読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久しぶりに茶道部でした。

会社の片隅で行われている茶道部に参加。ずいぶん久しぶり。 すっかり忘れていて恐縮するが、それでも先生は覚えが良いと褒めてくれる。たぶん旅先で和菓子と抹茶のセットをいつも注文していたからだろう。写真は、先日の三重散策で食べた赤福とお薄。それ以…

昨日の出来事(雨の三重県)、そして今日の出来事(手創り市とゴースト・イン・ザ・シェル)。

昨日は三重県に遊びに行ったのだった。ずいぶんのんびりした1日で、県外に出かけた感じがまるでしない。 いつもの「Cafe Snug」でお昼を食べた。ここの「しみじみごはん」が大好きで、いや定食メニューで大好きというのもおかしいのだが、とにかく信頼してい…

今年最初の抹茶部

正しくは茶道部だが、なんとなく抹茶部と呼んでしまう。今日は、職場敷地内にある福利厚生棟の奥深くにて活動中の茶道部に参加してきた。しばらく休みがちだったけれど、さすがに年初はきちんと挨拶もしたいし、万難を排して今日は顔を出す。 久しぶりの全員…

無印茶道具

今日は茶道のお稽古。先生が風邪気味、僕達も仕事が忙しくて疲れていて、お互いに笑いながら、ゆるりと気楽な雰囲気(雑談も多め)で早めに終了。 しかし僕の場合、最近は1ヶ月に1回程度しか参加できていないこの「茶道部」、所作や手順を忘れてしまっていて…

昨日のデザートプレート

日曜日のおやつの話。昨日の昼過ぎに静岡の街まで行った。帰りに城北公園まで自転車を走らせる。元々、市街地の外れに車を停めて、そこから折り畳み自転車で街まで行ったのだった。散策の輪を広げてみると、車では出会えない場所に辿り着く。 そしてそのおや…

お茶のお稽古

久しぶりに茶道部へ参加。すっかり手順を忘れていたが、それでも褒めてくれるので、「○○道」の師範というのは凄いと思う。大人が大人相手に教養を伝える類の習い事では、威張ったり暴力を振るったりできない(もちろんそうする人もいるし、それを喜ぶ人もい…

立秋の茶会にて

暦の上では秋の始まり、立秋である。この暑いのに、誘われてお茶席の手伝いをしてきた。 ただのお茶席ではない。自分の先生が主催し、文化財的なお寺で開催する、数年に一度の大きな茶会だ。先生にとっては弟子達と自分の道具を披露する場でもある。 僕は弟…

美術館に行ったけど

美術館に行ってきた。「ミッフィーと巡る現代美術」みたいな巡回展。それはそれは楽しい時間を過ごしたし、その後に食べた炒飯(炒飯専門店のランチ。美味しかったが量が多い)も満足かつ面白く、両方とも書くべき事柄だとは思う。 が、もう寝る。なぜならば…

映画『帰ってきたヒトラー』と、煎茶のかき氷。

静岡の街に行って買い物をして(収穫無し)、合間にパン屋のランチを食べたり、お茶屋さんで煎茶のかき氷を食べて過ごした。 かき氷は「chagama」という、新しいスタイルを模索しているようなお洒落なお茶の小売店で、夏のメニューとして売り出したもの。この…

抹茶会

今日は「茶道部」に参加。まだお客様扱いで、月謝も払っていないが、でも今回はきちんとレッスン(というのだろうか、先生の指導のこと)を受けた。 見ているのと自分でやるのとでは大違い、今までだって近くで一緒に手を動かしていたのに、実際に畳の上を進…

抹茶の日

仕事の後に、「茶道部」に参加した。これは勤め先の文化活動、あるいは福利厚生の一環らしく、いわゆる「部活動」の一種。同じ職場の人に誘われて、もう何回か参加している。 なかなか面白いものである。礼儀作法自体は、なにしろ普段の生活には馴染みが無いのだ…

白湯の日

うっかり、朝に用意する水筒の中身が、白湯のままだった。 仕事中に一口飲んで、なんだか変だと思った。その後、しっかりカフェインを補充するつもりで飲んでいたら、やはり変。どうやら、朝にお湯だけ入れて、蓋を閉めてしまったらしい。 最近は、水筒にお…

鼻風邪か鼻炎

部屋の片付けに熱中しすぎたのだろう、今日はくしゃみが止まらない。こういう時は、「小青竜湯」に限る。限る、というか他に薬を持っていない。とりあえず飲んでみたら、数時間は治まる。そのうちまた、ティッシュペーパーが欠かせなくなる。 先ほど、改めて…

車を買い、かき氷(無花果)を食べ、寝た。

ついに車を購入した。10時前にディーラーに行き、打ち合わせと試乗と見積と手続きと、そんな諸々を済ませていたら14時過ぎまでかかってしまった。高い買い物とはいえ、これはなかなか疲れる。お腹だって空いてしまう。高い買い物だからこそ疲れる、という事…

お茶会改め……

お茶会に行くよー、と職場の人に誘われてついて行ったら、会社の茶道部だった。確かに抹茶を飲めるとは聞いたし、いちおう作法通りに茶室でいただく事も推測できた。だから服装もカジュアルながら襟があって足首が出ていない、最低限にきちんとした格好をし…