静岡→香川 497km

年末年始の帰省を終えて、いま四国に戻ってきた。車の走行距離計で497km、ただし寄り道もしたし、正確な数字ではない。燃費は22.9km/Lとなっている。運転中にエアコンを使っていないせいか、いつもより燃費は良い。シートヒーターを入れておけば、ほとんど車…

あけおめことよろ願います

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 遠方から帰省して過ごす元旦というのは、驚くほど暇だ。住んでいるわけではないから、できる事は限られている。手伝う家事もそれほど無いし、お店は閉まっているし、そもそも買い物の必要が無…

ありがとうの2019年

いやあ大変な1年だった。紅白歌合戦を眺めつつ、今年を思い返し、自分の人生にびっくりしている。 昨年の転職と四国への引っ越しまでが世界大戦レベルの大混乱だった。今年はようやく落ちつくかと思っていたら、会社を辞める(というか職場が解散する)事に…

半日の休暇

県外から友人が来た*1。瀬戸内の島に行く、というので午前中だけ、朝のうどんだけ一緒に食べる。僕も朝のうどんは久しぶり。住み始めた頃は、早くて手軽な朝食として活用できるのでは、と目論んでいたのだけれど、なかなか行く機会が無い。朝食の準備は身支…

観音寺で行った場所、有明浜の銭形砂絵と豊稔池ダム。

昨日行った観音寺市、食べたものについてはもう書いた。今日は行った場所について書く。 銭形砂絵 有明浜という景勝地に銭形砂絵なるものが存在している事は知っていた。正確には、砂浜に巨大な寛永通宝のかたちの「砂絵」がある、とだけ知っていた。 香川県…

観音寺で食べたもの、餡餅うどんとケーキの盛り合わせ。

香川県の観音寺市に行った。通過することは何度かあったけれど、目的地としたのは3年と数ヶ月ぶり。あの時は瀬戸内国際芸術祭2016のために四国を訪れていた。観音寺の駅前に少しイベント展示があっただけで、主な目的地は「餡入り餅が入ったうどん」だった。…

徳島ごはん ラーメンとコーヒーとプリン

昨日の徳島訪問、本当は主な目的地の動物園について書きたかったのだが、写真ファイルに色々と不具合があるので明日に回す。ちょっとしたjpegのトラブルなので先ほど修繕可能となった。でも時間がかかる。 動物園に行くとひたすら写真を撮ってしまう。見返す…

メディアンラインの先に ─徳島市日帰り探訪─

朝、ふと思い立って、徳島の動物園に行くことにした。目覚めてカーテンを開けたら、完全な動物園日和だったのだ*1。 動物園・水族館で働く人たち (しごと場見学!) 作者: 高岡昌江 出版社/メーカー: ぺりかん社 発売日: 2013/03/29 メディア: 単行本(ソフト…

1年前のゾウガメ・コーヒー

帰宅してから冷蔵庫の掃除をした。冷凍庫の奥から、昨年に行ったガラパゴス諸島で買ったコーヒー豆が出てきたので淹れてみたところ、予想外に美味しい。 ガラパゴス諸島(エクアドル)は、南米ラテン文化の土地。だからコーヒーは深煎り。エスプレッソマシン…

「たいやきうどん」の日

今日はテストの日。たぶん合格。自分にお疲れ様、ということで前から気になっていたお店に行ってみた。 前から、というのはちょうど一年前の今頃、この地に住み始めた時から、いやもっと前の、出張で何度も香川県を訪れていた頃から、なんとなく気になるお店…

冬がはじまるよ

立冬。暦の上では今日からが冬。 我が家では昔から、立冬にはひよこ豆を食べる。愛知県にルーツを持つ祖父から伝わった風習だ。独り暮らしをしている今年は、もちろん1人で食べる。 サラダクラブ ガルバンゾ(ひよこ豆) 50g×10個 出版社/メーカー: キユーピー…

大道芸ワールドカップ in SHIZUOKA 2019

帰省して実家に滞在中。静岡市の中心街で開催されている大道芸ワールドカップに行ってきた。天気も良くてなかなかの賑わい。 今年はガイドブックも買わず、行きあたりばったりでの参加。となると、街を歩いていて偶然始まる大道芸を見るという流れになる。 …

美味しい讃岐うどん店のリスト

先日の瀬戸内国際芸術祭で訪れた小豆島、フェリー乗り場で出会った老夫婦に高松市内で再開した。僕は自転車を停めて交差点にいて、彼らは道を歩いていた。お遍路の寺をいくつかと、四国の温泉、そして瀬戸芸も巡っているとのこと。「このあたりで美味しいう…

疲労と回復とモロッコいんげん ─ 瀬戸内国際芸術祭2019 秋期 ─ 翌日のこと

昨晩は本当に疲れていたらしい。夜中に起きてトイレに行ったら、トイレットペーパーが三角に折ってあった。台所には飲みかけのコーヒーがあり、机の上には「さめ」とだけ書かれたカードが置いてある(書き損じ部分はペンでミノムシが描かれていた。)。焼い…

瀬戸内国際芸術祭2019 秋期 ─小豆島日帰り放浪─ 疲労編

瀬戸内国際芸術祭2019の秋期もあと僅か。ずっと行きたかった小豆島にようやく行けた。 9時のフェリーに乗り、17時後半に四国へ戻ってきた。スマートフォンのバッテリーは4割消費、出費は5000円未満、ペットボトルのお茶を2本飲んだ。暑さ寒さは程々で、天気…

3年前の今日は ─ 瀬戸内国際芸術祭2019 ─

三年前の今頃は、香川県の高松市に当宿していた。そう、瀬戸内国際芸術祭2016の秋期のために訪れていたのだ*1。 泊まっていたのは今の住まいの徒歩圏内。あの頃は、まさか住むことになるとは想像すらしていなかった。のんびりした県庁所在地だな、という印象…

粟島と高見島 ─ 瀬戸内国際芸術祭2019 ─

秋会期の瀬戸内国際芸術祭2019に参加してきた。今回は「西の島々」のうち、粟島と高見島。本当は伊吹島も行きたかったけれど、さすがに出発港の離れたところは無理。時間を気にしてスタンプラリー的に回れば行けそうだったが、それでは芸術イベントとしても…

高松アーケード街彷徨 喫茶店「Cafe グレコ」

午前中に部屋の片付けを済ませて、午後は高松市の中心街へ出かけた。特にこれといった目的は無いが、久しぶりに喫茶店にでも行こうと思い立ったのだ。 フルーツパトロール 作者: 伊藤まさこ 出版社/メーカー: マガジンハウス 発売日: 2019/06/14 メディア: …

バスク風チーズケーキと自転車のボトルケージ(鳥っぽい)

バスク風チーズケーキ 昼までは家事。その後、高松市のアーケード街を散策。お気に入りの書店「ルヌガンガ」でd&department Store のガイドブック「d&travel Kagawa」を購入。 このガイドブックはアイデア出しのワークショップに参加した。だから思い入れも…

金比羅宮と善通寺

昨日の事を書こう。つまり昨日の日記の続きだ。 「須崎食料品店」でうどんを食べてから、まずは金比羅宮に向かう。駐車場に車を停めて自転車で移動する。金比羅宮近辺の観光客用駐車場は500円くらい、もう少し遠いところだと300円程度。観光地にしては破格だ…

須崎食料品店の讃岐うどん

一般的な日本人にとって、食事の根幹を成すのは米である。炊いた白米を「ご飯」と呼ぶ。同様に、食事そのものもまた「ご飯」である。 そして一般的とはいえないが一応は香川県民も日本人である。かの地では「うどん」が主食とされている。なので必然的に「食…

煮豚を作り煮汁を得た

台風で不安定な天気になることを見越して遠出はしない。しかし風が強いだけでにわか雨も何もない。ただ蒸し暑いだけ。これならば遊びに行けばよかった。 とはいえ家にいて暇というわけでもない。例えばレザークラフトを多少はすすめることができた。ベランダ…

島の南の天国「食堂かりか」 -沖縄旅行-

今週から始まった講習、今日は3日目。6ヶ月続くこと、学校施設を借り受けた授業もあることから、僕たち受講生は「学校」と呼んでいるけれど、主催側としては「学校ではなく講習・講座」と認識して欲しいとのこと。これは受講生の多くがお手当をもらっている…

美ら海水族館の思い出 -沖縄旅行-

今日から講習開始。資格試験に向けて冬の終わりまで勉強をしていく。 本日は教材の配布や建物の説明など。いわゆるオリエンテーションだけなので楽なもの。とはいえ、知らない場所で知らない人達と過ごすので、疲れてしまった。 説明では「ここ重要です」と…

四国の車、沖縄の道。

車の定期点検のため今日と明日は代車を借りている。修理ではないけれど交換予定の消耗部品が在庫不足で、明日なら対応できるという。ならば今日は乗って帰って、明日に再訪しその部品だけ替えれば代車は不要ではないか、と申し出たのだけれど、「車預ける→完…

コンクリート住宅と沖縄のかき氷(氷ぜんざい) -沖縄旅行-

数少ない香川県での知り合い、前々職でお世話になった上司に沖縄土産を届けてきた。料理好きな人で、沖縄のお麩を頼まれていたのだ。業務用食材店や輸入食材店にありそうなものだが、土産として欲しいと言う。旅好きな人でもあるので、要は話がしたいのだろ…

沖縄ローカルパンとお土産と眠気と。

朝も昼も夜も、猛烈に眠い。夕食の後に1時間ほど寝てしまった。 夕方には市立中央図書館*1で開催中の企画展「文学の怖い絵展」に行った。手作りポップみたいなクオリティの説明パネルと、見て面白い直筆原稿(坂口安吾や芥川龍之介、もちろん高松市が誇る菊…

旅先で仕事をすることと、平和祈念公園で考えたこと -沖縄旅行-

今日は、仕事でお世話になった人から頼まれて、本人の姉妹および義姉妹と姪、従姉妹を繋ぐチャット環境を用意した。仕事で使い慣れたChatWorkにアカウントを作り、各人のメールとパスワードを代行して設定。こんなものLINEかMessengerで良さそうなものだけれ…

旅が終わったのです -沖縄旅行-

飛行機の旅は帰りが面倒だ。特にまだ明るいうちに飛行機に乗らなければいけない場合、時間配分に気を遣う。 四国に戻る便は14時の後半。一応、午前中は丸々遊べるはずだけれど、遠くに行くことも、のんびり過ごすこともできない。日常生活における「1時間以…

昨日は水族館、今日は平和記念と聖地と海へ

沖縄旅行、ひたすら順調。時間や体力の都合で断念した予定はひとつもなく、行くところ全てが予想以上。おまけに街歩きをしていて迷えばその先に面白いものが待っている。 書くことは色々あるけれど、まずは友人に手紙を書かなければ。今どき珍しく折々の手紙…