キッチン用ボトルホルダー(ボトルケージ)の試作

こういうものを作っている場合ではないのに、という状況で妙に捗ってしまう工作や創作物が世の中には存在する。 例えば、今日作ったこのボトルホルダーがまさにそれだ。 余っていた自転車用ボトルケージと、工作素材箱の中に転がっていた穴開きマグネットを…

後回しの土曜日(けんちん蕎麦)

待ちに待った休日、でも何もしていない。レザークラフトも、年賀状改め引っ越し通知も、それから書棚作りも。 海のほうを自転車で散策して、宮脇書店に行って(なかなか面白い書店なので、いつかきちんと書きたい)、帰りにスーパーマーケットで食品を買った…

おべんとう、三脚のパソコン台。

今日のお弁当はこんな感じだった。 昨日に引き続き、近所のお店で購入。唐揚げは味付けが日替わりとなる。今日は甘酢だった。とても美味しい。このお弁当屋さんのせいで、気を抜くと外食に頼ってしまう傾向が強まりそう。でも来週から(たぶん)お弁当作りを…

オフィス街のお弁当

職場の周囲は飲食店が多くて、しかも安い店もずいぶんあるので重宝している。でも毎日外食というわけにもいかないし*1、職場で手早く済ませたいこともある。 昼にだけ開くお弁当屋さんが近所にあって、同僚達が薦めるので、今日はそこで買ってみた。 いわゆ…

復活の日

仕事中はまだ喉の奥に風邪が残っている感じがした。帰宅してお風呂に入って身体を入念に洗い、鼻をしっかりかんで、熱いお茶を飲んでから歯磨きをしたら、ようやく「悪いものが全部出た」感じがして、肩の力が抜けた。もちろん錯覚なのだが、もう鼻もすーす…

ピーナッツバター味のフレンチトースト

先日、高級な食パンを1斤いただいた。 そのまま食べても美味しいが、病中ということもあり傷む前に食べきれない。かなりしっとりして緻密なタイプで、放置すればするほど味が落ちそう。 というわけでかなりの量はスライスして冷凍した。まるごと1斤だから好…

薬を抜く日

休日。朝の時点で、体調は7割ほど回復、しかしまだ咳は出る。正月休みでやり残していた事も山ほどあるし、ここ数日は仕事と風邪で家事だって手抜きをしていた。家事については仕事の山場を見越した体制ができていたからなんとかなっていたものの、それでも生…

総合感冒薬が良く効く風邪だ

風邪が治っていない。今回の風邪は、市販の総合感冒薬をがしっかりと効く。1日2回、熱も喉も鼻にも効くという、ある種安直な薬が予想以上に効果を発揮している。朝飲んで、いちおう仕事ができる体調になって、夕方にきっちりと風邪が“戻って”くるのだ*1。 と…

ことでんつうきん

雨、そして休日出勤。雨の日は自転車には乗らない。まともなレインウェアを持っていないし、寒いし、楽しくない。それにアパートから徒歩5分のところに駅がある*1。 おじさんのかさ (講談社の創作絵本) 作者: 佐野洋子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1992…

ふしぎな感じの夜

昨日書いたように、今日は仕事の大きな山場。というか今日からスタートとなる。ひとつの区切りということで、仕事の後に新年会を行った。 新年会に合うJ-POP 出版社/メーカー: Amazon Music 発売日: 2017/01/03 メディア: MP3 ダウンロード この商品を含むブ…

風邪と薬と未来の話。

風邪をひいている。今日は仕事を休んで闘病中。明日は休めない日なのだ。 「休めない日」なんて書くとブラック企業じみているが、これは個人的な意気込みの話。社史に載るくらいの大きなイベントが明日から始まって、そもそも僕はこの大波を乗り切る増員とし…

分解するジーンズ

5年くらい前に買ったUNIQLOのジーンズが、ばらばらになった。 ベルトに当たる部分の布と、ベルトループや腰周りの布を、ぐるりと縫い付けている糸がほつれていた。軽く引っ張ったらぺりりりと一周抜けてしまった。そして、ベルトの裏側に当たる部分が全て外…

うどんと記者クラブ

今日も仕事の話。業務上の必要があって「記者クラブ」に行ってきた。そういえば、紙のプレスリリースを出したのも人生初だ。 当たり前といえばその通りなのだけれど、一つの役所や省庁に入っている記者クラブは1つだけではない。経済と商業の記者たちのクラ…

仕事始めと日本平動物園の夢について。

仕事始め。といっても週末から何度か職場には顔を出していたから、特に新鮮味は無い。仕事用のチャットツールで年末年始にはやりとりしていたし、そもそも現在の状況が数日後に迫った新オフィス(とお店の)お披露目に向けた特別体制なので、自分達の区切り…

豆とレタスと家事と日蝕

家事に邁進した日曜日。部屋の床に並べた書類や趣味の道具(実家から持ってきたもの)は全て片付いた。多肉植物も植え替えた。洗濯だって済ませたし、ご飯も炊いて、さらにヒヨコ豆は水に浸してある。 昨日、オイルを塗布した家具も組み立てた。写真は不吉な…

IKEAの家具はオイル仕上げで

朝、職場に行って荷物を置いてきた。実家に保管してあって、後は捨てるだけという事務用品や収納用品を寄贈することにしたのだ。買っても良いのだが、このほうが手っ取り早い。ゴミも減る。小さな会社ならではの工夫。しかし当然ながら、静岡から四国への移…

IKEAと野菜と多肉植物

静岡から四国へ戻る。特に渋滞は無し。予定通り、神戸のIKEAに寄って買い物をしてきた。 いつもながらIKEAは疲れる。友人知人と行くより1人のほうが楽だが、出費は増える傾向にある。支払いの後に反省し、夕食はチーズ・ホットドッグと飲み物のセット(250円…

こういうものが食べたかったのでした。

今日は「帰り支度」の日。昨年の引っ越しで実家に残してきた様々な品を取捨選択して車に積む。多くは趣味のもの。レザークラフトや本、工具や電気器具の類。 しかし1ヶ月と少し前には、僕はまだ静岡にいたのだ。自分はかなり長い期間を高松で過ごしている気…

サメとメガネ ふじのくに地球環境史ミュージアムと静岡県立美術館

■さめ ようやく行けた「ふじのくに地球環境史ミュージアム」のサメ展。正確には「くらやみの覇者 ─駿河湾のサメにみる多様性と未来─」は見応え十分。思わず図録を買ってしまった。サメ、好きなのです。駿河湾でサメ、ということで深海鮫が多く、ということは…

元旦は栗のタルト

明日は明日でやることがあって、だから今日に済ませておきたい事がリストアップしてあって、それは先日あるいはその前から先送りしていた懸案だというのに、特にその懸案事項には手を付けずに、ごろごろと寝て過ごした。それが今日。こういう年の始まりかた…

激動の2018年

振り返ると「変化」これに尽きる2018年だった。 新しい仕事に就いて数ヶ月で迎えた正月、1月2月3月と出張続きで始まった。今思うと滅茶苦茶な職場だった。たった数人の社員全員が素人、学びながら助け合いながら試行錯誤して““会社のかたち”を築いていった。…

たぶん今年最後の。

なるほど実家に帰省するというのはこういう感じなのか。すっかり忘れていた。家事はほんの手伝いだけ、あとは自分の時間を過ごしている。本を読んだりシャンメリーを味わう、弛緩した休日。 学生時代から何度も独り暮らしはしてきたけれど、今回のような「年…

むかし好きだった歌を聴きながら 534km 21.8km/L

帰省の日。朝は職場に顔を出して少し仕事を行う。帰宅後、アパートの片付けと荷造りをしてから昼前に出発。土産などはあまり買う余裕もなく、高速道路をひたすら東に。途中、雪に降られたり、あるいは事故渋滞に遭遇しながらの帰省となった。 今回、かなりの…

結果的に忘年会

仕事納め、とはいうものの新年2週目に仕事の山場が来るので*1今日だってとても忙しかった。 でも仕事で関わる人も組織も明日からは休みだから、僕達もきちんと正月は休む。というかしっかり長めの冬期休暇を取る。僕は明日から帰省する予定。 そんな訳で、忘…

イタチと生鮮食料とタコさんウインナー

失敗した。帰省に備えて生鮮食料品を段階的に消費していたら、明日にはほとんど何も残らない見通しとなってしまった。玉葱や冷凍食品はあるけれど、野菜室にはプチトマトしか無い。1週間足らずの帰省だから完全に空にする必要は無いのだけれど、それでも転居…

薄暗い店の、インドカレー。レタスとピーナッツのサラダというかマリネ。

仕事を終えた帰り道、引っ越し初日から気になっていたインドカレーのお店に寄ってみた。 とてもとても薄暗い店だった。テーブル席は普通の照明なのに、カウンター席はバーのように暗い。何かこだわりがあって暗くしているわけではなく、ただそういう照明の配…

職場で食べるケーキ。

職場でケーキを食べた。もちろんクリスマスケーキだ。 今の勤め先はまだ事務所の整備が途中で、椅子や机も足りていない。だから基本的に全員が揃って仕事をすることは無い。自分は総務兼連絡役みたいな立ち位置なのでできるだけ出勤するけれど、ほとんどの人…

かばんを洗う・正解のわからないローストポーク

クリスマスということで何かをする*1、という事もなく読書と家事に勤しむ1日だった。 というか夕方まではだらだらとして、そこから“家事スイッチ”が入り、掃除洗濯工作炊事を並行して進めていった。今思えば、あと3時間前から始めればもっと効率が良い家事が…

ホットケーキ・室内干し・天冥の標

午前中、少しだけ職場に顔を出した。仕事ともいえない小さな作業をする。近所に住んでいて、一人で身軽に動けて、もちろんその作業を理解している人間として、僕が適任だったのだ。お駄賃代わりに駐車場代は経費にしてもらう。いつもは自転車で行き来してい…

その先に何が待つのか少しもわからなかったけれど、道はあると信じていた。

午前中は仕事。午後から自由の身となり、食事をしたり買い物をしたり、主に高松市の中心街で過ごす。 「ぬくもり」という小さな居酒屋(24時間営業という噂)で遅めの昼食をとる。ここのランチは500円からある。お刺身や揚げ物、焼き魚など主菜を選び、白飯…