コーヒー

瀬戸内国際芸術祭2019 秋期 ─小豆島日帰り放浪─ 疲労編

瀬戸内国際芸術祭2019の秋期もあと僅か。ずっと行きたかった小豆島にようやく行けた。 9時のフェリーに乗り、17時後半に四国へ戻ってきた。スマートフォンのバッテリーは4割消費、出費は5000円未満、ペットボトルのお茶を2本飲んだ。暑さ寒さは程々で、天気…

想定外ハロウィンと秋のお祭り

どこにも出かけず家事をするつもりだった土曜日。朝には瀬戸内国際芸術祭(の伊吹島)に行くつもりだったのだが、たぶん間に合わないだろうと諦めてからは、だらだらと過ごしていた。 でも今日は良い天気。室内より外のほうが過ごしやすいくらい。さらに家に…

高松アーケード街彷徨 喫茶店「Cafe グレコ」

午前中に部屋の片付けを済ませて、午後は高松市の中心街へ出かけた。特にこれといった目的は無いが、久しぶりに喫茶店にでも行こうと思い立ったのだ。 フルーツパトロール 作者: 伊藤まさこ 出版社/メーカー: マガジンハウス 発売日: 2019/06/14 メディア: …

バスク風チーズケーキと自転車のボトルケージ(鳥っぽい)

バスク風チーズケーキ 昼までは家事。その後、高松市のアーケード街を散策。お気に入りの書店「ルヌガンガ」でd&department Store のガイドブック「d&travel Kagawa」を購入。 このガイドブックはアイデア出しのワークショップに参加した。だから思い入れも…

凍ってしまったヨーグルト

こんばんは。タマネギを刻んでから作る煮込み・スープ系の料理は最終的にカレーに行き着いてしまう、そんな食生活をしています。 今日は実家から貰ってきたレトルトカレー*1を加えて、ニンジンとタマネギのトマトスープをカレーに仕立てました。ちょうどカレ…

素麺とキュウリ

この夏は素麺ばかり食べている気がする。独り暮らしなんて学生時代から何度もしているが、ここまで麺類に頼った食生活は初めてかもしれない。それは炊飯器を持っていないこと、それから麺類が安い土地であること、保存が効き使途の多い常備菜を作っているこ…

静岡↔四国 1265km(22.1km/L)

昼過ぎに静岡を発ち、日が暮れた後に四国に到着した。静岡への帰省はひとまず無事に完了。怪我も無く病気にもならず、事故にも事件にも遭わなかった。 今回は少し走行距離が長い。往復で1265km。日記には書かなかったが家族の用事であちこち移動したので。 …

美味しい静岡市

家の用事で静岡市の中心街まで行った。そして用事の合間に、お気に入りのお店を巡った。ひたすら暑くて自転車での移動は大変だったけれども、食べたものは全て美味しくて大満足。今のところ静岡県に引っ越す予定は無いのだが、改めて良い街だなあと思ったの…

宇治金時と、もなか。

車で移動中に気になった古い町に行ってみた。歴史景観保護地区という程では無いけれど趣のある建物が並ぶ道。歩道もアーケードも無いから商店街ではないけれど、床屋や酒屋や飲食店が建っている。銭湯もある。空襲を逃れたような家も残っている。 そして海が…

映画「天気の子」とパンケーキ

天気の子 マイナーな頃から追いかけていたアーティストがメジャーになった経験はあるだろうか。ロックバンドでも絵描きでも役者でも、彼らが「みんな」に知れ渡る存在となった事は嬉しいのだけれど、マイナー時代にあった「味わい」が消え失せてしまいがっかりし…

今日は閉店・閉館・休業日

久しぶりに朝から暑い。図書館で借りたい本リストが溜まってきたため、自転車で出かける。 こうしてイギリスから熊がいなくなりました 作者: ミック・ジャクソン,田内志文 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2018/08/10 メディア: 単行本 この商品を含む…

きっと雨が原因

昨日に引き続き低調な一日だった。 パフェを食べようと思った。きちんと身支度をして、雨の中出かけたら、臨時休業だった。 たかがオヤツの事なのだが、これでもう今日のやる気は全て消えてしまった。 そういえば昼ごはんも食べていない、通り道に新しくでき…

Twitterに向かない思想とアメブロの空気

Twitterとフェミニズムは相性が悪い。 そして、2019年7月時点での日本語Twitter世界は、数年間のアメブロと似ている。つまり、日本の古き空気、ヤンキーの感性が強まっている。そんなことを、知人と会って感じた。

つけめん、みたらしだんご、ガラパゴスTシャツ。

つけめん 前に仕事でお世話になった方から連絡があった。「近くまで来た、海老つけ麺を一緒に食べよう」とのメッセージ。急いで支度をして、お店で待ち合わせて「海老つけ麺」を食べて、解散する。 この人の連絡はいつも明瞭だ。先日は「炒飯と餃子を食べに…

讃岐うどんを食べ、自転車装備の換装をして、コーヒーにきな粉を入れたよ。

太いうどん 仕事を辞めると決めた時に、たくさんの人(讃岐人)から実に多くの「おすすめのうどん店」を教えていただいた。讃岐うどんの店、平日の朝から昼過ぎまでしか営業しないところも多い。転職活動中に行くべきである、ということだろう。 今日はその…

ハンバーガーを食べに駅へ

暇で読み返していた小説が思いがけず面白い。例によって食べ物の描写に影響され、ハンバーガーを食べたくなってしまった。チェーン店の、ジャンクでファストなフードのハンバーガー。普段は全然気にならないのに、今は「ハンバーガー・スイッチ」が、がちん…

茶こしでコーヒーを淹れる

コーヒーを淹れる器具を1つ増やした。増やしたというか、台所用品の「茶こし」で淹れられることが判明した。 コーヒーは頻繁に淹れる。インスタントコーヒーも好きだが、時間があれば普通のコーヒーも飲みたい。どちらも好き。色々な理由でコーヒー豆をいた…

ローズマリーと雨とクレジットカード

ローズマリー 前の仕事でお世話になったご夫婦からお茶のお誘いがあった。コーヒーを飲みながら近況報告をしてきた。雑談中に、実はわりと近所に住んでいる事が判明した。庭にローズマリーがもっさり生えていて、好きなだけ摘んでいって良いと許可をいただく…

ありがとうさようならの区切りに

静岡育ちとしては4月末日といえば「ヴァルプルギスの夜」なのだが、四国は魔女よりも弘法大師の土地なので、静かなものである。 それよりも今日は平成最後の日。実のところ天皇制については無批判に万歳をする信条も心情も持ち合わせていないのだけれど、で…

とびきりのランチと、家事の1日目

連休1日目。 今回の10連休は途中で仕事も挟むし、どこかに行く予定も無い。でもずるずると無為な日々を過ごすのも勿体ない。かといって初日から予定を詰めるのもまた違う気がする。なかなか難しい中年の独り暮らしである。 とりあえず行きたかった映画はパス…

直島周遊 ─ 地中美術館 李禹煥美術館 ベネッセアートサイト ─

「瀬戸内国際芸術祭2019が始まる前の静かな島を巡る日帰り旅」計画の第二弾*1、直島の美術館に行ってきた。 計画では豊島にも寄るつもりだった。しかし朝に高松港に行き、適当な船に乗ってから考えてみたら、直島と豊島の行き来はかなり時間が限られてしまう…

ビンゴォおじさん

ちょっと珍しい自転車に乗っているので、知らない人に声をかけられることもある。大抵は善良な自転車愛好者*1なのだけれど、なにしろ赤の他人に声をかける位だから、いわゆるマニアな人も多い。もっと言うと、かなり困った感じの人間もいる。さらに言うと、…

床に胡麻、外は雨。

基本的に家から出ない方針で過ごした日曜日。昼過ぎにAEONに行き、挽肉と野菜を買い、ついでに書店へ寄る以外は本当に何処にも行かなかった。 基本的には順調な日曜日。明日以降のお弁当と食事の作り溜めもできたし、読書も進んだ。雨とはいえ洗濯も済ませて…

月曜日のお休み

昨日までの休日出勤の代休として、今日は休日とした。寝て起きてわかったのだが、やはり疲れている。しかし加齢の為か、延々と寝続けることもできないし、いつもより多く寝ても体力が戻ることもない。身体を動かすのが億劫で、のろのろと朝食の準備や洗濯干…

三重県で遊んできました。 ありがとうです。

土曜日と日曜日、三重県に泊まりがけで遊びに行ってきた。 今回は雨ということもあってあまり動かず、お気に入りのカフェ、「Snug」でのんびり過ごす時間が多かった。 なにしろ1日目は、昼過ぎにお店に到着し、遅めの昼食(パンとひとさら)を食べて友人と会…

Snugにて

いま三重県菰野町のSnugでカフェオレを飲みながらこの日記を書いている。 パンとひとさら。 #パン #snug 今日はお昼に「パンとひとさら」のセットを食べた。お店で焼いたパンと、ワンプレートのセットメニュー。こういう食事、春先は苦手なカリフラワーやブ…

犬島精錬所美術館について思うこと

ちょうど一週間前に、犬島に行ってきた。目的地は犬島そのもの、そして犬島精錬所美術館。 建物だけでも見応えがある。かつて10年しか稼働しなかったという銅の精錬所を整備した美術館。至る所に、鉱滓*1をそのまま型に流し込んで作ったカラミレンガが使われ…

冷蔵庫マネジメントとラム湯と寝不足とお弁当

冷蔵庫の片付け 毎日の食事とお弁当のために作り置きをする惣菜が冷蔵庫の容量を圧迫しつつあった。日持ちがするものは、たくさん食べないものでもあることが多い。マリネや漬物を作っても、元より長期保存のレシピではないため、「食べられるけれど衛生上の…

ショコラなサバラン

仕事中に教わった「良いケーキ屋さん」に行ってみたら本当に良いお店だったので、書いておく。 場所はここ。 店名は「Le Temps des cerises」、確か歌の名前(ル タン デ スリーズ :サクランボの実る頃)だ。 さくらんぼの実る頃(Le temps des cerises ) ア…

夜のコーヒー ── 珈琲と本と音楽 半空 ──

仕事では色々あったけれど、今日はそんなことよりも本を読みたい日。10年ずっと愛読していたSF小説「天冥の標」がついに完結したのだ。 昨晩に電子書籍版を買ってあった。今日はKindle Paperwhiteを仕事かばんに入れて出かけた。 そして仕事の後に、家に帰ら…