読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

火おこしができない現代人、という話。

昨日、あるブログでこんな文章を目にした。そのブログでの主張ではなくて、そういう事があったよ、という話なのだが(ブログ自体は示唆に富む、とても僕好みのお話でした)、なんだかよく聞く話で、ここに思ったことを書いておこうと思う。 「昔の人は火おこ…

給油停止に遭遇

車の給油ランプが点灯して3日目。そろそろガス欠が怖い頃合いとなったため、ガソリンスタンドに立ち寄る。今回はセルフ式のスタンド。 セルフ式は、この季節は寒い。でもまあ、自宅の近くで入りやすい場所というと、どうしても同じ店になってしまう。価格は…

魚の目、鶏の足

昼休みに「どうしても食べられないものと、想像力」についての話題となった。簡単に書くと、いつも一緒に社員食堂で集まるメンバーの1人が、こういう事を言い出したのだ。 自分は鶏肉が食べられない。なぜならば、鶏の足や皮を連想するので。 自分は尾頭付き…

ダーウィンの園芸店

多肉植物は育てやすいというが、環境が合わないとあっというまに腐ったり、元気が無くなることも多い。売っている時はとても綺麗でも、それは温室で、しっかり光を当てて育っているからであって、自宅の室内やベランダに環境が変わった途端、駄目になってし…

体調不良でビッグデータのお試し診断

明け方に咳と吐き気で目覚める。そのまま眠れなくて、朝には頭痛も。とりあえず半日だけ休暇をとる。そして、病院に行く。 吐き気には吐き気止め、咳には咳止め、といった対症療法で、身体のつらさは収まる。が、ここ1年ほど、こういう小さな体調不良が頻発…

虫の声の音量と、甘栗入りの鯛焼きについて。

いきなり秋になった感。昼間は暑いが、それでも過ごしやすい。 夜は虫の鳴き声がよく聞こえる。声といっても発声しているわけではないが、ともかくマツムシやスズムシがよく鳴く。いちばん多いのはコオロギで、これは子供の頃から変わらない。 これが個人的…

ヤモリと台風の記憶

この土地に住んで初めて、ヤモリを見た。子供の頃に引っ越してきて、進学や就職で何度も離れた。でも一応、ホームタウンとして何十年も過ごしている。 すぐそこに山も川もあり、掛け値なしの田舎だけれど(市内でも“田舎の地域”とされていた)、自然は意外と…

蒸留水はお腹を壊し、女性は痛みに強く、酵素を飲むと健康になる?

ようやく週末。といっても、今日は休暇を取っている人も多くて、なんとなく職場全体がのんびりした雰囲気だった。数日間の連続した仕事は出来なくなるし、来週の前半は工事その他の理由で主な業務はストップする。そのせいもあって、昨日までは本当に忙しか…

ウナギが絶滅しても、コンビニは無くならないじゃん

表題の言葉は、今日、お昼休みに聞いた。 ウナギに関しては、県内に産地を抱えていることもあり、まるで無関心という人のほうが珍しい。僕のようにWebや書籍で状況を知っている人や、新聞を読んでいる人の多くは、「むやみに食べるのは止めておこう」というの…

軽めの胃潰瘍と、水素水で茹でる蕎麦と。

理由はわからないが、胃潰瘍になった。医者が言うには「そういうことは良くあるので、あまり気にしないように」とのこと。なので気にしない。薬をどっさり貰ってしまった。それを飲んでいる間はとても調子が良い。昔、ストレスで胃が痛くなった時は、こうはい…

ゴーグルまたはゴーグラス

目はとても弱い器官だ。物理的にも、そして化学的にも脆弱で、しかも傷ついた場合に被害が大きい。というわけで、化学薬品を扱う仕事中は(実験をするお仕事です)、ゴーグルを着用する。薬品の蒸気や飛沫が目に入るのを防ぐ、いわゆる“保護具”としての装備…

ファフロツキーズあるいは怪雨(あやしのあめ)

理由は全くわからないが、家の前の道に小魚が20匹ほど落ちていた。朝の出勤時には乾いていたから、昨日の夕方か夜には、家の前にやってきたのだと想像する。詳しく見てみようと思っていたのに、仕事を終えて帰宅したら片付けられていた。たぶん、近所の人が…

ロボットになって欲しいもの

久しぶりに駅へ。専ら自家用車での移動ばかりで、誰かの送り迎えや旅行以外で、駅に行く機会がほとんど無い。今日は県外からの親類を迎えに行った。ついでに、「追分羊かん」を購入するという自らに課したミッションもある。 その時に、大きなスーツケースに難…

オーガニックで動物を使わないごはんと、映画『ムーン・ウォーカーズ』の日曜日

昼ご飯は、静岡市の安倍川にほど近いオーガニックカフェ『Rama』でランチセットを食べた。 この店は、いわゆるガチガチのナチュラルカフェであり、従って食事には動物性素材は一切使われていない。その割に、店内には綺麗に漂白された白骨標本が大小さまざま…

関数電卓が欲しい。

仕事をしながら、ふと妙な物欲に火が付いてしまった。関数電卓が欲しい。 職場では、関数電卓を使いこなしている人が数人いる。研究職で、工学系の人達。今や仕事の“現場”でそこまでの統計処理はしないのだが(データはパソコンに入力するし、それはつまりEx…

日蝕の雨

楽しみにしていたわけではないが、仕事中に見られるのならばぜひ見ておきたかった自然現象、皆既日食。残念ながら雨のために、全く観測できなかった。 この日蝕、不思議なことに、今でも神秘的な効果を期待している人がいるみたいだ。そしてその根拠が「古代…

野良犬とトンネルと水に濡れた蝶々と

雨の月曜日。 通勤の際、山の中を走るバイパスを使う。当然、トンネルが多い。早朝にもかかわらず、今日は唐突な渋滞が発生していた。 渋滞の原因は、野良犬だった。トンネル(700mくらい)のほぼ最奥部で、汚れきった犬がうろうろしていたのだ。慎重に交互…

率の話、猫の話。

仕事中に、「○○率の求め方」について聞かれた。例えばある材質の伸縮率とか、変化の度合いを%で表すための計算式。「すっごく基本的なこと」と恐縮していたが、確かに上司には聞けないかもしれない。僕は今の職場で、その種の疑問にカジュアルに回答する立ち位…

意図的な混同?それとも。

職場の人に、「知り合いの知り合いがやっている酵素ドリンク教室」についてのお話を聞いた。チラシ付きで。教えてくれた人も、面白半分での体験談だったから良かったものの、聞いていて辛いくらいに気になる点が多々あった。もちろん全部は質問しないけれど、…

3つの出来事

職場の若手、といっても30代なのだけれど、とにかくいちばん若い人が、いくぶん常識に欠けていて面白い。今日は、「頸椎とは、病巣や異常部の名称ではなく、健康な人にも存在する部位である」と説明する機会があった。いたく感心したようで、「そういう事は、ど…

映画『オデッセイ』または「火星の人」あるいは「The Martian」。

映画『オデッセイ』を観た。原作小説は、昨年の個人的No.1(翻訳部門)。繰り返し読んで、公開日を待ち望んでいた。 ここまで好きだと、映像化された時の落差が怖い。でも、もちろん観た。 結果から書くと、とてもとても素晴らしかった。今のところ、ほとん…

女子会に招かれて理系っぽい話をする夜

仕事中の休憩時間に、数年前の化粧品による健康被害の話題が出た。話をふんふんと聞きながら、その時は黙っていたけれど、でも考えていたことがある。要は「廃油から作られる化粧品がある」という話。 この「廃油エピソード」は、今後数十年は、”固定”されちゃっ…

「火星の人」改め「オデッセイ」

最近、また「火星の人」を読み直している。寝る前に軽く読むにはとても便利な小説。どこで止めても良い。 火星の人 作者: アンディウィアー 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2014/09/30 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (10件) を見る もうすぐ…

アクア・トトぎふ→三重県

予定通り、三重県に滞在中。友達と食事したり、買い物をしたり。 昼間は岐阜県の淡水魚専門水族館「アクア・トトぎふ」に行ってきた。高速道のサービスエリアからそのまま行けることもあって、思いがけず簡単に到着。そして内容は本当に素晴らしく、今もその…

アサイー チアシード アンド トルマリン

アサイーとかチアシードといった「スーパーフード」は、流行中あるいは流行させようと頑張っている間は、「商売としての工夫と努力」についての報道・記事が少ない気がする。 そういう情報は、経済新聞には載るけれど、やはり「売り手側の戦術と戦略」は手軽な健康…

チョコチップクッキーが見つからない

職場でいただいた、チョコチップクッキー(森永製菓製:2枚入りの小袋)を食べようと、さきほどお茶を淹れた。もう寝る前なので、カフェインレスのハーブティー。シナモンとリコリスとタンポポの、香りが良くて安眠できそうな組み合わせ。 そしてクッキーを…

教養と羊羹

ちょっと曖昧な書き方になってしまうが、いま職場でいちばんお世話になっている同僚が、わりと危うい。前向きで元気で、迷わず目標に進む、立派な人ではある。典型的な田舎のヤンキー気質で、そのまま早くに成熟して、でもまだ若さを楽しんでいる。有能な人…

休日に働くこと、そして「クラバート」と「ゴセシケ」に関すること

風邪は治った。そして今日は、休日出勤。ほとんど誰もいない部屋で、ぽちぽちとパソコン作業に勤しむ。正直言って、普段のお仕事よりも楽しい。静かで、のんびりして、おまけに残務処理なのだ。延々と続けたい気分。 でもやっぱり損をした気分でもある。遠出…

アポロの旗

同僚が熱っぽく「アポロは月に行ってなかった論」を語ってくれた。こいつは阿呆だ、知識とか頭の回転とは別の部分で阿呆だ、と常々感じていたが、今日はそれを再認識した。20代後半でそりゃないぜ、と思う。 アポロ計画の、あの月の映像が嘘だったという説は…

あやこデス。いますぐクリック

「昔はよかった」病 (新潮新書) 作者: パオロ・マッツァリーノ 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2015/07/17 メディア: 新書 この商品を含むブログ (4件) を見る 職場で使用する携帯電話が更新され、電話番号も新しくなった。今まではPHSを使っていて、これ…

パイナップルとココナッツのかき氷

おやつは、藤枝市の「もみの木」で食べた。 夏恒例の特製かき氷、今日は「パイナップルとココナッツ」を選ぶ。 オーガニックとスローフードのカフェなので、もちろんかき氷もオーガニック食材でできている。僕個人としては、ほとんどオーガニックに関してあ…

Adobe Readerのアップデートについて

今日もまた、Adobe Readerのソフトウェアアップデートがあった。あの懐かしいRealPlayerを思い出させるアップデートの頻度。OSXの場合は、アップデートを知らせるアイコンがぽんぽんと跳ねるので、さらに鬱陶しい。 面倒だが、でももちろん無視はしない。数…

うるう秒

今の勤め先は、いわゆる理系であり、主な業務は科学の実験となっている。研究する人達と、その手足となって動く人(僕はこの役割)と、分析などを行う人が混ざって働いている。 もちろん誰もがカリカリの理系という訳ではなくて、休憩時間には血液型性格判断…

太陽は月を、月は太陽を

木星が明るい。たぶん木星だと思う。とにかく、今夜は明るい惑星が妙に目立っていた。 職場には3種類の上級管理職がいる。まず研究を統括する人。研究開発部門だから、これは当たり前。自身が研究者でもある。そして設備管理の責任者。高度な機器から建物ま…

水素水信仰

仕事が早く終わったため、友人夫婦と夕食を食べに行った。和食全般とトンカツが有名な料理店。友人夫婦はお酒を飲み、僕は緑茶を飲む。 食事は悪くなかった。期待以上だった、と彼らも言っていたし、僕もそう考える。 ただし水が悪い。水質の問題ではない。…

映画『イミテーションゲーム エニグマと天才数学者の秘密』

あなたが普通じゃないから、世界はこんなにも素晴らしい。 映画『イミテーションゲーム』を観た。個人的に、今年でいちばん良い映画となりそう、それくらいに良かった。もう1回くらいは映画館で観ておきたい。 コンピュータの始祖を作りあげ、人工知能とは何…

オーガニック・ソルベント

思うところあって、防水スプレーをまとめ買いした。先ほどから、色々なものに噴霧している。主に玄関でその作業を行ったため、有機溶剤の臭いに家族から苦情が来ている。もう寝るからいいじゃないか、と僕は思うのだけれど、苦手な人にとっては、臭気よりも…

この小袋は食べられません

近所の和菓子屋(洋菓子も売っている個人店)は、レジのところで使用済の脱酸素剤を回収している。あれはいったい何に使うのだろう。今日、母がその店のマドレーヌを買ってきたので見たところ、フィルムでゆるく包んだマドレーヌに、脱酸素剤が添えてあった…

ハンバーガーの夜と雨、それから災害対策のこと。

アメリカン・ダイナー風の店でハンバーガーを食べ、夕食とした。 ハンバーガーは文句なく美味しかった。肉汁あふれる厚いハンバーグと、充分な量の野菜、チーズとパンの組み合わせ。マヨネーズが使われていないところも評価できる。バター風味のポテトも良か…

前にも書いたと思うけれど

雑感を記す。 咳やくしゃみの時に、「がおん」って感じの響きを伴う人が稀にいる。あれは口腔が共鳴室となっているのだと思う。動物っぽい、と思う。 3月末に東京(の羽田空港)に行く。どの程度の厚着が適切なのかインターネットで調べた。検索上位に並ぶ「…

アンテナの消失

今日は出張。「新社会人のためのサイエンス&インダストリーセミナー」みたいなものに参加した。あらゆる点で新社会人ではない、くたびれた中途採用者である僕でも、一応は「新人」であるので、こういう講習めいたイベントへの参加が求められる。会社として…

庭師

夜の7時過ぎに、変な来客があった。客というか、ただの飛び込み営業。「お宅の庭は素晴らしい。ぜひ手入れをさせてくれ。私は日本全国を旅している“流し”の庭師です」と言う。インターホン越しに断ったから、それ以上のことはわからない。 この自称庭師さん…

ベクレルフリー・ライフ

先週のニュースにあった、例のゼロベクレル系パン屋の閉店で思い出した。あの悲惨な原発事故の後に「安全な食」に目覚めた知人が、最近は「根菜は日光にさらす。他の食材は、ラップを外してしばらく置けば、セシウム関係は大丈夫。そして自然塩は毒素の排出…