒される何か、新しい価値観、なんてものにはまるで出会えなかったが、とても楽しい作品でした。ファンならば是非。僕は動画配信サービス「Netflix」の試写会な…

カレーとぜんざい、バウムクーヘンそしてライブ #浜松

浜松市へ行ってきた。昼食は有名な「タイヨウコーヒー」のカレーを。確かに美味しい。たっぷりのサラダ、トマトとスパイスの効いたバランスの良いカレーに揚げ野菜、そして食後にはロールケーキとコーヒー。今日はさすがに席が空くのを待たされたが、その価…

手作りかばんができた!

プロジェクト「ぶきっちょさんのかばん作り」が終了した。これは 縫わない 接着しない 目測と現物合わせ という方針で、革のかばんを制作する、というもの。春の初めに思いついて、この連休に片付けるつもりで準備を進めていた。 結果としては、満足いく仕上…

トレインスポッティングと松本市について

映画「T2 トレインスポッティング2」を観る前に、1作目を観直すことにした。有名な場面も、ストーリーも記憶しているのだけれど、1本の映画としてはもう記憶が断片的にしか残っていない。 初めて観た時の驚きは、しっかり覚えている。映画館を出たあとに世界…

インドのスナック菓子「オールインワン」

職場の人に貰ったインド製のスナック菓子が、きちんとインド味で美味しい。ものすごくスパイシー、そして量が多い。スナック菓子といっても、様々な“スナック”が詰め込まれていて、その渾然一体となった辛いものを食べるわけだ。 ヒヨコ豆、ピーナッツ、グリ…

ふうせんかずらのそだてかた

ちょうど1年前に訪れた「瀬戸内国際芸術祭」の島々のことを思い出す。というか、Googleに写真を預けているのだが、唐突に、お前は去年の今頃に小豆島や直島を訪れたのだぞ、と教えてくれたのだ。 あまり過去の写真を眺める習慣が無いのだが、この旅に関して…

昨日の出来事(雨の三重県)、そして今日の出来事(手創り市とゴースト・イン・ザ・シェル)。

昨日は三重県に遊びに行ったのだった。ずいぶんのんびりした1日で、県外に出かけた感じがまるでしない。 いつもの「Cafe Snug」でお昼を食べた。ここの「しみじみごはん」が大好きで、いや定食メニューで大好きというのもおかしいのだが、とにかく信頼してい…

三重県へ日帰り散策旅「津と菰野と四日市」#レモンの木

三重県に遊びに行ってきた。今回はいつにも増して、食べてだらだらするだけの旅ともいえない1日となった。都会でばりばり働くキャリアウーマンさんが週末に台湾やグアムに行ってエステと美食をがんがん楽しんでつやつやになって帰ってくる、それを田舎のだら…

フランス人はお菓子づくりを失敗しない。

帰宅前に書店に寄り道。本を数冊購入。とりあえず今読んでいるのが、「地元菓子」という本。 どこか知っている雰囲気、と著者略歴を調べたみたら、あの「暮しの手帖別冊 徒歩旅行」の人だった。この人の文章は、こういうほんわかした読み物のなかでは、かな…

カメラそしてトルコライス

カメラが修理から戻ってきた。最近のカメラらしくインターネットへの接続による機能の追加や、スマートフォンへの写真転送ができる。それはまあ便利といえば便利なのだが(機能追加はほとんど放置されている)、その設定がとても面倒だ。メイン基盤を交換し…

映画『ワイルド』とサンドイッチ。

ホワイトデーのお菓子(と、自分用のお菓子)を買ったり、お昼に『ALLEE RESTAURANT』で美味しいサンドイッチを食べたりして過ごす。サンドイッチは、リコッタチーズとマーマレードだった。なにやらお洒落な葉野菜(春菊をカフェっぽくした感じ)が挟んであ…

能登島の、のとじま水族館の、青い瓦。

先日訪れた、のとじま水族館について書いておく。 金沢の駅から2時間以上かかって到着した。ずいぶん遠いのは、電車やバスのダイヤが疎らかつ待ち時間が長かったから。Webサイトでは和倉温泉駅が最寄り駅と書かれていたけれど、午前中ならばとりあえず七尾駅…

疲れはそれほど。

今回の金沢旅行は、移動距離と時間の割合が大きかっただけに、身体的な疲れは少なかった。移動といっても、要は座っていただけだ。さらに、夜の早い時刻には帰ってきたうえ、荷物だって本当に少なかった。 だから仕事をしていても、ただの月曜日という感じで…

かえりみち

金沢旅行二日目。 朝から「のとじま水族館」へ行ってきた。ここがもう、地の果てじみて遠く、そして距離よりも乗り継ぎの不便さが酷くて、移動に時間がかかる。公共交通機関を使った一泊旅行の二日目にはふさわしくない気がする。 でも頑張った。なんと昼に…

金沢の夜

金沢旅行1日目。 もともと金沢21世紀美術館の展示を見たくて計画した旅だった。その美術館は、端的に言って最高だった。 到着。ついに来てしまった金沢21世紀美術館。 良い椅子のある美術館は良い美術館。 これぞ文化施設、という建物と展示。なにしろ有名な…

旅の前日

明日からの旅、といっても1泊のお手軽な行動範囲限定版の金沢旅行だが、とにかく準備が完了した。もう寝る。なにしろ日の出前には起床しなければならない。 朝食の準備も済ませてある。お手軽に野菜ジュースと青汁、ビタミン剤を一揃い。ヨーグルトも、時間…

今から情報収集

週末の金沢旅行について、今になって情報を集めている。少し前に家族が行っていて、だからパンフレットや簡単な交通案内は手元にあるし、もちろん“乗り換え案内”や“GoogleMap”といったサイトも充実しているから、情報そのものは十分にある。でも、荷物は減ら…

エンストとインフル

職場の、やや偉い人と雑談をする機会があった。この人は「もうすぐ定年、そして妻子もいるのに、一人旅が趣味」という事を自らの(愛すべき)キャラクターとして話したがる。むしろ、自分のそういう部分を伝えるために、旅について話すきらいがある。旅の話…

明るい部屋で食べるくんぺん

昨日の日記に書いたとおり、天井のライトの蛍光灯が切れた。蛍光灯を交換するより、シーリングライトそのものを買い換えたほうが安く、しかもLED化ができるようだ。 というわけで、帰宅前に買ってきた。 家電量販店には多くのメーカーと種類のライトが並んで…

昨日の東京さんぽ

昨日は久しぶりに東京へ行ってきた。静岡県(中部)だと、ちょっと遠い。新幹線か高速道路が必要なので、ふと思い立って出かける感じではない場所だと、僕は考えている。昔ほど「東京に行かなきゃ」という状況も無くなっているし、イベントや行き先が定まら…

朝ごはんスコーン

今から出発、帰りは遅くなるため、日記は今書いてしまう。といっても、昨日から今日にかけて、睡眠くらいしかしていない。だから、ほぼ書くことが無い。 朝ごはんは、家族が起床する前に適当に済ませた。火を使わず、音を立てず、いちおう栄養が摂れるような…

早く寝る作戦

明日は予告通り、東京に行く。ただの観光、というか、たぶん適当に歩いて、何かを食べるだけ。目的地はとりあえず築地市場だけど、時間が遅いから、ぱぱっと歩くだけで済んでしまうかもしれない。どうせなら場内の喧噪を体験したいものだが、なかなかそこま…

博多通りもん

九州土産に「博多通りもん」をいただいた。博多、行ってみたい。何を見て何をするのか、まるでイメージが湧かないけれど、たぶん九州への旅は素敵なものになるだろう。きっと食べ物も美味しい。 九州の食材、といえば「おきゅうと」が美味しいと思う。でもこ…

ようこそ新しいブーツ

今年は旅の道具を色々と更新した。旅行の機会も多かったし、特に一人旅では、軽くて機能的なものが欲しくなる。ウルトラライトなアウトドア旅ではないにしろ、荷は少ないほうが良い。 ずっと靴を買いたかった。10年以上履いていた、革のスニーカーが、そろそ…

三重県⇔静岡県 415km 22.9km/L

昨日書いたように、三重県の北勢地方へ遊びに行ってきた。かつて住んでいた土地。今も友人知人、お気に入りのお店がたくさんある。特に主な目的地である菰野町は、温泉や別荘地があって、県営の公園などもあるために、ほんのすこし観光地っぽい風景も楽しめ…

外国人のトラック野郎

朝夕にバイパスを使って通勤している。休日に高速道路を使うことも多い。だから田舎に暮らしているわりに、長距離トラックを見る機会が多い。まあ、大都会よりは田舎のほうが目にする類の車だとは思うが。 最近、南米系の運転手、昔風に言うと「トラック野郎…

10月10日(月)豊島(後編) #瀬戸内国際芸術祭

そろそろ書いておかないと忘れてしまう。旅の思い出。 10月10日は旅の最終日。つまり、帰る時刻を気にする必要があった。翌日から普通に出勤するから、あまり無理はできない。 でも予想していたよりも、自由自在に島を巡ることができた。電動自転車がそれを…

静岡大道芸ワールドカップ2016と、「つきさむ」のおやつ

今日は良いことが2つあった。 まず、先日から楽しんでいる大道芸ワールドカップ、これを満喫できた。昨日までは諸事情あって、楽しいのだが反省、あるいは楽しめるほど観覧できない状況。が、今日はきちんと街のお祭り騒ぎを楽しめたし、「やっぱりいいなあ」…

旅のお手伝い

友人夫妻に誘われて仕事帰りに会食。といっても新しくできたラーメン屋さんで、「つけ麺」を食べただけ。彼らが行きたかった、という理由で選択したのだが、食事はともかく長く話せないところがラーメン屋の困ったところだ。典型的過ぎるくらいに典型的な「魂込…

10月10日(月)豊島(前編:特に豊島美術館) #瀬戸内国際芸術祭 #豊島美術館

旅の記憶そのものは薄れてきているが、印象は強く残っている。最近は瀬戸内国際芸術祭のことを友人知人に話す機会が幾度かあって、どういう旅だったのか、をようやく整理して説明できるようになってきた。といっても「とにかくすごい。行けばわかる」ばかり…

10月9日(日)女木島 男木島(最後編:高松の夜) #瀬戸内国際芸術祭

自転車で散策中に遭遇した駅。悪夢的な入り口。狐面の子供(浴衣)がケラケラ笑いながら走っていたら最高だったのに。 「ことでん」の終端。こういうものさえアート作品に見えてくる。 瀬戸内の夕暮れ。 またしても旅の記録。男木島から高松港に着いて荷物を…

10月9日(日)女木島 男木島(後編) #瀬戸内国際芸術祭

旅に限らず、記憶は確実に薄れていく。それはもう仕方がないことで、それでも思い出せる色々、そして頭のなかで組み上がった思い出を大切にしていくしか無いのだと思う。今回の旅行は、春と秋を合わせて、一生に一度の旅だったと考えている。少なくとも、後…

映画『リトル・ボーイ』

先週の旅について思い出しながら、それを書く時間が無い。いま、寝る前の時間に「先週の今頃は…」と思い出している。不思議なことなどひとつもないのに不思議な感じがする。不思議だ。 さて今日は、街に出かけて遊んできた。いわゆる「静岡の街」と呼ばれる…

10月9日(日)女木島 男木島(前編) #瀬戸内国際芸術祭 そしてノーベル文学賞

今年のノーベル文学賞はボブ・ディラン氏。なんとなく「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」を思い出す。自分の中で古びない作品のひとつ。 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 上巻 (新潮文庫 む 5-4) 作者: 村上春樹 出版社/メーカー: …

10月8日(土)観音寺、本島、丸亀 #瀬戸内国際芸術祭(後編)

実はもう記憶があやふやなところがある今回の旅。印象がぼやけている訳ではなく、色々と渾然一体で時系列や土地との繋がりがわからない感じ。写真を眺めるとしっかり思い出す。 本島での展示では、特に「産屋から、殯屋から」が気になった。現代アートで穴蔵…

10月8日(土)観音寺、本島、丸亀 #瀬戸内国際芸術祭(前編)

東京都から射出され加速中の新幹線に飛び乗る、それが静岡県民にとっての西へ向かう電車旅の始まり。JRは静岡が嫌いなので、停車も減速もしない方針なのだ。義体化が一般化した現代でも、たった数分の「ランデヴー・ウインドウ」に間に合わせるために階段を…

帰りの新幹線で豊島と瀬戸内国際芸術祭を考える。

いま、新幹線に乗った。あとはもう、家に帰るだけ。寄り道も、食事もおやつも無い。旅の終わりはいつだって寂しい。 同時に、僕にとっての「瀬戸内国際芸術祭2016」も、ほぼ終了した。同じ年に2回も、しかも同じイベントになんて人生で初めて。そして、「来…

旅の失敗

今、おなかがいっぱいでつらい。それが、今日の失敗。 旅そのものは、とてもすばらしかった。男木島も女木島も、一生の記憶になるだろう。島の高台で、港で波を見ながら、アート作品を楽しみながら、何度そう思ったことか。 昼食の選択は失敗した、かもしれ…

旅をしている

今日から明後日までは、瀬戸内国際芸術祭に参加(?)している。今夜は丸亀市の駅前に宿泊。 静かな街だ。なんとなく四日市市の駅前に似ている。古くて立派なアーケードがそう思わせるのだろう。 午前中はまず観音寺という街を散策した。目的は「餡入りの餅…