冷や汁を作ってみた

専ら外食のメニューである冷や汁、あれを作ることにした。ちょうど九州土産の麦味噌が残っているし、冷蔵庫にはアジの開きもある。キュウリは山ほどある。 もちろん専ら外食といってもそれほど食べる機会は無い。むしろ見つけたら注文して嬉しい気分になる、…

持てあましているもの

■トマトとキュウリと米なす 庭で採れはじめた。そして近所の人達からも届く。どうして家庭菜園を営む人達は、生産調整を行わないのか。品種を分ける、植え付け時期をずらす、それだけでずいぶん違うと思うのだが。お裾分けもコミュニケーションとはいえ、完…

暑!

勤め先の駐車場は未舗装の空き地で、今の季節は人や車が通らない部分は膝の辺りまで草が生えている。つい先日まで小さなアマガエルがたくさんいた。夏なのだから蚊が心配なのだが、少なくとも朝夕と昼にはまるで遭遇しない。小さな羽虫、特に蚊は35.0℃を超え…

リングを磨く #無印良品

連休明けにしては酷いじゃないか神様、というくらいに忙しい仕事を片付け、這々の体で帰宅。 先ほどまで輪っかを磨いていた。 無印良品の、たぶん新製品。普段はリング型で、開くとS字型になる。そして、かばんなどを一時的に引っ掛けるフックとして使える。…

ジムニー焼きそば引きこもり

ジムニーSUPER SUZY 2018年 08月号 出版社/メーカー: 芸文社 発売日: 2018/07/09 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 友人が新しい軽自動車を買った。スズキのジムニー。二昔前のデザインを現代的にした雰囲気。僕も新しいジムニーは好きだ。走って…

東に歩いてBLT、そして桃のショートケーキ。

車で静岡市の中心街へ行く。 駅の西側にある安い駐車場に車を入れたところで、トランクに自転車を入れていないことに気付いた。整備および仕事の都合で先週末より倉庫に移していたのだった。 だから歩く。東に歩きながら、買い物や展覧会や、ただのウインド…

パイナップル・ケーキ(静岡)

静岡市の「Atelier Petit* Calin」にて開催中の台湾スイーツフェアに行ってみた。フェアといっても、大規模なものではない。お店全体が、店主が台湾旅行をした時に買った雑貨と、お店で作った台湾スイーツと、台湾スイーツ的なアレンジをしたケーキやデザー…

「学校でプリッツを食べた奴はリア充」

先日聞いた言葉が印象に残っている。 「学校でプリッツを食べた奴はリア充」 なんとなく光景が浮かぶ。いや、自分が学生の頃は、プリッツは完全に「ちびっ子のお菓子」であり、高校生あたりが休み時間に雑談しながら食べる文化は存在しなかった。あれは自分…

博多風の天ぷら

最近あちこちで見かける「博多風天ぷら」のお店に行ってみた。といっても出張先で立ち寄ったAEONにあったチェーン店。博多で入った定食屋みたいなところとはまるで違う雰囲気。 要は「揚げたて・安価・漬物や明太子や佃煮の類が無料」という形式の天ぷら屋な…

お金さえあればできる旅

同僚が旅先で倒れ(胃腸風邪)、代理で会議に出ることになった。出発時にざっと計算すると、時間の余裕は20分。とにかく急いで大阪に向かう。 職場が家から近いことが幸いした。家に電話をかけて、出張用の革かばんとネクタイやスーツを用意してもらう。同僚…

時計の電池が少ない感じ

今このブログを書いている席(椅子に座って、iMacに向かっています)の後ろ側、天井に近いところに壁掛け時計がある。 いつも秒針が動いても音は鳴らない。だから買ったのだ。でも昨晩からかちかちと小さな音がする。 そして今確認したら、ずいぶん時間が遅…

聞くは一時の恥だけれども。

たぶん偶然の一致だが、昨日と今日に気になった出来事があったので、今日はそれを書いてみようと思う。 特に関係の無い友人3名それぞれが、「ほとんど調べない人からの店舗情報の問い合わせ」に苦慮しているという話が(インターネット回線越しに)耳に入っ…

冬瓜の天ぷら

以前、どこかの中華料理店で食べた何かを思い出しながら作った。淡泊なウリ科の野菜だったことはわかる。野菜の天ぷら、海老のフリッターや豚肉の唐揚げに添えてあって、花椒入りの塩か、唐辛子と酢醤油を混ぜたようなタレを付けて食べた。とても美味しい、…

ココナツ・七夕・シフォンケーキ

自分の通院と友人の見舞い、そして親戚の介護関連の荷物運びで、病院のハシゴをした。すっかり疲れてしまい、午後にはもう難しいことは後回しにするモードへと心も身体も切り替わっていた。 というわけでケーキを食べる。Atelier Petit* Calinでコーヒーとシ…

ココナツ・七夕・シフォンケーキ

自分の通院と友人の見舞い、そして親戚の介護関連の荷物運びで、病院のハシゴをした。すっかり疲れてしまい、午後にはもう難しいことは後回しにするモードへと心も身体も切り替わっていた。 というわけでケーキを食べる。Atelier Petit* Calinでコーヒーとシ…

やわらかい真珠/右目の痛み

眼球とそれを収める眼窩の間に異物が溜まる空間があるらしい。何年かに一度、抜けた睫毛の束が出てくる。 何か異物感があるな、と思っていたら視界がぼやけて、あれか久しぶりだなと鏡を見ると、黒目の上あたりに黒い毛の束が付いている。身長に取り除き、ま…

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズストーリー』

仕事帰りに映画館に寄った。昔は当たり前に夜の映画館に行っていたけれど*1この5年はそんな習慣も無くなっていた。今日はたまたま、出かけた先で仕事を終えて、近くに映画館があった。ちょうど帰宅渋滞の時間だったこともあって、そしてここ半年は本当に多忙…

クイックルワイパーの無い時代には。

職場の同僚達は20代。とても若い。 今日たまたま、クイックルワイパーの優秀さについて話す機会があった。 クイックルワイパーについては人生初の独り暮らしの際に購入して感動した記憶がある。実家ではダスキンの契約をしていたけれど、同様の掃除があの薄…

出張かばん

数ヶ月前に間に合わせで買ったかばんが壊れた。UNIQLOの3Weyビジネスバッグ。4000円程度だった。価格の割にしっかりしていて、とても頑丈。そして軽い。余計なものがほとんど無い、かなり秀逸なかばんだった。こんな値段でコーデュラナイロンなんて昔では考…

ほっとする平穏な月曜日

それなりに忙しかったのになんだかほっとする、そんな不思議な勤務時間だった。 パートさんの一家は朝の3時に起きてテレビを点けたそうだ。みんなで今日がサッカーワールドカップ(日本対ベルギー)だと勘違いしていたのだろう。パートさんはもちろん仕事が…

メロン・タルト

行く先々で当てが外れて、消極的な選択としての「キャトルエピス」清水店へと立ち寄ることに。 この店、ケーキは間違いなく美味しい(見た目も素晴らしい)うえに店内も素敵なのだが、どうにも飲み物が好みに合わない。いや、コーヒーはケーキに合う味で、他…

トマトと塩豚とバジル

いきなり、というわけではないが夏になってしまった。セミが鳴いていて、雲がなんだかダイナミックなかたちをしていて、街を気楽に歩けなくなる気温と湿度で、自転車も楽しんで乗るのが難しくなる。それが夏。 朝にはこんな風に考えていた。「最近、平日が忙…

夜中の駅前、一万円札を崩す方法とは。 ──使い途の無い切符についての記録──

新幹線を使った出張では、駅の近くにある駐車場に車を置くことがほとんど。「直帰」の場合に使うのは小さなJRの駅で、帰宅する時刻(終電ではないもののわりと遅くなる)には周囲には飲み屋くらいしか開いているお店が無くなる。個人の旅行の時も、駅の近く…

静岡市葵区のピーチメルバ #孤独のグルメ #孤独の甘党紳士 #ピーチメルバ

※「孤独のグルメ」風に書いてみます。 「2日連続の会議はさすがに疲れる。なんだか甘いものを入れたい気分になっちゃったぞ」 「しかしこの鷹匠という街、なんだか不思議だ。どうして住宅と雑居ビルが混在してるんだ」「雑多な店があちこちにあるけれどよく…

品川駅にて

いま出張と会食を終えて帰宅の途につくところ。 品川駅はキラキラしている。 朝は何も食べず東京に到着し、インドの豆カレーを挟んだピタパンみたいなものを食べた。ちょっと珍しいものが朝から売られているあたり、都会だなあと思う。静岡ではこうはいかな…

出張支度と鯛飯への期待

そろそろ東京への出張も慣れてきたので、思い切って荷物を減らすことにした。例えばパソコンは持参するがマウスは置いていく。いつもKindleを持ち歩いているけれど、今回は薄い文庫本(昔の小説は薄い!)にしてみた。 キッチン 作者: 吉本ばなな 出版社/メ…

麦味噌で豚汁

僕が子供の頃は、「ぶたじる」と呼んでいた。小学校の学校給食では「ぶたじる」派と「とんじる」派が混在していて、しかし別に論争にもならず、さらに言うとその違いで面白おかしく会話が弾むわけでもなく、とりあえず「豚汁」に2種類の読み方があることが(…

何をしたっけ?

休日。ちょっと遠出をしたけれど、遊んだわけでも誰かに会ったわけでもない。何も買わないし、飲んだのはお茶だけ。 というわけで日記に書くことが無い。親戚のちびっ子達が家に来て、動物将棋を何局かやって、一緒にごはんを食べた。部屋は少し片付いた。革…

ヨーグルトソースとキウイフルーツのかき氷と、煮干しと背脂のラーメンと、雨。

昼前に外出。疲労が溜まっているのか、雨のなか遠出する気になれない。そして仕事上の懸案を抱えたまま、その問題解決のためにホームセンターなどを巡る。会社ができて1年、僕が入社して半年、ある程度の無茶やルール違反(業務時間外にちょっとした買い出し…

工場見学で質問すべきこと

信越地方に日帰り出張。そんなにかしこまらない、普段着での工場訪問。 元々、工場に勤めていた期間が長いから、どんな工場でも楽しめてしまう。おべっか、というわけではないけれど「何か質問は?」と工場見学の後に聞かれた時には相手を褒めつつきちんと質…