読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンストとインフル

職場の、やや偉い人と雑談をする機会があった。この人は「もうすぐ定年、そして妻子もいるのに、一人旅が趣味」という事を自らの(愛すべき)キャラクターとして話したがる。むしろ、自分のそういう部分を伝えるために、旅について話すきらいがある。旅の話…

明るい部屋で食べるくんぺん

昨日の日記に書いたとおり、天井のライトの蛍光灯が切れた。蛍光灯を交換するより、シーリングライトそのものを買い換えたほうが安く、しかもLED化ができるようだ。 というわけで、帰宅前に買ってきた。 家電量販店には多くのメーカーと種類のライトが並んで…

昨日の東京さんぽ

昨日は久しぶりに東京へ行ってきた。静岡県(中部)だと、ちょっと遠い。新幹線か高速道路が必要なので、ふと思い立って出かける感じではない場所だと、僕は考えている。昔ほど「東京に行かなきゃ」という状況も無くなっているし、イベントや行き先が定まら…

朝ごはんスコーン

今から出発、帰りは遅くなるため、日記は今書いてしまう。といっても、昨日から今日にかけて、睡眠くらいしかしていない。だから、ほぼ書くことが無い。 朝ごはんは、家族が起床する前に適当に済ませた。火を使わず、音を立てず、いちおう栄養が摂れるような…

早く寝る作戦

明日は予告通り、東京に行く。ただの観光、というか、たぶん適当に歩いて、何かを食べるだけ。目的地はとりあえず築地市場だけど、時間が遅いから、ぱぱっと歩くだけで済んでしまうかもしれない。どうせなら場内の喧噪を体験したいものだが、なかなかそこま…

博多通りもん

九州土産に「博多通りもん」をいただいた。博多、行ってみたい。何を見て何をするのか、まるでイメージが湧かないけれど、たぶん九州への旅は素敵なものになるだろう。きっと食べ物も美味しい。 九州の食材、といえば「おきゅうと」が美味しいと思う。でもこ…

ようこそ新しいブーツ

今年は旅の道具を色々と更新した。旅行の機会も多かったし、特に一人旅では、軽くて機能的なものが欲しくなる。ウルトラライトなアウトドア旅ではないにしろ、荷は少ないほうが良い。 ずっと靴を買いたかった。10年以上履いていた、革のスニーカーが、そろそ…

三重県⇔静岡県 415km 22.9km/L

昨日書いたように、三重県の北勢地方へ遊びに行ってきた。かつて住んでいた土地。今も友人知人、お気に入りのお店がたくさんある。特に主な目的地である菰野町は、温泉や別荘地があって、県営の公園などもあるために、ほんのすこし観光地っぽい風景も楽しめ…

外国人のトラック野郎

朝夕にバイパスを使って通勤している。休日に高速道路を使うことも多い。だから田舎に暮らしているわりに、長距離トラックを見る機会が多い。まあ、大都会よりは田舎のほうが目にする類の車だとは思うが。 最近、南米系の運転手、昔風に言うと「トラック野郎…

10月10日(月)豊島(後編) #瀬戸内国際芸術祭

そろそろ書いておかないと忘れてしまう。旅の思い出。 10月10日は旅の最終日。つまり、帰る時刻を気にする必要があった。翌日から普通に出勤するから、あまり無理はできない。 でも予想していたよりも、自由自在に島を巡ることができた。電動自転車がそれを…

静岡大道芸ワールドカップ2016と、「つきさむ」のおやつ

今日は良いことが2つあった。 まず、先日から楽しんでいる大道芸ワールドカップ、これを満喫できた。昨日までは諸事情あって、楽しいのだが反省、あるいは楽しめるほど観覧できない状況。が、今日はきちんと街のお祭り騒ぎを楽しめたし、「やっぱりいいなあ」…

旅のお手伝い

友人夫妻に誘われて仕事帰りに会食。といっても新しくできたラーメン屋さんで、「つけ麺」を食べただけ。彼らが行きたかった、という理由で選択したのだが、食事はともかく長く話せないところがラーメン屋の困ったところだ。典型的過ぎるくらいに典型的な「魂込…

10月10日(月)豊島(前編:特に豊島美術館) #瀬戸内国際芸術祭 #豊島美術館

旅の記憶そのものは薄れてきているが、印象は強く残っている。最近は瀬戸内国際芸術祭のことを友人知人に話す機会が幾度かあって、どういう旅だったのか、をようやく整理して説明できるようになってきた。といっても「とにかくすごい。行けばわかる」ばかり…

10月9日(日)女木島 男木島(最後編:高松の夜) #瀬戸内国際芸術祭

自転車で散策中に遭遇した駅。悪夢的な入り口。狐面の子供(浴衣)がケラケラ笑いながら走っていたら最高だったのに。 「ことでん」の終端。こういうものさえアート作品に見えてくる。 瀬戸内の夕暮れ。 またしても旅の記録。男木島から高松港に着いて荷物を…

10月9日(日)女木島 男木島(後編) #瀬戸内国際芸術祭

旅に限らず、記憶は確実に薄れていく。それはもう仕方がないことで、それでも思い出せる色々、そして頭のなかで組み上がった思い出を大切にしていくしか無いのだと思う。今回の旅行は、春と秋を合わせて、一生に一度の旅だったと考えている。少なくとも、後…

映画『リトル・ボーイ』

先週の旅について思い出しながら、それを書く時間が無い。いま、寝る前の時間に「先週の今頃は…」と思い出している。不思議なことなどひとつもないのに不思議な感じがする。不思議だ。 さて今日は、街に出かけて遊んできた。いわゆる「静岡の街」と呼ばれる…

10月9日(日)女木島 男木島(前編) #瀬戸内国際芸術祭 そしてノーベル文学賞

今年のノーベル文学賞はボブ・ディラン氏。なんとなく「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」を思い出す。自分の中で古びない作品のひとつ。 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 上巻 (新潮文庫 む 5-4) 作者: 村上春樹 出版社/メーカー: …

10月8日(土)観音寺、本島、丸亀 #瀬戸内国際芸術祭(後編)

実はもう記憶があやふやなところがある今回の旅。印象がぼやけている訳ではなく、色々と渾然一体で時系列や土地との繋がりがわからない感じ。写真を眺めるとしっかり思い出す。 本島での展示では、特に「産屋から、殯屋から」が気になった。現代アートで穴蔵…

10月8日(土)観音寺、本島、丸亀 #瀬戸内国際芸術祭(前編)

東京都から射出され加速中の新幹線に飛び乗る、それが静岡県民にとっての西へ向かう電車旅の始まり。JRは静岡が嫌いなので、停車も減速もしない方針なのだ。義体化が一般化した現代でも、たった数分の「ランデヴー・ウインドウ」に間に合わせるために階段を…

帰りの新幹線で豊島と瀬戸内国際芸術祭を考える。

いま、新幹線に乗った。あとはもう、家に帰るだけ。寄り道も、食事もおやつも無い。旅の終わりはいつだって寂しい。 同時に、僕にとっての「瀬戸内国際芸術祭2016」も、ほぼ終了した。同じ年に2回も、しかも同じイベントになんて人生で初めて。そして、「来…

旅の失敗

今、おなかがいっぱいでつらい。それが、今日の失敗。 旅そのものは、とてもすばらしかった。男木島も女木島も、一生の記憶になるだろう。島の高台で、港で波を見ながら、アート作品を楽しみながら、何度そう思ったことか。 昼食の選択は失敗した、かもしれ…

旅をしている

今日から明後日までは、瀬戸内国際芸術祭に参加(?)している。今夜は丸亀市の駅前に宿泊。 静かな街だ。なんとなく四日市市の駅前に似ている。古くて立派なアーケードがそう思わせるのだろう。 午前中はまず観音寺という街を散策した。目的は「餡入りの餅…

旅の準備が終わりそう。

旅の支度を終えたいし、睡眠時間も確保したいから、日記は手短に。 旅行の支度は、出発日やその前日よりも、すこし前の日のほうがばたばたする。これは人によって違うと思うが、僕の場合はまず間違い無く、出発日の前々日、それと直前の土日が忙しい。 荷物…

サンマの塩焼き御膳など、4つの出来事。

今日は箇条書き。理由は特に無い。しいて言えば、書くべきことが思いつかないから。 「サンマの塩焼き御膳」と書かれた幟を見かけた。高級でも庶民的でもない、チェーン店らしいが支店を見たことがない、そんな中途半端な和食処で売り出し中の秋メニュー。目黒…

マーマレードと睡眠薬

旅の支度は概ね終了。まだ服が決まっていないのは、天気や気温が不確かだから。少なくとも静岡は、暑い日も涼しい日もある。瀬戸内はどんな感じなのだろう。荷物が増えるのは嫌だが、上着が要るとなったらポケットが活用できるから、それはそれで便利。 今日…

三重県には行きません

天候その他の理由により、昨日書いていた三重県鈴鹿市への日帰り旅行は取りやめとした。残念無念。天候、といっても台風や大雨が確実に予想される、なんて訳ではない無い辺りが悩ましい。仕事の合間に天気予報サイトを眺め、天気図や周辺地域の(主に西のほ…

三重県に行くかもしれません

今週の土曜日、三重県鈴鹿市にて「バルーンフェスティバル」が開催される。これに、地元の友人達と行く予定。熱気球のイベントは、夜明けと日暮れが主ということもあって、夜中に静岡を発って、日の出寸前に鈴鹿市に到着するというプランを立ててた(宿が取れ…

丸くてかわいい、甘いもの:おいり(香川県)

一昨日からいろんな人に祝ってもらって(サプライズが好きな人が多い)、インターネット経由でも言葉をいただくなど、有難い限りだが、今日が本当の誕生日。こんなものは暦の問題以外の何物でも無いのだろうけれど、でも良いものである。その意味では、正月…

パンばかり食べていた

昨日はわりと帰宅が遅くなってしまった。そんなにのんびりした訳でもないのに、夕食なんて「コーヒーゼリーリリアン」だったのに。 ともかくそんなわけで、今日は「休日に済ませておきたいこと」が山積みだった。朝からあちこちに出かけてきた。 かなり諦めた、…

三重県に日帰りで

予定通りに、三重県の菰野町と四日市市に遊びに行ってきた。今回は可能な限りこぢんまりと、友人の家で昼食をいただいたり、皆でお茶をしたり、それからひとりで自転車に乗ったりと、あまり遠くへ行かずに過ごした。でも結局は帰りは遅くなってしまった。と…

空耳に答えると

なんとなく不思議な趣きがある、でも単なる偶然、という状況に遭遇した。 ひとりで仕事をしていて、さてお手洗いに行こうか、と立ち上がった時に、空耳が聞こえた。わりと近くで、子供のような声で、「違うよ」だったか「そうじゃないよ」だったか、気安くて否定…

河口湖への小さな旅

日帰り旅行よりも小規模な「避暑」をしてきた。目的地は山梨県の河口湖。富士五湖の1つで、昔ながらの観光地だ。今回は自転車趣味の友人達と、のんびり折りたたみ自転車でのサイクリングが目的。車とキャリアは友人が頑張ってくれた。折りたたみ自転車を自転車…

オランダせんべいを食べながら

北海道で購入した自分用お土産、「オランダせんべい」を開封した。パッケージによれば、根室の「ご当地おやつ」とのこと。でも札幌の会社が製造している。 「オランダせんべい」という名のお菓子は全国各地に存在する。が、北海道のそれは、他とは大きく違う…

映画『裸足の季節』と、お土産配り。

映画を観てきた。感想は以下の通り。小さな映画館で、じっくり集中して観ることができたことに感謝したい。たまたま帰省中の友人達との映画鑑賞で、感想戦(?)も楽しい。が、映画は笑って楽しめるような作品ではなかった。とびきり美しいことは確かなのだ…

どっと疲れて眠くなる 札幌→新千歳空港→静岡空港

無事、北海道から帰ってきた。昼には静岡空港到着という変なフライトしか無くて、お昼ごはんを自宅で食べる不思議な旅行の最終日だった。 それでも洗濯物(少ない)を片付け、パンフレット類を整理し(少ない)、お土産の甘いものを冷蔵と常温品に分けて(多…

札幌と小樽

朝から札幌の街を少し探検。その後、小樽まで電車で移動。生まれて初めて、日本海を間近で見た。 目的地は「おたる水族館」で、観光客で賑わう小樽市街からはバスで30分ほど。 崖と岬を利用した高低差のある、水族館と海獣飼育、それにちびっ子向けの遊園地…

旭山動物園とラベンダー畑とスープカレー

北海道旅行2日目。 今日は旭川の旭山動物園(少しややこしい)に行ってきた。とても楽しかった。予想以上、と言っていい。小雨から、前が見えなくなるくらいの豪雨、そして雷と、動物園を歩くにはベストとは言えない天気だったが、動物達は元気いっぱいで、…

旅の荷物

まだ家を出ていない。こうしてブログを書いている。掃除も終わったし、もちろん荷造りも済んだ。 今日から3泊の、北海道旅行。静岡空港の、夕方発の便に乗る。なにしろ夕方まで暇で、でもどこかに遊びに行くほどの余裕もなく、今は家事に勤しんでいる。 旅の…

「ガパオライス」と『シン・ゴジラ』

映画館で『シン・ゴジラ』を観た。予想以上に良い作品。怪獣映画好きでなくても楽しめるし(ポリティカルもの、会議室映画としての楽しみ方が可能だと思う)、エヴァンゲリオンっぽさが好きな人ならなおさら。かつてゴジラ映画が作られた背景に敗戦と原爆が…

生産性の低い休日

いつの間にか夜になった。おやつの時間に、藤枝市の「ボクゥボクゥ」に行った以外は、具体的な何かを済ませた、といったことのない休日。今から少し頑張ってみるけれど、たまにはこういう日もある。 ボクゥボクゥで食べたのは、青リンゴとバジルのグラス、とい…

赤飯饅頭と銀行、そして小豆島について。

仕事が暇で、かつ微熱があり、さらに銀行で手続きをする必要があったため、午後から仕事を休んだ。こういうチャンスは逃さない。が、有給の残数がかなり危うい。まあいいや、休める時に休むのも労働者の努めである。 結果的に、銀行のあとに病院へも行けた。…

ロボットになって欲しいもの

久しぶりに駅へ。専ら自家用車での移動ばかりで、誰かの送り迎えや旅行以外で、駅に行く機会がほとんど無い。今日は県外からの親類を迎えに行った。ついでに、「追分羊かん」を購入するという自らに課したミッションもある。 その時に、大きなスーツケースに難…

ヌガーと柏餅(味噌餡)

仕事の後に、コンビニエンスストアに寄った。同じ制服を着た工場労働者風の男達が、レジのひとつに列をなしている。どうやら自動車税の支払いらしく、ちょっとぎすぎすした雰囲気。客側が特に怒っているが、店員達もそれなりに文句を言っていた。確かに、税…

いつまで経っても慣れないこと

いくら年齢を重ねても、上手く納得できない事がある。歳をとって気むずかしくなったとか、それなりに知識がついてきて受け入れられないというよりは、昔から折り合いをつけようとしても着地点が見つからないことが、いくつか存在する。 例えば、トイレや公共…

サコッシュ!サコッシュ!

サコッシュ。簡素なショルダーバッグ。マチも仕切りもない、ぺらぺらの袋に肩紐がついた品。元は自転車レースにおいて、補給品(飲み物など)をチームメイトに渡す際に使われていた、使い捨ての袋だ。 僕も1枚、持っていた。何かのノベルティグッズとして貰…

三重から静岡へ(パラミタミュージアムとか四の市とか)

昨日今日と、三重県に滞在していた。心配していた渋滞は無く、さすが新東名と感心。どちらかと言えば三重県に入ってからの国道や県道のほうが混んでいた。とはいえ、今回は遠出をせず、菰野町と四日市市をのんびり巡るだけなので、さほど問題ではない。 昨日…

荷を減らす努力

今日から1泊、三重県に行ってくる。外は雨。でも行く。 車での移動だけ、だから荷物は多くても全く問題は無い。でも荷物というのは、少ないほうが良い。旅先での行動をシンプルにできる。今回は知人のお店や家を渡り歩くことになるから、他のことをやる暇も…

旅でいちばん良かった場所は #瀬戸内国際芸術祭

今回の「瀬戸内国際芸術祭2016 春」で、いちばん良かった場所・展示は何だったか。人に聞かれたら「愚問なり!それぞれ良さがあり、優劣などつけられぬわ!」と思う(けれど、言わない)のだが、誰も聞いてくれないので、ここに書く。*1 といっても、いちばん、…

瀬戸内国際芸術祭2016春 反省というか何というか

今回の旅、大きな不満やトラブルといったものは無かった。いや、完全に有意義だった、ミスも無駄も無かったとはもちろん言えない。そういうパーフェクトな旅というものがあるのだろうか、とは思うものの、最終到達点として、つまり基準点としての「完璧な旅」…

2日後の疲労にびっくり

今日は人生で言いたかった台詞を、ひとつ使うことができた。「はっはっは。素晴らしい推理だね、小さな名探偵くん!よく思いついたものだ。しかし幾分、想像力が豊か過ぎる。小説家にでも転向することをおすすめするよ。なにしろ…証拠が無いのだから!」という…