休日

買い物と送別と。

静岡の街で友人に会ってきた。ガラパゴス旅行のお土産を渡し、お誕生日プレゼントを渡し、それから無駄話と、転居に関しての話をした。ちょっとした送別の会というか。 それから今日は、家族が新しく買ったスマートフォンの設定を行った。こういうものは自分…

ガラパゴス諸島への旅、土産配りの旅。

ようやく旅の荷物が片付いてきた。何度も書いているように引っ越しと並行して準備から本番まで行っているので、スーツケースから出した品々を整理するのも一苦労なのだ。実家に残すものと、新居に持っていくものとを分類し、あるいは不要と判断したものは捨…

パフェとケーキとカフェオレと

旅の片付けは6割ほど終了。洗濯はあっという間。これは「ほぼ夏物、そして速乾素材」がほとんどだったから。ガラパゴスで滞在していた街は一日中しっとりしていて、厚手の靴下がぜんぜん乾かなかった(ホテル=乾燥、という先入観が覆された。)。静岡の秋は…

ガラパゴス旅行記 旅の終わりは昔のことばかり思い出す

良い旅だった。きっと一生の思い出になる。いつの、どんな旅行でも特別だけれど、2018年10月30日に始まって11月6日に終わったこの旅行は別格だろう。 今は成田空港に向かう飛行機の中。しみじみと、そして何度も同じことを考えてしまう。「動物好きで、良か…

ヒッチハイカーと神戸 #ヒッチハイク #神戸 #IKEA

一昨日の事を書こう。今思い返しても、希有な体験だった。 静岡県から四国に車で向かう際には、愛知県を通過することになる。最短経路は「伊勢湾岸自動車道」で、三重県に住んでいた頃から自分にとっては慣れた道だ。 ここに大きなサービスエリアがある。「…

あいかわらずばたばたした日

旅支度および転居支度だけで1日が終わってしまった。旅の道具なんて無ければ無いでいいのだ、通信環境はホテルのWi-Fiだけにしよう、と開き直ったのが今から30分前。そうだ、ツアー旅行なのだから大丈夫。現地着までは自力という自分にとっては恐ろしい*1チ…

コーヒーとハンバーガーと、トマト・ケチャップ。

失業者としての1日目。昨日は開放感に溢れ身体も軽かったが、もちろん実際は疲れている。しかしとにかく旅行の手配や失業に関する諸手続き、部屋の整理を進めなければならない。香川県では手に入らない生活用品も買い揃える必要がある。日曜大工や家具の購入…

まるで旅をしているような

たくさんの生活道具を四国のアパートに置いてきて、今は実家から職場に通っている。いつも出張に使っていたキャリーカートとカバンを中心に、がらんとした部屋で過ごす。部屋は広いが、どこか長期出張の趣きがある。 もちろん服だって趣味のものだって多くは…

引っ越しました

朝から夕方まで、通販で買った家電や家具が届くのを待ち、あるいは荷物を解き、なんとか「生活のかたち」を作りつつ、今に至る。 図面はあったが下見はしていない。だから台所周りといった、最も収納が必要な場所がほとんど手付かずのまま。まあ何とかなるで…

さぬきうどんと美味しいパン、サラダとナッツとカットフルーツ。

午前中は上司と簡単なお仕事。そして次の勤め先の打ち合わせにも同行する。これはまあ、横に座って話を聞いているだけだから、ほとんど”工場見学”みたいなものだ。こんな時間で給料が発生するのは申し訳ないくらい。 早めのお昼ご飯は、さぬきうどん。上司は…

はかどらない日曜日

ああ、連休で良かった。 引っ越しの準備がまるで進まない。実家から出るのでこの機会にと整理整頓も兼ねて箱詰めをしているのだが、半日で3割程度の進捗となってしまった。明日はがんばる。明日はなんとかする。今日はもう寝る。 築地市場: 絵でみる魚市場の…

トラブルかもしれないから栗のサントノーレを食べたよ

朝いちばんに仕事用携帯電話に連絡が入った。普段は持ち帰らない電話に、見知らぬ番号が表示されている。その不吉な予感通り、今日は急遽、休日出勤することになった。 あれこれ忙しく、気がついたら午後の2時過ぎ。できることはやった。火曜日、平日までは…

ありがとう廻り

休暇を取って、引っ越しの準備を進める。といっても貴重な平日休み、箱詰め買い物は後回しにして、お店をやっている友人達に会ってきた。 厚切りベーコンとキノコのクリームスパゲティ。 安納芋のプリン。 飲食店を営んでいる友人知人と長話をする機会は少な…

しゅっぱつ!

今ようやく荷造りが終わった。 今回の出張は車を使う。なんと四国まで、延々と高速道路を走るのだ。6時間はかからない予定。が、休憩は十分にとりたい。 荷物は仕事のものが多い。車だから荷が多いことは気にならない。しかし準備は大変だった。 仕事での移…

トマトとモッツァレラのスパゲティ

久しぶりにからりと晴れた休日となった。 ちょうど街に行く用事もあり、町外れの駐車場で折り畳み自転車を降ろす。ぜんぜん乗っていないからタイヤの空気を入れる必要があったのだが、どうしても入らない。バルブと空気入れの接続部分がしっかり噛み合わない…

ではでは出発です

今から三重県に向かう。まず忘れてはならないのは給油。ここ数日、メーターに表示される「走行可能距離」は0kmを示したままだ。あとどれくらい走れるのかは誰にもわからない。家から近所のガソリンスタンドまでならモーターで辿り着けるのではないか。 それ…

本の海に還す

ああ今日も無為に過ごしてしまった、と後悔したのが夕食前。えいやっと頑張って、先ほどから不要な本を整理している。 ベッド下に3つの引き出しがあって、そのうち2つが本と漫画置き場。今回はそれを1つにした。本の置き場所は部屋のあちこちに分散していて…

夏の終わりの雨と氷と

毎年この雨の時期にかき氷を食べている気がする。今日は焼津市の「あおば」で、そういえばこんな風景を去年にも見たな、と思いながら美味しいかき氷を食べた。 僕がきちんと説明しなかったので、「氷いちご」ではなくてデフォルトである「氷いちごミルク」が…

映画「カメラを止めるな」、目玉焼きとベーコンのパスタ、カスタードプディング、紅茶のパフェ、壁掛け時計。

映画「カメラを止めるな」 映画「カメラを止めるな」を観た。とびっきり面白かった。劇場内では僕も笑ったし、周囲からもくすくす笑いから小さめの爆笑まで色々と聞こえてきたけれど、どうにも人によって盛り上がる部分が違うようだった。 構成による工夫で…

時間が無いのでつけ麺のことを

映画「ペンギン・ハイウェイ」を観てきた。たぶん今年の(個人的)最高傑作だろう。原作小説が好きで、その映画化作品も手放しで褒めるというのは実に珍しいこと。 ペンギン・ハイウェイ 公式読本 作者: 森見登美彦 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2018/…

美味しかった肉について ──ROKU──

今日は平穏無事に勤務を終えて、ほとんど書くことが無い。お盆休み明けとしては上々のお仕事だった。 というわけで連休中に食べた美味しいもののひとつ、「ROKU」のランチについて記録しておく。豚肉が主のレストラン。場所は鷹匠、日吉町駅から徒歩数分。夜…

映画「スターリンの葬送狂騒曲」

スターリンの葬送狂騒曲、という映画を観てきた。かのソビエト連邦指導者、ヨシフ・スターリーン氏が死んだ後のどたばたをブラックなコメディとして描く。 しっかり面白い。いわゆるソビエトジョークやアネクドートもあるけれど、全体にヨーロッパ映画らしい…

なにもしなくとも休日は

お盆休み2日目。寝て起きて読書して、買い物に出かけて混雑にうんざりして、それからまた読書してパソコン作業もして、そして今に至る。 無為といえばその通りでしかない、ぼんやりとした休日。しかし確実に蔵書の頁は進み、おそらくは心身も休まった。何か…

代用コーヒーと夏休みのはじまり

今日は社外で会議をしてきた。なんとも重い内容の話を聞いてきた。内容については、いずれこの日記に書くべき何かに繋がると思う。つまり、自分の日常生活ががらりと変わる可能性が高い話なのだ。 キリン 世界のKitchenから 麦のカフェ CEBADA …

桃のパフェとコーヒーと、そしてペンギンと。

前職での同僚、今は友人である人とコーヒーを飲んできた。まあ、例によって相談事があって話を聞いたわけだが*1、せっかくなので美味しいものをと、清水区のPappusまで足を延ばしたわけだ。良いお店だから紹介したかった(そして威張りたかった)という都合…

仕事をさぼって映画『ブリグズビー ・ベア 』を観てきた。

仕事を半日休んで、映画ブリグズビー・ベアを鑑賞。観て良かった。今年いちばんの作品かもしれない。

ぼくプリンアラモード大好き!

この週末は全体的に低調というか地味に過ごしている。行くつもりだったイベントは台風で延期になってしまった。買った本がつまらなかった。しかも、今朝は仕事の電話がかかってきた。 自分を「平気で盛る」人の正体 (SB新書) 作者: 和田秀樹 出版社/メーカー…

東に歩いてBLT、そして桃のショートケーキ。

車で静岡市の中心街へ行く。 駅の西側にある安い駐車場に車を入れたところで、トランクに自転車を入れていないことに気付いた。整備および仕事の都合で先週末より倉庫に移していたのだった。 だから歩く。東に歩きながら、買い物や展覧会や、ただのウインド…

パイナップル・ケーキ(静岡)

静岡市の「Atelier Petit* Calin」にて開催中の台湾スイーツフェアに行ってみた。フェアといっても、大規模なものではない。お店全体が、店主が台湾旅行をした時に買った雑貨と、お店で作った台湾スイーツと、台湾スイーツ的なアレンジをしたケーキやデザー…

トマトと塩豚とバジル

いきなり、というわけではないが夏になってしまった。セミが鳴いていて、雲がなんだかダイナミックなかたちをしていて、街を気楽に歩けなくなる気温と湿度で、自転車も楽しんで乗るのが難しくなる。それが夏。 朝にはこんな風に考えていた。「最近、平日が忙…