健康

犬島のことが今日は書けない、鰹のたたき3人前、マリネふう。

僕は、とても小さな会社に勤めている。名刺の肩書きは「総務」で、その名の通りあらゆる仕事をする。実のところ営業的な仕事もするし、制作や納品も行う。社長の縮小版といった日々を送っている。ファンタジーRPGならば、剣も魔法もそこそこ使える器用貧乏な…

冷蔵庫マネジメントとラム湯と寝不足とお弁当

冷蔵庫の片付け 毎日の食事とお弁当のために作り置きをする惣菜が冷蔵庫の容量を圧迫しつつあった。日持ちがするものは、たくさん食べないものでもあることが多い。マリネや漬物を作っても、元より長期保存のレシピではないため、「食べられるけれど衛生上の…

紅茶豚とクワイと不知火

豚ひれ肉の紅茶煮 菜の花のお浸し クワイの旨煮 雑穀ごはん 揚げたサツマイモ 紅茶で煮た豚、人生で初めて納得のいく出来映えだった。ただし理由はわからない。記憶頼りで雑に作ったら、美味しくできた。美味しさよりも、「紅茶を使う」ことが結果に反映され…

喉よりも耳の奥

昨日の通院で「ウイルスが身体の中で暴れている」と知った。その時に「中耳炎にも罹っている」とお医者さんは言っていて、でも自分では自覚症状が全然無くて、とりあえず薬を飲んで寝ていた(微熱はあるので身体はだるい)。 今日になったら片耳が変な感じで…

ウイルスとカレー

昨晩の夜中から、喘息っぽい咳が出始めた。微熱もある。引っ越してから何度か似たような症状が出ているので、ちょっと心配。というわけで仕事を休んで病院に行ってきた。 今日も前回の通院と同じく「引っ越しなどで環境が変わったせいでしょう。慣れない土地…

4つのあれこれ。うどん、徒長する多肉植物、揚げ煎餅、電車のなかで。

スペシャルうどん 昨日と同じ店。豚肉と牛肉、温泉卵とわかめが乗った「スペシャルぶっかけ(温)」を注文。当然だが昨日と同じく量が多い。温かい麺にレモンが浮かんでいる状況にも慣れた。 やはりこういう量が多い麺類だけで食事を済ませると、不摂生な気…

五色台を散策

肩こりが酷くなったのか、あるいは寝違えたのか、とにかく右肩周辺が張ってしまって下を向くのも横を見るのも辛かった。だからというわけではないけれど、午前中は寝たり読書したり、午後もまた昼寝をして過ごしていた。少しだけ体調不良がある暇な休日、そ…

屠蘇ソーダ

高校受験の為に通っていた予備校の講師がこんな事を言っていた。「物事をシンプルにするには、自分が動くのが一番」なるほど一理ある。しかし僕の好む行動原理ではない。当時は「なるほど。暑苦しい考え方だな」と考え、そのまま記憶の箱に放り込んで活用し…

銭湯に行きました

家事と工作に邁進してどこにも遊びに行かなかった。その代わりに引っ越し以来ずっと気になっていた整理整頓や家具の再配置、棚の高さ調整などをまとめて片付けることができた。 部屋がさっぱりして一息ついて、とりあえずコーヒーを淹れた。せっかくの休日な…

地味曜日

せっかくの休日だが、ちょっとだけ風邪気味。このまま体力を無駄遣いすると熱が出そう、そういう警告が喉の奥、口と鼻の合流部から感じ取れる。 というわけで地味に、そして怠惰に家で過ごした。連休ばんざい。こういう状況で余裕のある行動ができるのは3連…

楽で驚いた1時間

出社時刻が普通の会社より遅い今の勤め先、でも1月は仕事が多くて*1基本的に1時間ほど早く出勤していた。それでも一般的なオフィスワークと同程度、工場などはもっと早くに始業時間がある。それにくらべればのんびりした通勤だ。僕の場合、通勤時間が短く、…

へちま文庫。防刃手袋の必要と、もう眠るしかない夜に。

へちま文庫 高松市は古本屋が(街の規模に比べて)多い気がする。勤め先の周囲にも何店舗かあるし、郊外にもある。昔ながらの古書肆ではない、若い人達のカルチャー(サブカル)スペースとしての古本屋さん、カフェや雑貨もあるそれが身近にあるのは素直に嬉…

冬の雨は冷たくて

自転車で出勤するも昼から雨。しかし職場は「高松市のアーケード街」の一角にある。ちょっとした外出ならば傘が不要で、こういう時は便利。 自転車で走行可としている商店街と、黙認している商店街、そして監視員を配置して厳密に禁止している商店街がある。…

お弁当、インフルエンザ体制、僕は元気。

お弁当はこんな感じ。 五穀米ごはん 芽鹿尾菜と豆とキノコの煮物 青菜ふりかけ 玉子焼 オイルサーディンと唐辛子とインゲン豆 まあ、地味である。それと塩分が多い気がする。 会食恐怖症を卒業するために私たちがやってきたこと 作者: 山口健太 出版社/メー…

復活の日

仕事中はまだ喉の奥に風邪が残っている感じがした。帰宅してお風呂に入って身体を入念に洗い、鼻をしっかりかんで、熱いお茶を飲んでから歯磨きをしたら、ようやく「悪いものが全部出た」感じがして、肩の力が抜けた。もちろん錯覚なのだが、もう鼻もすーす…

薬を抜く日

休日。朝の時点で、体調は7割ほど回復、しかしまだ咳は出る。正月休みでやり残していた事も山ほどあるし、ここ数日は仕事と風邪で家事だって手抜きをしていた。家事については仕事の山場を見越した体制ができていたからなんとかなっていたものの、それでも生…

総合感冒薬が良く効く風邪だ

風邪が治っていない。今回の風邪は、市販の総合感冒薬をがしっかりと効く。1日2回、熱も喉も鼻にも効くという、ある種安直な薬が予想以上に効果を発揮している。朝飲んで、いちおう仕事ができる体調になって、夕方にきっちりと風邪が“戻って”くるのだ*1。 と…

風邪と薬と未来の話。

風邪をひいている。今日は仕事を休んで闘病中。明日は休めない日なのだ。 「休めない日」なんて書くとブラック企業じみているが、これは個人的な意気込みの話。社史に載るくらいの大きなイベントが明日から始まって、そもそも僕はこの大波を乗り切る増員とし…

激動の2018年

振り返ると「変化」これに尽きる2018年だった。 新しい仕事に就いて数ヶ月で迎えた正月、1月2月3月と出張続きで始まった。今思うと滅茶苦茶な職場だった。たった数人の社員全員が素人、学びながら助け合いながら試行錯誤して““会社のかたち”を築いていった。…

Heaven's kitchen

仕事を終えて帰宅して、簡単な夕食を作って食べた。食事中は「もう寝ちゃおうか」と考えていた。お風呂も食器洗いも明日にして、歯だけ磨いて寝てしまう、と。 別に疲れていたわけではないし、眠かったわけでもない。ただ一つの合理として、「早く寝て、早く…

高松市の海のほう、 「Parlor Emerald」と「プシプシーナ珈琲」について。

高松市の海のほう、屋島の辺り、そして普段は行かない造船所やコンテナ埠頭がある辺りを自転車で探検してきた。 自分の住んでいる辺りもどちらかといえば海が近い。近所の川を見れば潮の満ち引きがわかるくらいの土地に住んでいる。 考えてみれば高松の中心…

おでん弁当と、煎り大豆。

とにかく朝から寒かった。雪の降る土地の風が海に向かって吹いている感じ。静岡だって今日と同じくらいの気温にはなるけれど、空気の雰囲気が違う。つまり、気候が違う。 さて今日のお弁当は以下の通り。 麦ごはん 煎り大豆と昆布の浸し豆 スナップエンドウ …

昨日とほとんど同じお弁当。量の多いラーメン。寒さ。

週末に作ったおかずを詰めていくので、2日間ほどんど同じお弁当という状況も普通に発生する。今日がそれだった。 麦ごはん 茹でたいんげん ニンジンサラダ+ミックスナッツ 卵焼き バターナッツかぼちゃとレーズンとリンゴの煮物 マリネや煮物はもちろん、卵…

海外旅行で役に立ったもの #ガラパゴス旅行記 #ガラパゴス諸島

忘れないうちに書いておく。先月末に行ってきたガラパゴス諸島への旅で、自分なりに工夫して、実際に役に立った品々についてメモを残しておく。いつか役に立つかもしれない。 この旅は、人生初の太平洋横断(飛行機内での宿泊)と1人での南米旅行ということ…

肉と豆と塩と刻んだ玉葱

風邪っぽいので自宅勤務が有難い。身体はだるいが、パソコンに向かう分には問題無い。まだ健康保険証の切り替えが済んでいないので病院に行くのは面倒だし、そもそも病院を探す元気が無い。 というわけでほとんど外出せずに家で過ごす。まだ調味料も食材も揃…

今日もまた眠い

夕食の後から3時間ほど熟睡して、いま目が覚めたところ。なんだこりゃあ、と声が出そうになった。それくらいに強力かつ唐突な眠気だった。なんだか眠いなあ、とベッドに倒れて、寝ぼけながらKindleで新刊を開いて、1ページも読まずに夢の中へ。というか夢も…

買い物と送別と。

静岡の街で友人に会ってきた。ガラパゴス旅行のお土産を渡し、お誕生日プレゼントを渡し、それから無駄話と、転居に関しての話をした。ちょっとした送別の会というか。 それから今日は、家族が新しく買ったスマートフォンの設定を行った。こういうものは自分…

ガラパゴス旅行記 リマ空港からグアヤキルへ

今日も移動日。 そろそろ日本との時差がわからなくなってきた。メモというかGoogleのカレンダーを見ればわかるのだが(便利!)、旅をしている分にはどうでもいい情報ではあるので。たまに世界時計アプリかGoogleカレンダーを見て日本の事を考えるだけ。 と…

重荷を置いた日 ──退職しました──

予定通り、仕事を辞めた。今日はパソコンなど仕事道具の初期化や再設定、そして発送といった仕事をして1日を過ごした。結局、最終日まで残業となった。引き継ぎ先の人達が「メールも他のツールも全部そのままで送ってくれ」と言ってはいたが、自分達としては…

退職日が早まった件

四国での仕事は朝に片付け、ひたすら東へ走る。今週はまた静岡で働く。静岡の職場を空っぽにするのだ。 今回、行きも帰りも「もやもやっ」とする仕事上の問題を抱えて運転したので、6時間30分の走行時間がなかなかに辛かった。しかし新幹線で読書でもしてい…