和菓子

今年最初の抹茶部

正しくは茶道部だが、なんとなく抹茶部と呼んでしまう。今日は、職場敷地内にある福利厚生棟の奥深くにて活動中の茶道部に参加してきた。しばらく休みがちだったけれど、さすがに年初はきちんと挨拶もしたいし、万難を排して今日は顔を出す。 久しぶりの全員…

早く寝る作戦

明日は予告通り、東京に行く。ただの観光、というか、たぶん適当に歩いて、何かを食べるだけ。目的地はとりあえず築地市場だけど、時間が遅いから、ぱぱっと歩くだけで済んでしまうかもしれない。どうせなら場内の喧噪を体験したいものだが、なかなかそこま…

博多通りもん

九州土産に「博多通りもん」をいただいた。博多、行ってみたい。何を見て何をするのか、まるでイメージが湧かないけれど、たぶん九州への旅は素敵なものになるだろう。きっと食べ物も美味しい。 九州の食材、といえば「おきゅうと」が美味しいと思う。でもこ…

ニッポンのトランプ

通勤路から少し外れたところに、いわゆる「ちょっとおかしな、町内の有名人」のお宅がある。日本中、どこにでも存在する、妙な飾り付けや、貼り紙の目立つ愉快なおうち。 自分の日常的な行動範囲では、「1.不要品で作る世相を反映した立体作品」の家と「2.鉄…

無印茶道具

今日は茶道のお稽古。先生が風邪気味、僕達も仕事が忙しくて疲れていて、お互いに笑いながら、ゆるりと気楽な雰囲気(雑談も多め)で早めに終了。 しかし僕の場合、最近は1ヶ月に1回程度しか参加できていないこの「茶道部」、所作や手順を忘れてしまっていて…

あんずジャム付きショートブレッド(200kcal+α)と、「ういろう」雑感。

そういえばカロリーメイトというのはショートブレッドそのものだなあ、と気付いたのは輸入食材店のお菓子コーナーの前。今風に言うと「気づきを得た」訳だが、要はやや高い輸入菓子を買おうかどうか迷っている時の思いつきだ。 結局、そのお菓子は買った。でも…

変わり種の丸い鯛焼き

今日も色々な出来事があった。しかしここに書ける、あるいは書きたいことは1つだけ。鯛焼きについて。 藤枝市にある「寿々」という鯛焼き専門店。 藤枝駅からは、頑張れば徒歩で行ける。北口から真っ直ぐ国道1号線の五叉路に向かい、ビジネスホテル・ルートイ…

虫の声の音量と、甘栗入りの鯛焼きについて。

いきなり秋になった感。昼間は暑いが、それでも過ごしやすい。 夜は虫の鳴き声がよく聞こえる。声といっても発声しているわけではないが、ともかくマツムシやスズムシがよく鳴く。いちばん多いのはコオロギで、これは子供の頃から変わらない。 これが個人的…

フォンティーヌ府中屋の「サッカーエース最中」

職場で「サッカーエース最中」を1個いただいた。その最中自体はよく知られていても、地元の人でも食べたことが無い、なんて言われる類のお菓子。確かに藤枝市の旧東海道(今は商店街が連なっている)を車で走ると、看板は見かける。 サッカーエース最中。ずい…

丸くてかわいい、甘いもの:おいり(香川県)

一昨日からいろんな人に祝ってもらって(サプライズが好きな人が多い)、インターネット経由でも言葉をいただくなど、有難い限りだが、今日が本当の誕生日。こんなものは暦の問題以外の何物でも無いのだろうけれど、でも良いものである。その意味では、正月…

河口湖への小さな旅

日帰り旅行よりも小規模な「避暑」をしてきた。目的地は山梨県の河口湖。富士五湖の1つで、昔ながらの観光地だ。今回は自転車趣味の友人達と、のんびり折りたたみ自転車でのサイクリングが目的。車とキャリアは友人が頑張ってくれた。折りたたみ自転車を自転車…

立秋の茶会にて

暦の上では秋の始まり、立秋である。この暑いのに、誘われてお茶席の手伝いをしてきた。 ただのお茶席ではない。自分の先生が主催し、文化財的なお寺で開催する、数年に一度の大きな茶会だ。先生にとっては弟子達と自分の道具を披露する場でもある。 僕は弟…

カミソリを替える

びっくりするくらいに仕事が忙しく、残業する気力も失せて早々に帰宅した。片付けたかった仕事は、明日がんばる。 まだ少し、咳が止まらない時がある。仕事中も困るが、いちばん嫌なのは夜中に寝ている時。目が覚めてしまうのだ。病院で貰った薬は残り僅か。…

麩まんじゅう賛歌

昨日からの風邪のため、まずは病院へ。微熱こそあるものの、薬は「麻黄湯」などの、とりあえずこれ飲んで暖かくして寝てろ、というものだけ。待合室というか、熱がある人はベッドのある部屋に隔離する方針のため、その狭くカーテンで区切られたベッドで待って…

ヌガーと柏餅(味噌餡)

仕事の後に、コンビニエンスストアに寄った。同じ制服を着た工場労働者風の男達が、レジのひとつに列をなしている。どうやら自動車税の支払いらしく、ちょっとぎすぎすした雰囲気。客側が特に怒っているが、店員達もそれなりに文句を言っていた。確かに、税…

法多山詣を輪行で

久しぶりに輪行をしてきた。といっても、電車では30分ほどの近場。名刹かつ観光寺である法多山が目的地。 折りたたみ自転車であり、目的は団子と初詣(をできなかった知人達と行ったのだ)なので、自転車の移動距離は10kmも無い。ただし坂道が続き、しかも風…

宿を予約し、その後に計画。そして羊羹と漫画。

春に予定している「瀬戸内国際芸術祭」への旅。なかなか準備が進まないので、といっても一人旅だから悪いのは全て僕なのだが、とにかくその停滞した状況を打破するために、えいっと宿だけ予約した。 直島と小豆島。どちらも港の近く。どちらも、とびきり安い。…

malelicaのイベリコ豚ベーコンカレーと、和菓子屋のスイートポテト。

今日は半日だけお仕事。その後は清水区へ。まず昼食。今日は入船町の「malelica」に行ってみた。 表通りから少しだけ中に入ったところにある、こぢんまりとしたお店。2階が店舗で、これが喫茶店だったら、たぶんとても入りづらい。でも階段も看板も綺麗に手入…

抹茶会

今日は「茶道部」に参加。まだお客様扱いで、月謝も払っていないが、でも今回はきちんとレッスン(というのだろうか、先生の指導のこと)を受けた。 見ているのと自分でやるのとでは大違い、今までだって近くで一緒に手を動かしていたのに、実際に畳の上を進…

マッチボックス・干し柿

なかなか珍しいお菓子をいただいた。手作りの品で、見るのも食べるのも初めて。名前は特に無く、僕が「マッチボックス」と名付けた。 味は干し柿そのもの。少しだけクミンの香りがついている。ほんの少し、クミンや八角の粉がついているのだという。本当に遠く…

シナモン&ダンデリオン

有給休暇。素晴らしい制度だ。今日は存分に活用して、病院(健康診断の結果を聞いた。問題無し)、書店、そして和菓子屋に行った。無印良品(良品週間:10%OFFセール)にも行ってきた。 無印良品といえば、ひとつ不思議なことがある。夏頃に購入したハーブ…

ケーキとコーヒーと和菓子とピザを喫し、iMacが届き、書籍を山ほど購入した日

連休1日目。天気も良いし、いくつかの用事もあったし、それに明日明後日は家に籠もって片付けなければならない物事が山積みということもあって、今日は積極的に外遊び。 映画を観て、いつもの「笠井珈琲店」でコーヒー(1/2アイスコーヒー+ブレンドコーヒーミ…

生八つ橋は、餡無しがよろしい

職場の人が、京都土産に「井筒屋の生八つ橋」を買ってきてくれた。八つ橋は焼いたものも生も好きだが、生ならば「餡無し」が最高。逆に「メロン餡」とかは、特に嬉しくない。そして今回、その「僕は餡無しが好き」という話を覚えていてくれて、きちんと餡無しを選ん…

女将スペシャルについて書こう

今日はことさら暑かった。そして忙しかった。 なんだか変な疲れ具合になっていたので、甘味の補給に藤枝市の「まるか商店」へ行く。 この店は茶問屋町の「茶町」にある、冬は大判焼きで有名な店。本来は緑茶の小売をしていて、店の一角ではじめた甘味処が有…

『バケモノの子』と、甘いものたくさん。

映画『バケモノの子』を観た。 初日の初回だから、わりと真剣な観客ばかりだと思ったのだが、ほぼ特等席という位置取りにもかかわらず、右隣には「コーラ+キャラメルポップコーン2カップ」という食欲男、ひとつ離れた左側には上映中にスマートフォンを操作す…

はらぺこあおむしとフレデリックのTシャツ

小規模な消費活動を重ね、結果として散財した。そんな日だった。 午前中は「スターウォーズ・ファンイベント風の小さなマルシェ」に行ってみた。スターウォーズ好きのパン屋さんが、その店頭で行う定期イベントが、今回はSF風。パンとマフィンをいくつかと、…

今年度最初のかき氷

今日は「自分甘やかしデー:近距離」。これは、あくせくせず、のんびりと好きなことをして過ごす休日ということ。街まで行かず、近所で済ませる点も大切。最近は平日に思いついた「やりたいこと」に囚われがちだったため、休日のなかの休日として設定した。…

蛙始鳴

先ほど帰宅した。隣の田んぼで、蛙がぐわぐわと鳴いている。昨日までは鳴いていただろうか。全く覚えていない。何事にも始まりはあるのだから、今日がそうであってもおかしくはないが、でも昨日も今日も環境的にはそれほど違いが無いはずなのだ。 ところで今…

求肥っぽい何かに乗っ取られた事業所は

今日の昼も、社員食堂で食べる。その社員食堂の入り口、「本日のメニュー」を表示する液晶モニターに、求肥らしき画像があった。「デザート」コーナーにおける、本日の数量限定品。価格は80円。説明は無く、ただ「求肥」とだけ書かれていた。だから十中八九…

映画『ベイマックス』と、ガトウバスクの休日。

映画『ベイマックス』を、ようやく観ることができた。素晴らしい映画だった。僕にとっての「今年の傑作10選」に入ると思う。ストーリーはひねりが無く、概ね予想通りに進行し、最終局面を迎え、そして終わる。そのベタな話を彩るディテールが素晴らしく、最…