ケーキ

シュトーレンを食べている。そして昨晩の金縛り。

クリスマスが近いということで、シュトーレンが夜のお茶のお供。今年は行く先々で売り切れだったり、予約販売専門だったりと、なかなか手に入らないでいた。友人からひとついただいたから、今年も食べることができた。静岡市清水区のお店で買ったものだとい…

スターバックス・コーヒーのシュトーレン

仕事帰りにスターバックスへ寄る。店員に勧められるままに「クリスマスブレンド」を注文。コーヒーはとりあえずブラックで飲むのだけれど、これはミルクが合うと思う。レジ前で小さなカップで試飲させてくれたから良かったものの、知らなかったら席について…

まあいいか、の日曜日

色々と小さな失敗をした1日ではあった。 ほんの少し出発に手間取ったせいで、映画を見損ねた。遅めの朝ごはん(せっかく街まで来たので…)を食べようと行ったお店が、臨時休業だった。正確には、午後からの開店だった。映画をパスした時間に静岡市美術館の「…

ビスケットキングのガトーショコラ

帰宅途中で「Biscuit king」に寄る。 ほとんど空のショーケースから、ガトーショコラを選ぶ。今日はチョコレートケーキの気分。 帰宅して眺める。この種のケーキは、みっちり詰まっているものが好きだ。いくらでも眺めていられるが、もちろん食べる。食べ応…

コーヒー・ケーキ!わーい!

先日の三重県訪問にていただいた「Snug」のケーキ。コーヒー味で、クルミが入っていて、スパイスの香りもする。 これはもうコーヒー用の食べ物だろう、ということで、先ほど新しいコーヒー豆を挽いて、淹れた。 完璧に美味しい。このために今日は仕事をがん…

三重県⇔静岡県 415km 22.9km/L

昨日書いたように、三重県の北勢地方へ遊びに行ってきた。かつて住んでいた土地。今も友人知人、お気に入りのお店がたくさんある。特に主な目的地である菰野町は、温泉や別荘地があって、県営の公園などもあるために、ほんのすこし観光地っぽい風景も楽しめ…

ビスケットキングの復活

再び出会う日が来るとは思わなかった。いま静かに、その喜びを噛みしめている。それにしても美味しいアップルパイだ。 そう、あの(個人的)名店、静岡の「ビスケットキング」が、藤枝市に復活していたのだ。 自分のブログを検索してみる。2011年の秋に閉店…

スニッカーズ・ダイエットは始まったばかり。

仕事が忙しくて、正直なところ明日の勤労感謝の日は出勤したいくらい。できれば祝日は来週、さらに言えば連休が欲しい。でもそういうわけにはいかず、残業した。そして、夕食を食べ損ねた。 特に何も考えず買ってみた「スニッカーズ アーモンド」を夕方に食…

10月10日(月)豊島(後編) #瀬戸内国際芸術祭

そろそろ書いておかないと忘れてしまう。旅の思い出。 10月10日は旅の最終日。つまり、帰る時刻を気にする必要があった。翌日から普通に出勤するから、あまり無理はできない。 でも予想していたよりも、自由自在に島を巡ることができた。電動自転車がそれを…

静岡大道芸ワールドカップ2016と、「つきさむ」のおやつ

今日は良いことが2つあった。 まず、先日から楽しんでいる大道芸ワールドカップ、これを満喫できた。昨日までは諸事情あって、楽しいのだが反省、あるいは楽しめるほど観覧できない状況。が、今日はきちんと街のお祭り騒ぎを楽しめたし、「やっぱりいいなあ」…

サンドイッチとケーキと大道芸

文化果てる地、という意味の古ゲール語が転訛して「静岡」となったと聞く。21世紀になった今でも、文化的なものに乏しい土地柄は変わっていない。新幹線だって大半は通過していく。そんな静岡県の県庁所在地における数少ない文化的なイベント、「大道芸ワールド…

昨日のデザートプレート

日曜日のおやつの話。昨日の昼過ぎに静岡の街まで行った。帰りに城北公園まで自転車を走らせる。元々、市街地の外れに車を停めて、そこから折り畳み自転車で街まで行ったのだった。散策の輪を広げてみると、車では出会えない場所に辿り着く。 そしてそのおや…

10月10日(月)豊島(前編:特に豊島美術館) #瀬戸内国際芸術祭 #豊島美術館

旅の記憶そのものは薄れてきているが、印象は強く残っている。最近は瀬戸内国際芸術祭のことを友人知人に話す機会が幾度かあって、どういう旅だったのか、をようやく整理して説明できるようになってきた。といっても「とにかくすごい。行けばわかる」ばかり…

東から西へのんびりと

久しぶりに、ひとつも予定が無い休日となった。いや、実際は静岡市美術館で開催されるという「スタジオジブリ・レイアウト展」へ行く予定があったのだが、ちょうど1ヶ月、日付を間違えていたのだ。たぶんカレンダー・アプリへの登録でミスをしていたのだろう…

会食とパソコンの設定

昼食は地元の肉料理店でランチセットをご馳走になった。先月の誕生日のお祝いとのこと。友人達が招いてくれた。こういうのは嬉しい。肉も美味しい。 おやつというか、食後のお茶は僕のお薦めの店を指定。いつもの「ボクゥボクゥ」に行った。外は大雨、でもケー…

うどんとムース

なんとなく讃岐うどんの気分になって、そういえばいつの間にかお店が出来ていたなあ、と行ってみたのが「よりみち」。藤枝市の城南地区だろうか。交通量は多いが、あまり飲食店がある印象が無い道の、小さなお店。 特に期待もしていなかったが、ここのうどん…

杏とバタークリーム

夏期休みが終わって営業再開した「笠井珈琲店」に行ってきた。かつて鷹匠のbouquetといえばケーキとコーヒーの名店として親しまれていた。そのbouquetが名前とスタイルを変えて、同じ場所で喫茶店を営んでいる。高齢の店主が好き勝手やっていて、でもケーキ…

ボクゥボクゥのタルトタタン

口に出すと楽しそうなタイトル。ボクゥボクゥのタルトタタン!ちょっとアート色の強い子供番組で使われそうなフレーズ。 実際は、藤枝市にある「ボクゥボクゥ」というケーキ店で、タルトタタンを食べた、というだけ。仕事帰りのお楽しみ。 この店はどれを食べ…

ヤムとタイヌードルとケーキと何か。

遅めの朝食というか早めの昼食、それを榛原郡の「MAHOROBA」で食べてきた。静波海岸の海水浴場にほど近いエスニック料理店。こぢんまりとした、風通しの良いお店。 今日はタイヌードルを選択。さっぱりした鶏のスープに米の麺。エビのすり身が入っていた。この…

いつも通りの休日

映画(ドキュメンタリー映画の『Fake』、素晴らしかった)を観たり、食事をしたり買物をしたり、それから書店にも行ったし、もちろんケーキ(MARIATHANKの『かぼちゃのモンブランタルト』)を食べたりもした。 時間的にも精神的にも余裕があった筈なのに、先…

いちじくのタルト

午前中から部屋の片付けに邁進する。一区切りついたのが午後3時。気分転換と買物のついでに藤枝市の「ボクゥボクゥ」へ行ってきた。 朝から暑かったが、3時頃の空気は少しだけ秋めいている。だから、というわけではないけれど、イチジクのタルトを注文。 小ぶ…

ケーキ屋のかき氷

「捗らない日曜日」と一言で済ませてしまえるような休日。今になって、様々な懸案事項を同時並行的に手を付けはじめた。よって、日記は簡潔にする。 静岡の街へ行き、書店巡りと、東急ハンズでの買い物、そして服飾雑貨を少し購入。先日の旅行から、やや浪費癖…

映画『カルテル・ランド』

本来ならば静岡市の山奥で開催される野外音楽イベントに行くつもりだった日曜日。その為の準備、服や飲み物もぬかりなかったのに、早朝から咳が酷くて断念。いや、昼にはそれなりに元気だったのだが、万が一の体調不良も避けたいし、何より不安を抱えたまま…

宗教対話

帰宅前に立ち寄った文具店の隣は古くからあるお寺で、先月に不幸があったと聞く。たぶん住職の代替わりなど、ただのお葬式ではない行事が続いているのだろう。日々、誰かしらが出入りし、飾りつけなどを行い、時間によっては見たことのない仏教的儀式をして…

ズッキーニのオムレツ

特別に美味しいものではないが、でも頻繁に作ってしまうものがある。今の季節だと、ズッキーニのオムレツが、それだ。 まだ旬ではないと思っているが、でもズッキーニが安い。理由はわからないが、小さめのヘチマみたいなサイズのものが、農協直営の農産物店…

昨日のライブと今日のピーチタルト

なかなかに忙しい日曜日。あそこに行ってこれを渡して、あれを買って帰宅して、そしてイラストを仕上げて送信したら見本を印刷、といった細々とした物事が続く。日曜日だというのに、それらを夕方までに済ませる必要がある。兄の家族が夕食を食べに来るのだ…

ピーチメルバの日曜日

映画を観てから(『アイヒマン・ショー』とても面白かった)、新静岡駅の近くにある「笠井珈琲店」に行く。目的はピーチメルバ。 そろそろ、という頃に貼り紙がされるくらいだから、多くの人が楽しみにしているのだと思う。まだ「ブーケ」だった頃からの名物。 …

quatre epiceの夏向けチョコレートケーキ

ぴかりと晴れた土曜日。家のことを片付けたあと、軽く昼寝して、その後に映画館へ。 映画「ロブスター」は、とびきり面白い、いや面白くはないけれど凄い作品だった。が、ちょっと気分が落ち着かないので、感想は明日に書く。 おやつは清水区の「quatre epice」…

緋鯉のドレスとレギュラーガソリン。そしてアメリカンチェリーのタルト。

お隣のお婆さんは、藍染め民芸風アレンジ洋裁(和風の端布や古布を使う)では「地方の名士」くらいの地位にある、という。個展というか、自宅を開放して展示会をしているし、その作品はかなりの高値で売られている。実際、ずいぶん手をかけた品に見えるし、使…

エディブルフラワーのフレンチトーストと恥ずかしい名前のハーブティー 「スイートブロッサムカフェ」

仕事帰りにお茶を飲んできた。友人に会って簡単な打ち合わせをする、という目的も兼ねている。場所はJR藤枝駅に隣接したビルにある「スイートブロッサムカフェ」。ここは1度、行ってみたいと思っていた。 いわゆる「ディナータイム」に入ったばかりの時刻だった…

静岡でいちばんの牛タン焼定食

静岡県中部、少なくとも静岡市葵区と駿河区、そして志太地区、榛原地区は、牛タン後進地区として知られている。いわゆる牛タン定食、仙台などで愛されるあの美味しいセットメニューを楽しもうと考えた人間は、静岡県中部においては絶望するのが当たり前だっ…

たぶん今期最後の「つきさむ」で、「6月のごはん」を。

お昼は静岡市の「つきさむ」で食べた。この店、何度も書いているけれど、夏場は閉店する。店主さんが、山小屋へ行ってしまうのだ。登山の似合うさっぱりした雰囲気の人と店だから、最近はそれも無理もないと思うけれど、でもやっぱり残念ではある。だから、行…

パリブレスト再び

今日は午後2時の時点で、決めていた。「仕事が終わったら、『パリブレスト』だ」と。 それくらいに頑張って働いた。単純な仕事量で比較するなら、ここ最近では飛び抜けて身体も頭も駆使した。詳細は略すが、要はとても疲れた。いわゆる「今日は発泡酒ではなく…

半日の有給休暇と、つきさむ「5月のごはん」と。

出社したら、設備のトラブルで自分の仕事がほとんどできない状態だった。まあ、やることはたくさんあるから、デスクワークを片っ端から終わらせていく。そのうち、建物全体を停電させて設備点検云々といったややこしい事態になり、いよいよできる仕事が減っ…

猫と絶景

今日はふたつの美術展に行った。駿府博物館の『ニャンダフル!浮世絵ねこの世界展』と、静岡県立美術館の『東西の絶景』。 前者は表題のとおり、浮世絵に描かれた猫をたっぷり楽しませてくれる展示。とはいえ、僕はどういうわけか、他の美術作品ほど浮世絵に…

田沼街道沿いのパティスリー「フレジュス」でピスタチオのレアチーズケーキを買う。

タイトル通り、田沼街道沿いのパティスリー「フレジュス」でピスタチオのレアチーズケーキを買った。 この店、色鮮やかなケーキが多い。ちょっと珍しいくらいに彩度が高い。が、特に悪趣味でも、不自然でもなくて、味はとても良い。 このレアチーズケーキは、…

映画『ボーダーライン』と、美味しいものいろいろ。

『ボーダーライン』という映画を観た。良い映画でした。 いわゆるアメリカとメキシコの国境地帯での麻薬戦争を描いた作品。主人公は警察でいうところの突入部隊員みたいな現場の人。所属はFBI。麻薬とマフィアを取り締まる組織を超えた作戦に関わることなっ…

コーヒー風味のバタークリームを巻いたロールケーキと、コーヒー。ついでに「永遠の0」の感想。

帰宅する前に、「ボクゥボクゥ」でお茶を。お茶というかコーヒー。 1週間、連休後の辛い時期を乗り切った自分へのご褒美。今月も来月も連休が無いなんて、残酷すぎる。 この店、イートイン可能なケーキ店なのだが、コーヒーがとても美味しい。昔は喫茶店だった…

『mirumirubar』と図書館とコーヒーと。

最近は、休日はできるだけ映画を観ることにしていた。特にこの連休は、旅行以外は映画館、という感じの過ごし方。どの作品も素晴らしかったし、時間の使い方としては申し分ないとは思うが、なにしろ時間がかかる。映画自体はまだしも、映画館のある街までの…

映画『ルーム』と美味しいものいろいろ。

映画『ルーム』を観た。いわゆる長期監禁からの脱出と、その後を描いた作品。サスペンスから始まりヒューマンドラマへと繋がるような面白いつくりだった。ただの監禁事件ではない。誘拐された女性は、監禁された小屋(これが『ルーム』だ)で、誘拐犯の子を…

三重から静岡へ(パラミタミュージアムとか四の市とか)

昨日今日と、三重県に滞在していた。心配していた渋滞は無く、さすが新東名と感心。どちらかと言えば三重県に入ってからの国道や県道のほうが混んでいた。とはいえ、今回は遠出をせず、菰野町と四日市市をのんびり巡るだけなので、さほど問題ではない。 昨日…

映画『Mr.ホームズ』と、美味しいもの色々。

映画『Mr.ホームズ』を映画館で鑑賞。とても素敵な作品だった。 老いた名探偵、あのシャーロック・ホームズ氏の晩年、人生最後であろう「事件」を描いたお話。本作のホームズ氏は90代。仲間も家族も世を去り、田舎で養蜂をして過ごしている。すっかり老けて…

昨日のごはんと、今日のおやつ。

冬の服を仕舞って、初夏に着る服を出した。部屋を掃除して、ついでに書籍も整理。そういう細々とした家事をしているうちに、夕方になってしまった。映画に行くつもりだったが諦め、その代償(?)として部屋がすっきりした。まあ、それで良かったのだと思う…

映画『スポットライト 世紀のスクープ』と、『ルーシー・リーのチョコレートケーキ』。

映画館に行ってきた。今日の作品は、『スポットライト 世紀のスクープ』。 例によって、映画レビューのSNS、「Filmarks」に載せた文章をそのまま転載する。推敲も読み返しすらもしていないけれど、書いていたら面倒になったので、そのまま貼り付けてしまう。…

古い喫茶店(静波のT and T)でたくさんのピラフを食べる夜に

仕事中に教えてもらった、「T and T」というコーヒーハウス(喫茶店)に行ってきた。榛原郡の人なら馴染みの店、とのこと。国道150号線沿いの、静波海水浴場にほど近い場所にある、80年代的な喫茶店。わざとじゃないか、と思うくらいに垢抜けていない古くささ…

映画『キャロル』と、咳止め薬。

映画『キャロル』を鑑賞。感想は他のサイト(というか映画専門のSNS「filmarks」です)に書いたものを以下に転載。 老いを感じる年代となるもなお美しく、しかし憂いは隠せない女性「キャロル」と、彼女に心惹かれた年若き「テレーズ」の、情と愛の物語。 1950年代…

「焼きレモン・タルト」と、映画『スティーブ・ジョブズ』。

静岡市は街をあげての「静岡まつり」で賑やかだった。でも僕は、このお祭りがあまり好きではない。大名仮装行列は良いが、いわゆる「YOSAKOI」じみた群舞が年々増えているのだ。地元にちなんだ創作ポップチューン・盆踊りみたいなものも、格好悪いし、うるさい。…

ノンカフェインコーヒーの調合

午前中に病院に行って、風邪の薬を処方してもらった。70分の待ち時間を指定されたので、その間に「ボクゥボクゥ」でひとやすみ。真っ黒なチョコレートムースは、小さいながらも濃くて美味しい。カフェオレが捗る。 薬はよく効く。ただし、思いっきり眠くなって…

映画『野火』と、河童土器屋と、チーズケーキと。

映画『野火』を鑑賞。これはもう悪夢以外の何物でもない作品だった。 ネットのレビューでは「リアルな描写に震撼」といった感想が多かったけれど、僕には全然リアルには思えない。まだレンタルビデオがVHSだった時代だった時代の日本映画みたいな「安っぽいスプ…

大豆入りの豚角煮

お昼ご飯に、ちょっと素敵なものを食べてきた。 静岡市葵区鷹匠の「水塩土菜」の、大豆角煮。有名なトンカツ屋さんで、もちろんトンカツはとても美味しい。贅沢で上品な味と雰囲気。でもこの店、一品料理もなかなかしっかりしている。その一品料理に「定食セッ…