サイエンス

住所の後にアルファベットを。

1年近く前に香川県に引っ越した際に、様々なWebサービスへの登録を行った*1。必要があっていくつかの通販サイトの会員にもなった。 習慣として、住所の末尾(自分の場合は『アパート名+○○号室』)の後にはサービスの識別用にアルファベットを書き加えている…

半日休暇で海岸へ

資格取得のための講習に通いはじめて数週間。勉強が難しい時もあれば、そうでない時もある。理系の大学を卒業して、趣味でノンフィクションの本を読み続けていれば、科学と工学と経済に関しては勘所がつかめてくる。転職も何度かしてきたので、既に知ってい…

ベーコンとチーズの焼きりんご

今日のお昼ごはん。 麦ごはん 焼売 小松菜のおひたし(焼売の下) かぼちゃ蜂蜜煮 リンゴとラムレーズンのシナモン煮 蓮根の塩きんぴら ゴーヤーの柚子胡椒和え リンゴが安い季節になった。ちなみに梨も安い。 自分の生活感でいえば、リンゴは食材で、梨は果…

美ら海水族館の思い出 -沖縄旅行-

今日から講習開始。資格試験に向けて冬の終わりまで勉強をしていく。 本日は教材の配布や建物の説明など。いわゆるオリエンテーションだけなので楽なもの。とはいえ、知らない場所で知らない人達と過ごすので、疲れてしまった。 説明では「ここ重要です」と…

しろとり動物園(誕生日の前日に)

東かがわ市にある「しろとり動物園」に行った。 まだ暑いとはいえ、8月前半の暴力的な気温と日照に比べたら幾分か過ごしやすくなってきた。昨日今日と、曇天ときどき雷雨の可能性、という天気が続いているのでチャンス到来と動物園に行くことにしたのだ。 ねず…

高松市美術館 「宮永愛子:漕法 」

暑い。家にいても涼しくはならないので昼間はどこかに出かけたい。今日は高松市美術館の企画展「宮永愛子:漕法」を見てきた。 www.city.takamatsu.kagawa.jp 瀬戸内国際芸術祭2019にも参加していて、この企画展も芸術祭に含まれていて、日本の現代アート界では…

熱中症の半歩手前とAI_JAZZについての日記。

なにしろ暑くて、家にいると気が滅入る。そんな話を知り合いと(TV会議で)話したところ「山は意外と涼しい」と言うので、近所の山に登ってきた。 讃岐の地において、山はおにぎり型が多い。平野からいきなり山、絵本やゲームみたいな地形なのだ。自転車で行け…

愛媛県立長浜高校「長校水族館」

愛媛県の高校に「水族館部」があるという。また、その高校では授業(必修および選択)で魚の飼育や研究を行っているとも聞く。 そして毎月第三土曜日に「長校水族館」という公開イベントをする。面白そうなので行ってきた。 長浜、香川県からは意外と近かった。…

かき氷と図書館のはじまり

かき氷 夏に入ってはじめてのかき氷。「畦家」という小さなお店。農作物を作り育てるだけでなく商品にまで仕立てている面白いところ。だから甘みは米麹等をできるだけ使っているようだ。お弁当やランチでも人気らしい。 かき氷は「麹いちご」などがあったが、い…

6本の物差し

朝は雨、昼から晴れ。 頼まれていたパソコン仕事を進めた後は、ひたすら家事に邁進していた。久しぶりに家具を動かしてその下に掃除機をかけ、ガスコンロ周りは磨き、机の上に散らばっていた書類はシュレッダーで刻んだ。 ずっと手つかずだった、工作関連の…

床さえ綺麗ならば

今日は(昨日に引き続き)本当に何もしていない。非生産的にも程がある反省すべき土曜日だった。 特に午前中。寝て起きて食事して読書して二度寝したら昼になっていた。「ああもう」と思って午後も数時間だらだらする。何が「ああもう」だと自分を罵りながら…

映画「海獣の子供」と、餅入りうどん

実は五十嵐大介氏の漫画は苦手だ。好きな作品はあるし*1、新作が出たら読む。でも、あの「ナチュラル&スピリチュアルSF」な雰囲気にはどうにも馴染めない。科学と自然回帰を上手い具合に超常現象と混ぜてはいるものの、どうにも「南の島でヒッピーっぽい生…

実在したオカルト部

先日の豊島・直島で壊れてしまったカメラをようやく修理できた。自分の技術でなんとかなる部分で助かった。買い換えも覚悟していた*1ので、なんだか得をした気分。 ご冗談でしょう,ファインマンさん 上 (岩波現代文庫) 作者: R.P.ファインマン,大貫昌子 …

梅を煮て、仕事を辞めて。

黄色くなった青梅が安くなっていたので、甘露煮を作った。「梅仕事」なんて気取る程に丁寧ではないけれど、きちんと梅の甘露煮になった。大きめの密閉容器に2つ分、これだけあればしばらくは楽しめる。昔、和食屋さんで教えてもらった方法*1をアレンジした省…

ジャンボタニシと用水路

自分が住む香川県の高松市は、細くて入り組んだ道が当たり前に使われている。用水路も多く、蓋どころか柵も無いところが多い。この、柵が無い用水路については、岡山県が有名だったはず。静岡県などは神経質なくらいに安全対策がされていて、誰も通らないよ…

魚の絵を描けますか

大きな事件があると、容疑者の人となりが暴かれる。SNSでの書き込み、趣味やコレクション、交友関係や子供の頃の発言まで、あっという間に公開されてしまう。正直、とても悪趣味で無意味な行為だと思っている。 そういう報道は、容疑者が犯人と決まり、かつ…

高知県来訪 県立牧野植物園

先ほどから体調が悪い。といっても深刻さとは程遠い、単なる食べ過ぎである。いただきものの大福餅が美味しくて、3つ食べてしまった。血糖値が急に上がったのか、まるで強いお酒を飲んだように身体が熱い。そしてだるい。ごく稀にこういう事がある。満腹過ぎ…

紅茶豚とクワイと不知火

豚ひれ肉の紅茶煮 菜の花のお浸し クワイの旨煮 雑穀ごはん 揚げたサツマイモ 紅茶で煮た豚、人生で初めて納得のいく出来映えだった。ただし理由はわからない。記憶頼りで雑に作ったら、美味しくできた。美味しさよりも、「紅茶を使う」ことが結果に反映され…

喉よりも耳の奥

昨日の通院で「ウイルスが身体の中で暴れている」と知った。その時に「中耳炎にも罹っている」とお医者さんは言っていて、でも自分では自覚症状が全然無くて、とりあえず薬を飲んで寝ていた(微熱はあるので身体はだるい)。 今日になったら片耳が変な感じで…

屠蘇ソーダ

高校受験の為に通っていた予備校の講師がこんな事を言っていた。「物事をシンプルにするには、自分が動くのが一番」なるほど一理ある。しかし僕の好む行動原理ではない。当時は「なるほど。暑苦しい考え方だな」と考え、そのまま記憶の箱に放り込んで活用し…

総合感冒薬が良く効く風邪だ

風邪が治っていない。今回の風邪は、市販の総合感冒薬をがしっかりと効く。1日2回、熱も喉も鼻にも効くという、ある種安直な薬が予想以上に効果を発揮している。朝飲んで、いちおう仕事ができる体調になって、夕方にきっちりと風邪が“戻って”くるのだ*1。 と…

サメとメガネ ふじのくに地球環境史ミュージアムと静岡県立美術館

■さめ ようやく行けた「ふじのくに地球環境史ミュージアム」のサメ展。正確には「くらやみの覇者 ─駿河湾のサメにみる多様性と未来─」は見応え十分。思わず図録を買ってしまった。サメ、好きなのです。駿河湾でサメ、ということで深海鮫が多く、ということは…

食パンを買ったら半分に切る人。

食パンを買ったら半分に切って冷凍してしまう。これはいくつかの理由がある。 まず量の問題。僕は8枚切りが好きだ。10枚切りはもっと好き。トーストはかりっとしているべきだ、と考える。なので昨今の6枚切り標準の風潮は迷惑でしかない。特に糸魚川静岡構造…

新屋島水族館と屋島

新屋島水族館について書く。昨日の午前中に行ってきた。 屋島には初めて行った。昔ながらの観光地、そしてそこにある水族館もまた古いこぢんまりとした観光客用水族館。なぜか山頂にあって、イルカのショーなどを見ることができる。 屋島自体は、とても風光…

ガラパゴス旅行記 旅の終わりは昔のことばかり思い出す

良い旅だった。きっと一生の思い出になる。いつの、どんな旅行でも特別だけれど、2018年10月30日に始まって11月6日に終わったこの旅行は別格だろう。 今は成田空港に向かう飛行機の中。しみじみと、そして何度も同じことを考えてしまう。「動物好きで、良か…

ガラパゴス旅行記 泳いで歩いて

今日は島に渡ってイグアナや鳥を見たり、ビーチに上陸して泳いで過ごしました。 街のあちこちでも動物はいて、先ほどペリカンの羽根が身体をかすめてびっくりしたくらいですが、やはり自然保護エリアの密度は別物。昔からテレビで見ていた連中が数メートル先…

ガラパゴス旅行記 上陸!

ついにガラパゴス諸島へ到着した。 最初に会った動物は人間、次がカツオドリ、その次がオットセイ。オットセイは船着き場でごろごろしていた。 ウミイグアナに至っては、桟橋や街中でごろごろしている。びっくりするくらいにどの生き物も人を恐れない。 手の…

ガラパゴス旅行記 グアヤキル観光

ガラパゴス諸島に渡る前に、グアヤキル市を観光する。飛行機の便の都合もあるし、機中泊の連続した身体を休めるためでもある(と想像している)。 実に興味深い街だった。日本人のガイドさんが付いてくれて説明してくれたからこそわかる面白さ。 書くと長く…

旅の支度:ガラパゴス諸島

明後日から、南米のガラパゴス諸島へ行ってくる。9日間の旅となる。 世界遺産 ガラパゴス諸島完全ガイド (Gem Stone) 作者: 地球の歩き方編集室編 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2011/03/04 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 1人 クリック…

お昼休みにスマホをリストア

昨晩、寝る前にスマートフォンの挙動がおかしくなった。突然、再起動を繰り返す。 とりあえず電源を落とし、アラームは目覚まし時計に任せて寝た。 アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229)) 作者: フィリップ・K・ディック,土井宏明,浅倉…