大好きな場所ができました

出張かつ引っ越し準備、という変な四国滞在の2日目。もちろん仕事をしていたが、午後からは私用の時間も貰えたので、宿の近くにある「栗林公園」へ行ってみた。 以前、観光で訪れた時にも立ち寄った。ただし瀬戸内国際芸術祭が目的の旅だったから、それほど…

明日、出発。

引っ越しの最終荷造りを進めている。あとはパソコンを片付ければ大物は終わり。というわけで今こうして休憩がてら日記を書いている。 実に慌ただしいことに、午前中はかなりシリアスなTV会議をしてきた。なんというか、現時点で心身ともに疲労困憊なのだ。 …

ありがとう廻り

休暇を取って、引っ越しの準備を進める。といっても貴重な平日休み、箱詰め買い物は後回しにして、お店をやっている友人達に会ってきた。 厚切りベーコンとキノコのクリームスパゲティ。 安納芋のプリン。 飲食店を営んでいる友人知人と長話をする機会は少な…

出張報告 その3

滞在先が1都市の国内出張にしては、5日間は中途半端に長い。 訪問先が同じ会社と人間だから、どうしても先方の都合で“空き時間”が生じる。 そういう時は、会議室の隅やカフェでパソコン仕事をしながら、職場へ相談や報告をする時間が多い。 ただし仕事場に…

出張報告 その2

今回の出張は、会社を辞めるにあたっての引き継ぎ、その会社の拠点移動の準備、そして新しい勤め先への挨拶や調整と、目的が多岐にわたる。そして、それら諸タスクが全て片付かない限り、帰宅することができない。 幸いなことに今の勤め先も、それから次の勤…

出張報告 その1

仕事の引き継ぎと転居および転職のための出張、その1日目が終わろうとしている。今から会食。その前のひとやすみ。 昨日は延々と高速道路を走ってきた。Googleとカーナビが喧嘩をする。特に京都と大阪では事故渋滞などが発生していたので、迂回路を選ばねば…

しゅっぱつ!

今ようやく荷造りが終わった。 今回の出張は車を使う。なんと四国まで、延々と高速道路を走るのだ。6時間はかからない予定。が、休憩は十分にとりたい。 荷物は仕事のものが多い。車だから荷が多いことは気にならない。しかし準備は大変だった。 仕事での移…

良い方向について

転職と転居について、ネガティブな事ばかり書いている気がする。「今の仕事を続けられない理由」なら山ほど挙げられる。だからこそ今の勤め先で何度も慰留されても断ってきたのだけれど、しかし辞めた後に遠く離れた四国に移り住むこと自体は、前向きな理由…

そして帰ってきました。 #三重県

友人宅に泊まりつつ2日間の三重県滞在を終え、夕方には帰宅した。 全て順調。疲労はほどほど。お土産も色々と買った。 今日の昼ごはんは昨日に引き続きSnugで。この店のカレー、三重県から離れてから初めて食べたかもしれない。カレーのワンプレートとはいえ…

ではでは出発です

今から三重県に向かう。まず忘れてはならないのは給油。ここ数日、メーターに表示される「走行可能距離」は0kmを示したままだ。あとどれくらい走れるのかは誰にもわからない。家から近所のガソリンスタンドまでならモーターで辿り着けるのではないか。 それ…

明日の準備は旅の準備

明日は三重県の友人達に会いに行く。今回は荷物が多い。手土産ではなくて、書籍をいくつかおすそわけするので。 というわけで今日は今までその準備をしていた。出張よりも面倒。友人宅に泊まる、ということもあってどうにも荷を減らせない。車で行くからその…

ビジネスホテルの社長の主張

出張中。いま東京のアパホテルに泊まっている。価格と立地から選んだけれど、いつ泊まっても酷いホテルだ。ビジネスホテルとしては小綺麗で便利なのだが、やはりあちこちに配置されている“社長の自意識”が気持ち悪い。 ベッドや書き物机から見える場所にある…

リル・カンケン ──カンケンのショルダーバッグ化──

3日かけて、幼児用のリュックサック「Kanken mini」をショルダーバッグに改造した。 以下、手順を記す。 1. メルカリでKanken miniを購入 今回はプロトタイプということで安価に済ませる。Kankenは普段使いのかばんであり、かつ擦れることで色落ちも激しいの…

冷たいラーメン

昨日と今日、同じ店でラーメンを食べた。 昨日は仕事で通りかかり、ちょうど昼時だったので入った。普通の温かいラーメン。麺がつるつるで茹で加減が絶妙、つまりコシが抜群(パスタでいうアルデンテ?)なのが印象的。構成こそ昔風の「中華そば」だが、全体…

動物園の思い出「天王寺動物園」

ああ、良い動物園だった。 先週の日曜日に行った大阪の「天王寺動物園」は本当に楽しかった。古くて広くて、でも現代の動物園としての改良がきちんと為されていて、動物は元気。街の真ん中にある動物園として、まさに市民の憩いの場、のんびりあるいは賑やか…

旅のために買ったもの 軽いスニーカー

今回の大阪観光(兼出張)に関して、急遽購入したものが2つある。急いで、深く検討しなかったのに、思いがけず“成功”だった買い物。 1つめはスニーカー。出発前日に必要だとわかり、UNIQLOで買った。服に合う靴が無かったのだ。 なにしろ安い。3000円程度だ…

大阪から帰ってきました

大阪での仕事が終わった。社外の人と簡単な打ち合わせをしてから、静岡に戻る。 長い電車の旅を終え、駅前の駐車場(出口ゲートで精算するタイプ)から出ようとしたら、その出口で車が数台停まっている。しばらく待っていてもまるで動かない。その先頭車両の…

大阪旅行2日目(出張)

宿から動物園が見えることに気づき、ちょっと嬉しい旅行の2日目。とはいえ今日はお仕事、会議に出席するのです。 そして夜は飲み会。この会議では必ず懇親会という飲み会があり、そして当たり前のようにかなりの人達が喫煙する。正直なところちょっと苦手。 …

時間が無いのでつけ麺のことを

映画「ペンギン・ハイウェイ」を観てきた。たぶん今年の(個人的)最高傑作だろう。原作小説が好きで、その映画化作品も手放しで褒めるというのは実に珍しいこと。 ペンギン・ハイウェイ 公式読本 作者: 森見登美彦 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2018/…

クレマチスの丘 ヴァンジ庭園美術館 ─「須田悦弘 ミテクレマチス」─

連休中にどこにも行かないのもつまらないからと、静岡県の東部に足を延ばした。沼津ICからすぐそこにある「クレマチスの丘」が目的地。 www.clematis-no-oka.co.jp この施設群のひとつ、ヴァンジ庭園美術館はお気に入りの場所。箱根の「彫刻の森美術館」も大…

冷凍フルーツをぶら下げて

問答無用で好きなもの、があまり無い人間だと自己評価している。しいて言えば「旅上手な外国人旅行者」に出会うと真似したくなるくらいに心に残ってしまう。 多くはラフな格好で、大きなかばんを背負って、1人か2人で公共交通機関を使った旅をしている。でも…

リングを磨く #無印良品

連休明けにしては酷いじゃないか神様、というくらいに忙しい仕事を片付け、這々の体で帰宅。 先ほどまで輪っかを磨いていた。 無印良品の、たぶん新製品。普段はリング型で、開くとS字型になる。そして、かばんなどを一時的に引っ掛けるフックとして使える。…

パイナップル・ケーキ(静岡)

静岡市の「Atelier Petit* Calin」にて開催中の台湾スイーツフェアに行ってみた。フェアといっても、大規模なものではない。お店全体が、店主が台湾旅行をした時に買った雑貨と、お店で作った台湾スイーツと、台湾スイーツ的なアレンジをしたケーキやデザー…

お金さえあればできる旅

同僚が旅先で倒れ(胃腸風邪)、代理で会議に出ることになった。出発時にざっと計算すると、時間の余裕は20分。とにかく急いで大阪に向かう。 職場が家から近いことが幸いした。家に電話をかけて、出張用の革かばんとネクタイやスーツを用意してもらう。同僚…

ココナツ・七夕・シフォンケーキ

自分の通院と友人の見舞い、そして親戚の介護関連の荷物運びで、病院のハシゴをした。すっかり疲れてしまい、午後にはもう難しいことは後回しにするモードへと心も身体も切り替わっていた。 というわけでケーキを食べる。Atelier Petit* Calinでコーヒーとシ…

出張かばん

数ヶ月前に間に合わせで買ったかばんが壊れた。UNIQLOの3Weyビジネスバッグ。4000円程度だった。価格の割にしっかりしていて、とても頑丈。そして軽い。余計なものがほとんど無い、かなり秀逸なかばんだった。こんな値段でコーデュラナイロンなんて昔では考…

夜中の駅前、一万円札を崩す方法とは。 ──使い途の無い切符についての記録──

新幹線を使った出張では、駅の近くにある駐車場に車を置くことがほとんど。「直帰」の場合に使うのは小さなJRの駅で、帰宅する時刻(終電ではないもののわりと遅くなる)には周囲には飲み屋くらいしか開いているお店が無くなる。個人の旅行の時も、駅の近く…

静岡市葵区のピーチメルバ #孤独のグルメ #孤独の甘党紳士 #ピーチメルバ

※「孤独のグルメ」風に書いてみます。 「2日連続の会議はさすがに疲れる。なんだか甘いものを入れたい気分になっちゃったぞ」 「しかしこの鷹匠という街、なんだか不思議だ。どうして住宅と雑居ビルが混在してるんだ」「雑多な店があちこちにあるけれどよく…

出張支度と鯛飯への期待

そろそろ東京への出張も慣れてきたので、思い切って荷物を減らすことにした。例えばパソコンは持参するがマウスは置いていく。いつもKindleを持ち歩いているけれど、今回は薄い文庫本(昔の小説は薄い!)にしてみた。 キッチン 作者: 吉本ばなな 出版社/メ…

工場見学で質問すべきこと

信越地方に日帰り出張。そんなにかしこまらない、普段着での工場訪問。 元々、工場に勤めていた期間が長いから、どんな工場でも楽しめてしまう。おべっか、というわけではないけれど「何か質問は?」と工場見学の後に聞かれた時には相手を褒めつつきちんと質…